プロジェクトの作業を均等に割り当てる (リソース割り当ての平準化)

プロジェクト内のユーザーが同時に作業している割り当てが多すぎる場合は、[リソース レベル] > レベルで割り当てを自動的に行って、リソースの競合や割り当て過多を 解決できます。 タスクを延期するか、タスクを分割して、タスクに割り当てられているリソースに過負荷がかからなくなった場合に、タスクのレベルを上から下ろします。

リソース平準化グラフィック

レベルを設定しても、各タスクに割り当てられているユーザーは変更されません。 プロジェクトでは、時間リソース、リソース、 標準リソースリソースのみをレベル付けします。 これは、資材リソース、コストリソース、または提案されたリソースをレベルアップする必要があります。

注: これらのタスクの変更により、一部のタスクの終了日が遅れる可能性があります。その結果、プロジェクトのスケジュールも 終了日。

レベルを設定する前に、いくつかの設定を変更できます。

  • タスクの優先度。タスクの重要度と、そのレベルを上で管理できる状態を示します。

  • プロジェクトの優先度。この優先度は、プロジェクトのレベルを管理できるレベルを決定します。

  • [レベル付け]オプションは、Project でどのタスクをどの程度までレベル付けする方法を決定する方法を細かく調整するのに役立ちます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

レベルを設定してプロジェクトの作業を分散する

[リソース ] タブ の [ レベル] グループで、次のいずれかのオプションを選択します。

リソース平準化のコマンド

  • [レベルの選択]    これを使用して、選択したタスクのみをレベル付けします。 互いに隣り合っている複数のタスクを選択するには、選択範囲の最初のタスクを選択し、Shift キーを押しながら、選択範囲の最後のタスクを選択します。 互いに隣り合っている複数のタスクを選択するには、Ctrl キーを押しながらタスクを選択して、各タスクを選択します。

    これは、リソースがプロジェクト計画の特定のタスクで割り当て過ぎを許容できる場合に便利ですが、プロジェクト マネージャーが他の特定のタスクの割り当て過ぎを解決する必要がある場合に便利です。

  • リソースのレベル    特定のリソースが割り当てられているタスクのみをレベル付けする場合に使用します。 [ リソースのレベル]を選択し、タスクが割り当てられているリソースを選択します。 Ctrl キーを使用して複数のリソースを選択します。

    選択したリソースが複数のリソースを持つタスクで作業している場合、他の割り当ては移動されません。

  • [すべてレベル]    これを使用して、プロジェクト計画内のすべてのタスクのすべてのリソースをレベルアップします。

  • [レベルの設定] オプション    これを使用して、Project で使用するレベルの設定を変更します。 この記事の「レベル設定 の変更」 のセクションを参照してください。

  • [レベルのクリア]    前のレベルの設定の効果を元に戻すには、これを使用します。

  • 次の割り当て過剰    これを使用して、割り当て過ぎのリソースを含む次のタスクに進む場合に使用します。 これを使用すると、個々のタスクに対するレベルの影響を簡単に確認できます。

[レベル設定の変更]

レベルを変更して、Project でどのタスクをどの程度までレベル付けするのかを細かく調整できます。

  1. [リソース ] タブの [レベル] グループで 、[レベルオプション ] を選択します

  2. [リソースのレベル設定] ダイアログボックスの [レベルの計算] で、レベルを設定する方法を選択します。

    • 自動    自動平準化を選ぶ場合は、[平準化の前に平準化値をクリアする] チェック ボックスをオフにします。 このチェック ボックスをオフにすると、新規割り当てと平準化されていない割り当てのみが平準化されます。 このチェック ボックスは既定ではオンになっていますが、自動平準化のときにオンのままにしておくと、すべてのタスクが平準化されるため、スケジュールの作業がとても遅くなることがあります。

      [ ボックスの割り 当て過ぎを探す] ボックスで、割り当て過ぎを認識する基準として、割り当て過ぎを認識する期間または基準を選択します。 [日単位] が既定の設定です。 この設定では、1 分、1 日、1 週、1 月のどの単位で割り当て超過を平準化して調整するかを指定します。

    • 手動    手動のレベル設定 (既定) は、[すべてレベル] を選択した場合 にのみ発生します。 自動平準化は、タスクまたはリソースを変更するたびにすぐに行われます。 リソースに最大利用可能時間で完了できる量より多くの作業が割り当てられたときは常にタスクを再スケジュールする場合は、自動平準化を使用します。

  3. [平準化範囲] では、プロジェクト全体を平準化するか、または特定の時間範囲内のタスクだけを平準化するかを選びます。

  4. [優先順位の決定方法] ボックスでは、平準化の順序を選びます。

    • 他の条件を考慮する前に ID 番号の昇順でタスクを平準化するには、[ID 順] を選びます。

    • 最初に、先行処理の依存関係、余裕期間、日付、優先度、制約を調べてタスク平準化の必要性と方法を判断する場合は、[標準] を選びます。 これが既定の設定です。

    • 最初にタスクの優先度を確認し、その後でのみ標準の条件を調べる場合は、[タスクの優先度 + 標準方式] を選びます。

  5. プロジェクトの終了日が延期されないようにするには、[利用可能な余裕期間内で平準化する] チェック ボックスをオンにします。

    注: このチェック ボックスをオンにすると、スケジュール全体を平準できないことを示すエラー メッセージが表示されることがあります。 その場合は、割り当ての再スケジュールに利用できる余裕期間がほとんどないためにスケジュールを平準化できません。

