次の点は、潜在的に機密情報を第三者に提供するか、利用できる情報を制御できるようにすることで、プライバシーに影響を与える可能性があります。

[新規]タブ ([ファイル]タブをクリックし、[新規] をクリック)をクリックすると、Office.com からダウンロードしたテンプレートに基づくブックの最新のサポートが提供されます。 また、テンプレートに関するフィードバックを送信し、ダウンロードするテンプレートごとに数値レーティングを提供することもできます。

テンプレートまたはテンプレートに基づくファイルを開く場合は、Excel.com に (オンライン ヘルプ設定に応じて) 連絡先Officeします。 そのテンプレートの ID、現在使用しているプログラムとバージョン、および標準のコンピューター情報が送信されます。

テンプレート ID は、Office.com からダウンロードされた、またはインストールに含まれている元のテンプレートを識別Excelされます。 ブックは一意に識別されません。 ID は、同じテンプレートのすべてのユーザーに対して同じです。

ハード ディスクまたはサーバー上の画像、ファイル、データ ソース、その他のドキュメントへのリンクを作成する場合、そのファイルへのパスがブックに保存されます。 場合によっては、リンクにユーザー名やネットワーク上のサーバーに関する情報が含まれる場合があります。 データ接続の場合は、データ接続リンクにユーザー名やパスワードを保存するかどうかを選べます。

また、XML スキーマをブックに適用すると、作成した XML スキーマへのパスがブックに保存されます。 場合によっては、そのパスにユーザー名が含まれる場合があります。

外部データ ソースからシート データ関数またはピボットテーブル レポートを作成すると、そのソースから要求したデータは、データ ソースの一意の識別子と共にワークシートの一部として格納されます。 キャッシュを最後に更新したユーザーのユーザー名も格納されます。

ブックまたはピボットテーブル レポートの設定方法によっては、保存されているデータのサブセットのみが表示される場合があります。 この保存されているデータをすべて削除するには、シートのデータ関数からデータ ソースへの接続を削除し、データを参照しているすべてのピボットを削除します。

Excel でグラフを作成するときに、グラフに対して選択したデータをフィルター処理して、データの一部だけが表示されます。 ただし、選択したデータはすべてグラフと一緒に保存されます。 他のユーザーがグラフを変更したり、データを表示したりするには、Microsoft プログラムにコピーするときに、グラフをビットマップとして貼り付けます。 グラフ内のデータが外部データ ソースからのデータである場合は、他のユーザーが外部ソースの最新のデータでグラフを更新するのを防ぐために、グラフをパスワードで保護できます。 グラフがブック内のデータに基づく場合、グラフをパスワードで保護すると、他のユーザーがグラフに表示されるデータを変更するのを防ぐのに役立ちます。

ブックを印刷Excel、そのブックを保存すると、Excel文書と一緒にプリンターへのパスが保存されます。 場合によっては、パスにユーザー名またはコンピューター名が含まれる場合があります。

Excelでは、ブック内の表、図形、画像、グラフ、SmartArt グラフィック、その他のオブジェクトの代替テキストを追加および編集できます。 代替テキストはブックと一緒に保存され、プレゼンテーションの共同作成者によって追加された個人情報が含まれる場合があります。 ブックに挿入する画像など、一部のオブジェクトの既定の代替テキストには、挿入するオブジェクトのファイル パスが含まれます。

代替テキストは、スクリーン リーダーなどのアクセシビリティ機能で使用できます。 代替テキストは、ファイルにアクセスできるすべてのユーザーが使用できます。

Excelでは、ドキュメント ワークスペースにアクセスSharePoint。 ドキュメント ワークスペースは、1 つ以上のブックで他のチーム メンバーと共同作業できる共有スペースです。

ドキュメント ワークスペースにアクセスすると、Excel ワークスペース サイトからデータをダウンロードして、そのサイトに関する情報を提供します。 このデータには次が含まれます。

  • サイト名

  • サイトの URL またはアドレス

  • サイト ユーザーの名前、電子メール アドレス、およびアクセス許可レベル

  • サイトから利用可能なドキュメント、タスク、その他の情報の一覧

Excel、アクセスしたドキュメント ワークスペース サイトの一覧も Cookie の形式で保存されます。 この一覧は、以前にアクセスしたサイトにすばやくアクセスするために使用されます。 アクセスしたサイトの一覧は Microsoft によってアクセスされません。また、リストをより広く利用できるサイトにしない限り、インターネットに公開されません。

