プロジェクト内の 2 つのタスクをリンクして、それらの関係を表示することができます (タスクの依存関係とも呼ばれる)。 依存関係はプロジェクト のスケジュールを構成します。タスクをリンクすると、先行タスクに対して行ったすべての変更が後続タスクに影響し、次の後続タスクにも影響します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

リンク タスク

  1. [ ガント チャート> を選択します

    [表示] タブの [タスク ビュー] グループ。

  2. [タスク名] 列の中で、リンクさせるタスクを Ctrl キーを押しながらクリックします。

  3. [タスク のリンク] > を選択します

    [タスク] タブのスケジュール グループ内にある [リンク]

リンクを削除するには、リンクされた 2 つのタスクを選択し、[タスク] タブの [タスクのリンク>を解除 リボンの [タスク] タブ上の [タスクのリンクを解除]

既定では、Projectは単純な終了-開始タスク リンクを作成します。つまり、2 つ目のタスク ( 後続処理) を開始する前に、最初のタスク ( 先行処理) を終了する必要があります。

Project Onlineサブスクライバーの場合は、[先行タスク] 列または [後続タスク] 列のドロップダウンボックスを使用してリンクする特定のタスクを選択することもできます。

  1. [ ガント チャート> を選択します

  2. [先行タスク ] 列または[後続 タスク] 列を見つけ、リンクするタスクのセルを選択します。

    注: 既定 では、[後続 の列] は表示されません。 この列を表示するには、行の最後の列に移動し、[新しい列の追加 ] を選択します。 [ 後続のユーザー] を選択します

  3. すべてのタスクの階層リストで、上または下にスクロールして目的のタスクを見つけ、その横にあるチェック ボックスをオンにし、ドロップダウン ボックスの外側の任意の場所をクリックします。 リンク先のタスクのタスク ID がセルに表示されます。

リンク先のタスクがリンクするタスクの近くに存在しない場合は、ドロップダウンからリンクを選択すると特に便利です。

リンクされたタスクの間にタスクを挿入する

Project をセットアップすると、リンクされたタスクの間に新しいタスクを挿入したときに、新しいタスクが自動的に周囲のタスクにリンクされます。

  1. [ファイル]、[オプション] の順に選びます。

  2. [プロジェクト の オプション] ダイアログ ボックスで、[ スケジュール] を選び、このプロジェクト セクションの [スケジュール] オプションまでスクロール します。

  3. [挿入または移動したタスクを自動的にリンクする] チェック ボックスを選びます。

  4. 新しいタスクを挿入します。

ネットワーク ダイアグラム内のタスクをリンクする

  1. [ ネットワーク ダイアグラムの > を選択します

    [表示] タブ上の [ネットワーク ダイアグラム] の画像。

  2. [先行タスク] ボックスの中央をポイントします。

  3. 後続タスクとなるネットワーク ダイアグラム ボックスにドラッグし、マウス ボタンを離します。

    ネットワーク ダイアグラム上のリンクされた 2 つのタスクの画像

予定表内のタスクをリンクする

  1. [ビュー]、[カレンダー] の順に選択します。

    [表示] タブ、[タスク ビュー] グループ、[予定表]。

  2. 先行タスクの予定表バーをポイントします。

  3. 後続タスクの予定表バーにドラッグし、マウス ボタンを離します。

手動でスケジュールされたタスクをリンクする

手動スケジュール タスクを他のタスクにリンクすると、手動でスケジュールしたタスクは他のタスクに自動的に関連付けられます。

手動でスケジュールしたタスクが別のタスクにリンクされている場合は、そのタスクを移動しないように Project を構成することもできます。

  1. [ファイル]、[オプション] の順に選びます。

  2. [プロジェクト の オプション] ダイアログ ボックスで、[ スケジュール] を選び、このプロジェクト セクションの [スケジュール] オプションまでスクロール します。

  3. [リンクを編集 するときに手動でスケジュールされたタスクを更新する] チェック ボックス をオフにします。

手動でスケジュールされたタスクと、自動的にスケジュールされたタスクについてはこちらを参照してください。

タスクをリンクする他の方法

  • あるプロジェクト全体が完了するのを待たなければならないタスクがある場合は、マスター プロジェクトを設定する方法もあります。

  • ある 1 つのタスクが他のタスクとどのように関連しているのかを確認するには、タスク パスを使います。

ページの先頭へ

タスクの依存関係を変更または削除する

タスクをリンクしてタスクを作成 タスクの依存関係、必要に応じて、次の操作を行って依存関係を簡単に変更または削除できます。

タスクの依存関係のリンクの種類を変更する

既定では、Project はタスクを終了-開始依存関係にリンクします。 ただし、[タスク情報] ダイアログ ボックスの [詳細]タブで、タスクの依存関係の種類を簡単に変更できます。 [タスク情報 ] ダイアログ ボックスを開くには、リンクの種類を変更するタスクの名前をダブルクリックします。