  6. あるリソースが特定のタスクで働く時間を、同じタスクで作業する他のリソースとは無関係に平準化できるようにするには、[個々の割り当てを調整できるようにする] チェック ボックスをオンにします。

  7. タスクまたはリソース割り当ての残存作業時間に分割を作成して、タスクを中断できるようにするには、[残存作業時間を分割して平準化できるようにする] チェック ボックスをオンにします。 リソースのスケジュールが処理できる量より多くのタスクがリソースに同時に割り当てられた場合、残存作業時間のあるタスクを分割し、リソースのスケジュールで可能なときに作業することができます。

  8. 仮予約を含めるには、[仮予約でリソースを平準化する] チェック ボックスをオンします。

  9. 手動スケジュール タスクの変更を許可するには、[手動スケジュール タスクのレベルを設定する] チェック ボックスを オンにします。

  10. 以前のレベルの結果をクリアしてから、もう一度レベルを上に戻す場合は、[レベルのクリア] を選択します

  11. 手動でレベルを設定する場合は、[すべてレベル] を選択します。 自動的にレベルを設定する場合は 、[OK] を選択します

    注: 終了日からスケジュールされたプロジェクトのタスクを平準化する場合は、負の延期の値がタスクまたは割り当ての終了時点から適用されて、タスクまたはリソース割り当ての終了日が早くなります。

タスクの優先度を設定する

タスクの優先度を設定すると、タスクの重要度と、タスクのレベルを上に付け可能な状態を指定できます。 入力する優先度の値は、1 から 1000 の主観値であり、この値を使用すると、レベル管理プロセスに対する制御の量を指定できます。 たとえば、Project で特定のタスクをレベルアップしたくない場合は、優先度レベルを 1000 に設定します。 既定では、優先度の値は 500、つまり中レベルの制御に設定されます。 優先度が低いタスクは、優先度が高いタスクより前に延期または分割されます。

  1. [タスク 名] フィールドで、優先度を変更するタスクの名前をダブルクリックし、[タスク情報] を 選択します

  2. [全般 ] タブ の [優先度] ボックスで優先度を 入力または選択 します。

プロジェクトの優先度を設定する

プロジェクトの優先度を設定することで、プロジェクト全体の利用可能時間を設定できます。 たとえば、リソースプールとして機能する別のプロジェクトとリソースを共有し、共有ファイルの 1 つでタスクをレベルアップしたくない場合は、その共有ファイルの優先度レベルを 1000 に設定します。

  1. [プロジェクト] タブの [ プロパティ] グループで、[プロジェクト情報] を選択します

  2. [優先度] ボックスで優先度を入力するか選びます。

レベルを設定する場合に使用できるヒント

ヒント

可能な操作

割り当て過ぎのリソースを確認する

割り当て過ぎたリソースは、チーム プランナーなどのリソース ビューで赤でマークされます。 ガント チャートでは、割り当て過ぎたリソースは[インジケーター] 列に赤い数字で示されます。

レベルを設定するごとに、レベルを削除する

プロジェクトをレベルアップする度に、以前のレベルの効果がクリアされます。 これを変更するには、[リソースの管理 ] > を選択します

[レベルのクリア]

他の操作を行う直前に、レベルをクリアするには、[元に戻すレベル] を選択します。 [元に戻す] を元に戻すことができない場合は、[レベルのクリア] を選択して以前のレベルの結果をクリアできます。

どのタスクがレベル付けされたのか確認する

タスクに対して行った変更を表示するには、[ガント チャート (レベル)] ビューを使用します。 [その他のビュー >その他のビュー>を選択します

特定の期間内のレベル

[リソースの>のオプション] を選択し、[開始日] と [終了日]入力します。

手動スケジュール タスクをレベル付けしない

通常、すべてのタスクの種類は、レベルが設定されます。 これを変更するには、[リソースの管理 ] > を選択します

プロジェクトの終了日を変更せずにレベルを設定する

[ リソースの設定 > のオプション] を選択し、[利用可能な余裕時間内でのみレベル を選択 します] を選択します。

注: このチェック ボックスをオンにすると、Project でプロジェクト全体をレベルアップできないというエラー メッセージが表示されることがあります。 プロジェクトの終了日を変更せずに割り当てを移動するのに十分な余裕期間がない可能性があります。

割り当て過ぎを手動で解決する

レベルを設定しない場合は、他の方法で割り当て過ぎを削除できます。

  • あるリソースを、その時点で作業できる別のリソースに置き換える。

  • プロジェクトの早い段階で、クリティカル タスクに関するよりスキルの高いリソースを置き換えます。 より熟練したリソースは、同じ仕事を少ない時間で完了する可能性が高い。

  • タスクのリンクを変更 して、一部のタスクを同時に開始します。

  • タスクを削除して、スケジュールの範囲を減らします。

  • 割り当てリソースが割り当て過ぎたタスクの期間を増やして、作業負荷を広げる。

  • タスクの完了に必要な作業量を減らして、作業負荷を削減します。

  • リソースの作業時間を変更して 、タスクの期間を短縮します。

  • タスクの期間を短縮します。特 クリティカル タスクプロジェクトの終了日に直接影響する期間を減らします。

  • リソースが非作業時間に機能していないか確認します。 リソースが非作業時間に作業している場合、Project では割り当て過剰として表示されます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×