FAX サービスを使用すると、インターネット上で FAX を送信し、Microsoft Outlook で送信した FAX を整理できます。 FAX サービスを使用するには、Fax を処理してインターネット上で送信する Microsoft とは別の FAX サービス プロバイダーにサインアップする必要があります。 Microsoft は FAX サービス機能によってデータを収集しない。

FAX サービスにサインアップすると、FAX サービス プロバイダーが登録パッケージを作成し、FAX サービス プロバイダーによって保存され、Excel。 このパッケージは、FAX サービス プロバイダーの Web サイトのアドレスと、FAX サービス プロバイダーへのアクセスを確認する "トークン" で構成されます。 メールから FAX を送信Excel、この登録パッケージがドキュメントに追加されます。

また、FAX サービスを使用して、実際に FAX を送信せずに FAX の価格を計算できます。 FAX の価格を計算する場合、Excel は暗号化された接続を使用して登録トークン、FAX を送信する電話番号、FAX のページ数を FAX サービス プロバイダーに送信します。 Microsoft は、この情報を受信または保存しない。

Excelでは、複数のプレミアム コンテンツ プロバイダーから特定の用語または語句に関する情報を要求できます。 特定の単語または語句に対する検索を要求する場合、Excel はインターネットを使用して、要求したテキスト、現在使用しているソフトウェア製品、システムが設定されているロケール、サードパーティが必要に応じてリサーチ情報をダウンロードする権限を持っているかどうかを示す承認情報を送信します。

Excel、Microsoft または選択したサード パーティ プロバイダーによって提供されるサービスにこの情報を送信します。 このサービスは、要求した単語または語句に関する情報を返します。

多くの場合、受け取る情報には、サービスの Web サイトからの追加情報へのリンクが含まれます。 このリンクをクリックすると、サービスのプロバイダーが、将来のトランザクションのためにユーザーを識別する Cookie をシステムに追加する可能性があります。 Microsoft は、サード パーティの Web サイトとサービスのプライバシーに関する取り扱いについて責任を負いません。 Microsoft が所有するサービスに問い合わせない限り、Microsoft は、この情報を受け取り、保存されません。

次の手順を実行して、リサーチと参照をオフにできます。

この設定は、管理者によって制限される場合があります。 その場合は、自分で有効または無効にできます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント] をクリックします

  3. [アカウントのプライバシー] の[管理] を設定。

  4. [オプション の接続済みサービス]で、[オプションの接続 エクスペリエンスを有効にする] チェック ボックス をオフにします。

    重要: これにより、調査と参照だけではなく、オプションの接続済みサービスはすべて無効にされます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [セキュリティ センター] をクリックします。

  4. [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  5. [ プライバシー オプション] をクリックし、[リサーチ作業ウィンドウで新しいサービスをチェックしてインストールする] チェック ボックス オフにします。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [ヘルプ] の [オプション] をクリックします。

  3. [セキュリティ センター] をクリックします。

  4. [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  5. [ プライバシー オプション] をクリックし、[リサーチ作業ウィンドウで新しいサービスをチェックしてインストールする] チェック ボックス オフにします。

Excelでは、二か国語辞書または機械翻訳を使用して、文書の一部またはすべてまたは一部を翻訳できます。 文書の翻訳方法を選択できます。

翻訳する単語または語句を選択または入力するか、[リサーチと参照] ウィンドウで該当する翻訳オプションを選択して、文書全体を翻訳することもできます。

翻訳する単語または語句を選択または入力すると、入力した語句が二か国語辞書と比較されます。 一部の二か国語辞書はソフトウェアに含まれており、他の辞書は Office.com から利用できます。 入力した単語または語句がソフトウェアに含まれている二か国語辞書に含まれていない場合、その単語または語句は暗号化されていない状態で Microsoft またはサードパーティの翻訳サービスに送信されます。

ブック全体を翻訳する場合は、暗号化されていない状態で Microsoft またはサード パーティの翻訳サービスに送信されます。 インターネット上で暗号化されていない状態で送信される情報と同様に、他のユーザーが翻訳している単語、語句、またはブックを表示できる場合があります。

Office.com またはサード パーティの翻訳サービスで利用できる辞書のいずれかを使用する場合、Excel はインターネットを使用して、要求したテキスト、使用しているソフトウェアの種類、システムが設定されているロケールと言語を送信します。 サード パーティの翻訳サービスの場合Excel、以前に Web サイトへのアクセスにサインアップしたことを示す、以前にキャッシュされた認証情報を送信する場合があります。

Microsoft SharePointは、ドキュメントや会議で共同作業できる共有の Web ベースのワークスペース サイトを提供します。

web ブラウザーまたは Office プログラムのいずれかを使用して SharePoint サイトにアクセスすると、そのサイトに新しいサブサイトを作成する権限がある場合、サイトは Cookie をコンピューターに保存します。 これらの Cookie は、アクセス許可を持つサイトの一覧を形成します。 この一覧は、以前Officeサイトにすばやくアクセスするために、複数のプログラムで使用されます。

アクセスしたサイトの一覧は Microsoft によってアクセスされません。また、リストをより広く利用できるサイトにしない限り、インターネットに公開されません。

このSharePoint、新しい Web サイトまたはリストを作成したり、既存の Web サイトまたはリストにユーザーを追加または招待したりすると、ユーザーごとに次の情報が保存されます。その場合、次のような情報がユーザーごとに保存されます。

  • 氏名

  • 電子メール アドレス

ユーザー ID は、サイトのユーザーまたはサイトの他のユーザーがサイトに追加または変更する要素に追加されます。 SharePoint サイト上のすべてのコンテンツと同様に、サイト自体の管理者とメンバーだけがこの情報にアクセスできます。

このサイトのすべての要素にはSharePoint 2 つのフィールドが含まれます。[作成者] と [変更者]です。 [ 作成者] フィールドには、要素を最初に作成したユーザーのユーザー名と作成日が入力されます。 [ 変更者] フィールドには、ブックを最後に変更したユーザーのユーザー名と、ブックが最後に変更された日付が入力されます。

SharePoint サイトがホストされているサーバーの管理者は、これらのサイトの一部のデータにアクセスできます。これは、サイトの使用パターンを分析し、サイトが利用可能な時間の割合を向上するために使用されます。 このデータはサーバー管理者だけが利用できます。Microsoft がサイトをホストしていない限り、Microsoft SharePointされません。 具体的にキャプチャされるデータには、サイトへのアクセス権を持つすべてのユーザーの名前、電子メール アドレス、アクセス許可が含まれます。

個々の SharePoint サイトで利用可能なコンテンツはすべて、そのサイトにアクセスするあらゆるユーザーによって検索および表示される可能性があります。

Microsoft SharePointでは、管理者が特定のコンテンツを操作する方法について、信頼性の高い監査証跡を保持できる監査機能を提供しています。

管理者SharePoint監査機能を有効にした場合、サーバーはユーザーが実行SharePointコンテンツ データベースに特定のアクションを自動的に記録します。 これらのアクションには、表示、編集、チェックイン、チェックアウトが含まれます。 記録されたアクションごとに、サーバーはファイル、アクション、ユーザーの ID に関する情報をSharePointします。 この機能の一部として Microsoft にデータが送信されません。

この機能は既定ではオフであり、コンテンツが保存されているSharePoint管理者だけが使用できます。

Excel では、プログラム自体からインスタント メッセージを送信する機能が提供され、ユーザーがオンラインの場合や、共有ブックまたはワークスペースに特定の変更が加えたときに通知を受け取る機能が提供されます。

Excelインスタント メッセージング クライアントを使用して、他のユーザーのオンライン プレゼンスを表示し、メッセージを送信する機能を提供できます。 Excelには、インスタント メッセージングのプレゼンスを Web ページ内に表示できる Web コントロールが含まれています。 Microsoft SharePointページでは、このコントロールを利用しています。 これらのページは、プレゼンス データを Web サーバーに送信しません。

この Web コントロールを使用して、インスタント メッセージング プログラムから Web サーバーにプレゼンス データを送信できます。 既定では、プレゼンス データはイントラネット サイト、信頼済みサイト、ローカル コンピューター上のサイトにのみ送信できます。

Excel XML に基づくファイル形式を使用します。 これらの XML ファイル形式は拡張性が高く、ユーザーの指定によって追加のスキーマやタグをファイルに含めることができます。 アドインまたは他のサード パーティのコードは、これらの XML ファイル形式に追加のメタデータ情報を添付Excel。

XML ファイルに関連付けられているメタデータは、テキスト ビューアーで対象の XML ファイルを表示することで確認できます。

既定では、コメントをファイルに保存すると、Excelにイニシャルが追加されます。 ファイルにアクセスできるユーザーなら誰でも、この情報を参照できるようになります。

これらのコメントから個人情報を削除するには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [情報] をクリックします。

  3. [問題のチェック] をクリックし、[ドキュメント検査] をクリックします。

既定では、[変更の記録] 機能が有効になっているファイルに変更を加えた場合、ユーザー名やイニシャルはブックに保存され、加えた変更に関連付けされます。 変更前と変更後のテキストも含めて、ファイルにアクセスするすべてのユーザーがこの情報を参照できます。

これらの変更が承諾または拒否されると、名前は削除されます。 これらの変更から個人情報を削除するには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [情報] をクリックします。

  3. [問題のチェック] をクリックし、[ドキュメント検査] をクリックします。

特定のケースでは、Excel機能を使用する際に、より優れたエクスペリエンスを提供するために、名前が格納されます。 たとえば、名前は次の場所に格納されます。

  • フィールドを作成 する

  • AuthorName ファイル プロパティ

これらのフィールドとプロパティから名前を削除するには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [情報] をクリックします。

  3. [問題のチェック] をクリックし、[ドキュメント検査] をクリックします。

Microsoft Officeによって作成されたソリューションには、ファイルに関連付けられているカスタム プロパティに自分の名前や他の個人情報が含まれる場合があります。

Microsoft Office Web コントロール、Microsoft Excel Data Access、DataCalc、または別のデータ ソースに直接接続できるその他の機能を使用する場合、承認情報 (ユーザー ID とパスワード) がブック内に保存される可能性があります。 この承認情報を変更または削除するには、接続方法に固有のメソッドを使用して、接続のプロパティを変更する必要があります。

既定では、ファイルによって保存Excel次のようなファイル プロパティが含まれます。

  • 作成者

  • 管理者

  • 勤務先

  • 最後に保存されたユーザー

  • ブックのレビュー担当者の名前

さらに、使用する機能やサード パーティ製ソリューションによっては、他のプロパティがファイルに保存される場合があります。 たとえば、ブックがドキュメント ワークフローの一部である場合、ワークフローを追跡する追加のファイル プロパティが保存されます。

ファイルにアクセスできるユーザーなら誰でも、この情報を参照できるようになります。

これらのプロパティから自分の名前を削除するには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [情報] をクリックします。

  3. [問題のチェック] をクリックし、[ドキュメント検査] をクリックします。

ドキュメント検査機能を使用して、コメントや変更履歴など、すべてのビューで使用できない可能性がある他の種類のデータを削除することもできます。 Microsoft では、一般公開を予定しているブックで[ドキュメント検査] を実行する方法をお勧めします。

非表示のデータとメタデータは、Microsoft Office オブジェクト モデルを使用してMicrosoft Officeに含めることもできます。 たとえば、Microsoft Office オブジェクト モデルでは図を非表示にできます。つまり、ファイルを開いた場合は表示されませんが、画像はファイルに保存され、後で表示できます。

マクロ記録を使用すると、一連のアクションを記録して、後でアクションを再現できます。 マクロを記録する場合、マクロが最初に作成されると、ユーザー名がコメントとしてコードに保存されます。 この場所からユーザー名を手動で削除できます。

デジタル署名は、ブックを送信したユーザーの ID を認証するのに役立つオプションの機能です。 デジタル署名は、署名するブック内のデータの一意の暗号化された値です。 デジタル署名を含むブックを送信すると、署名が受信者に送信され、ブック内のデータと信頼できるデジタル証明書 (送信者) が送信されます。 デジタル証明書は VeriSign などの証明機関によって発行され、送信者を認証し、ブックの元のコンテンツが変更されていないか確認するための情報が含まれています。 Excelデジタル署名を確認するために、証明機関にオンラインで自動的に連絡する場合があります。

ブックに署名すると、システムの日付と時刻、オペレーティング システムのバージョン番号、Microsoft Office バージョン番号、Excel バージョン番号など、デジタル署名に含まれている情報を示すダイアログ ボックスが表示されます。

Information Rights Management (IRM) を使用すると、ブックにアクセスして変更する権限を特定のユーザーまたはグループに与える権限を与える。 いくつかの類似点があるにもかかわらず、IRM は Document Protection と同じではありません。 IRM を使用すると、文書の印刷や他のユーザーへの文書の転送、ブックの閲覧や編集など、特定の操作を行うブック全体へのアクセス許可を設定できます。

IRM を有効にしたブックを保存すると、Excelに対する権限を持つすべてのユーザーとそのアクセス許可の一覧がブックに保存されます。 この情報は暗号化され、ブックの所有者だけがこの情報にアクセスできます。

さらに、IRM が有効なブックにはコンテンツ ライセンスが含まれます。 コンテンツ ライセンスには、電子メール アドレス、アクセス許可、および認証情報が含まれている。 IRM が有効になっているブックを誰かが開くExcel、ブックに保存されているコンテンツ ライセンスがユーザーの ID と一緒にチェックされます。 ユーザーがブックを開いたことがない場合、Excel は IRM サーバーに接続し、ユーザーの ID を確認し、(ユーザーが必要な権限を持っている場合は) ユーザーの新しいコンテンツ ライセンスをダウンロードし、そのコンテンツ ライセンスをブックに保存します。

ブックの所有者には、ブックにコンテンツ ライセンスを保存しないようにするオプションがあります。 ただし、このコンテンツ ライセンスがブックに保存されていない場合は、Excel開くごとに IRM サーバーに連絡する必要があります。 ネットワークExcel接続されていない場合、または IRM サーバーに接続できない場合は、ブックを開くことができません。

ブックの保護 Excelでは、特定のユーザーにのみブックの編集、コメントの作成、読み取りなどの権限を与えるなど、さまざまな方法でブックを保護できます。

ブックの保護を使用する場合は、ユーザー ID の入力を求めるメッセージが表示されます。 これらのユーザー ID は、Windows NT ドメイン アカウント (ドメイン\ユーザー名など) または Windows Live ID の電子メール アドレス (someone@example.com など) の形式である可能性があります。 これらのユーザー ID は、テキストの範囲を読み取りまたは変更する権限をユーザーに与えるたびに保存されます。

パスワードを使用せずに、Excelブックを保護できます。 パスワードなしでブックを保護する場合は、ブックを読むすべてのユーザーが、アクセス権を与えられたユーザーのユーザー ID を確認できます。 また、ブックが XML または HTML として保存されている場合、ファイルを読み取るすべてのユーザーがユーザー ID を使用できます。

ユーザー ID へのアクセスをさらに制限する場合は、パスワードまたは Information Rights Management (IRM) を使用してこのファイルを保存することができます。 これらのユーザー ID を表示できるのは、自分とアクセス権が付与されている他のユーザーのみです。

Microsoft Office で特定の以前のバージョンの Excel ファイルを開く場合、Office ファイルの検証では、ファイル構造が、そのファイル形式について Microsoft の仕様と一致するかどうかを確認します。 ファイルがこの検証に失敗した場合はMicrosoft Officeビューで開きます。

ファイルの検証に失敗したOfficeファイルのコピーは、ファイルの終了後にコンピューターにExcel。 Microsoft エラー報告では、これらのファイルのコピーを Microsoft に送信することに同意するかどうかを定期的に確認するメッセージが表示されます。 完全なプライバシーに関する声明を含む Microsoft エラー報告の詳細については 、「Microsoft Error Reporting Privacy Statement (Microsoftエラー報告のプライバシーに関する声明)」を参照してください。

Excel編集中に、ブックのコピーが自動的に保存されます。 これにより、変更を保存せずにブックを間もなく閉じると、ブックを回復できます。 ブックのコピーを自動的に保存しない場合は、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [保存] をクリックします。

  4. [ ブックの保存] で、[保存せずに最後の自動回復バージョンを閉じる] チェック ボックス オフにします。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [保存] をクリックします。

  4. [ ブックの保存] で、[保存せずに最後の 自動保存 バージョンを閉じる] チェック ボックスをオフにします。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [ヘルプ] の [オプション] をクリックします。

  3. [保存] をクリックします。

  4. [ ブックの保存] で、[保存せずに最後の自動回復ファイルを閉じる] チェック ボックス オフにします。

以前に保存したブックの最後に保存したバージョンにアクセスして削除するには、[ファイル]タブをクリックし、[情報] をクリックし、[バージョン] で必要なブックをクリックします。 新しく作成されたブックの最後に自動的に保存されたバージョンにアクセスして削除するには、[ファイル] タブをクリックし、[情報]をクリックし、[バージョンの管理] をクリックし、[保存されていないブックの復元] をクリックします。 Excel開いて使用しない場合は、自動的に保存されたブックが定期的に削除されます。 詳細については、「ファイルを復元する」をOfficeしてください

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×