注: 外部タスクへのリンクをダブルクリックすると、そのプロジェクトが利用可能な場合は、そのタスクを含むプロジェクトが開きます。 外部にリンクされたタスクは、タスク リストで淡色表示されます。 外部タスクのリンクの種類を変更する場合は、外部リンクされたタスクをダブルクリックして、そのタスクを含むプロジェクトを開き、次の操作を行ってリンクされたタスクを変更します。 たとえば、Project Z のタスク A を Project 5 のタスク 1 にリンクした場合、タスク 1 のタスク情報でリンクの種類を変更できます。

  1. [ ガント チャート> を選択します

  2. 変更するリンク線をダブルクリックします。

    リンク線をダブルクリックする

    ボタンの画像

    リンクの種類を変更するには、ここをダブルクリックします。

  3. タスクの依存関係の種類を変更するには、[種類] ボックスの一覧から別の種類 を選択 します。

別のタスクにリンクする

現在、間違ったタスクにリンクされているタスクがある場合は、リンクを簡単に変更して、適切な依存関係を反映することができます。

  1. [ ガント チャート> を選択します

  2. タスク リストで、リンクを変更するタスクを選択します。

  3. [タスク] タブの [ プロパティ] グループで[情報] を 選ぶ

  4. [先行タスク]タブの[タスク名] 列で、リンクしないタスクを選び、一覧からタスクを選び、適切な依存関係を特定します。

  5. [種類] 列と [ラグ] 列で、リンクの種類、ラグ タイム、リードタイムを変更します。

    ヒント: リード タイムを入力するには、[ラグ] 列に負の値を入力します (たとえば、リード タイムの 2 日間は–2)。

タスクのすべての依存関係を削除する

タスクが他のタスクに依存しなくなった場合は、タスクのすべての依存関係を一度に削除できます。

  1. [ ガント チャート> を選択します

  2. [タスク 名] フィールドで、リンクを解除するタスクを選択します。

    連続していない複数のタスクを選択するには、Ctrl キーを押しながら各タスクを選択します。 連続して一覧表示されるタスクを選択するには、最初のタスクを選択し、Shift キーを押しながら、リスト内で選択する最後のタスクを選択します。

  3. [タスク] タブの [スケジュール] グループ 、[タスクのリンク解除 ] を選ぶ

    他のタスクまたは制約へのリンクに基づいて、タスクのスケジュールが変更されます。

注: タスク リンクを削除すると、タスク間のリンク線で示された 2 つのタスク間の依存関係が削除されます。 プロジェクトのアウトライン構造の一部としてタスクまたはサブタスクの階層構造を変更する場合は、タスク リンクを削除するのではなく、タスクをアウトデントする必要があります。

特定のタスクの依存関係を削除する

タスクが複数のタスクにリンクされている場合、特定のリンクを削除する必要がある場合は、[タスク情報] ダイアログ ボックスで削除する リンクを選択 できます。

  1. [ ガント チャート> を選択します

  2. タスク リストで、依存関係を削除するタスクを選択します。

  3. [タスク] タブの [ プロパティ] グループで[情報] を 選ぶ

  4. [先行タスク ] タブ で、削除する依存関係を選び、Delete キーを押します。

自動リンクを有効または無効にする

リンクされたタスク Project にタスクを挿入すると、新しいタスクが自動的に周囲のタスクにリンクされます。 これは自動リンクと呼ばれる。 たとえば、終了-開始でリンクされた 3 つのタスクがある場合、それらの間に新しいタスクを追加すると、新しいタスクは上および下のタスクと終了-開始でリンクされます。

既定では、自動リンクは無効になっています。 自動リンクを有効にする手順は次のとおりです。

  1. [ファイル]、[オプション] の順に選びます。

  2. [Project のオプション] ダイアログ ボックスで、[スケジュール] をクリックし、[次のプロジェクトのスケジュール オプション] セクションまでスクロールします。

  3. 自動リンクを有効にするには、[挿入または移動したタスクを自動的にリンクする] チェック ボックスをオンにします。 自動リンクをオフに戻す場合は、このチェック ボックスをオフにします。

タスクの種類

Project でタスクをリンクするとき、既定のリンクの種類は "終了-開始" です。 ただし、"終了-開始" リンクではうまくいかない場合があります。 Project には、プロジェクトを現実的にモデル化できる、次のような追加のタスク リンクが含まれます。

リンクの種類

使用例

説明

[終了-開始] (FS)

[終了 - 開始] リンクの画像

タスク B はタスク A に依存しているため、タスク A が終了するまでは、タスク B を開始することはできません。

たとえば、「基礎の掘削」と「コンクリートの流し込み」という 2 つのタスクがある場合、「コンクリートの流し込み」タスクは、「基礎の掘削」タスクが終了するまで開始できません。

[開始-開始] (SS)

[開始 - 開始] リンクの画像

タスク B はタスク A に依存しているため、タスク A が開始されるまでは、タスク B を開始することはできません。

依存する側のタスクは、依存される側のタスクが開始された後であれば、いつでも開始できます。 開始-開始 (SS) 型のリンクでは、両方のタスクを同時に開始する必要はありません。

たとえば、「コンクリートの流し込み」と「コンクリートのならし」という 2 つのタスクがある場合、「コンクリートのならし」タスクは、「コンクリートの流し込み」タスクが開始されるまで、開始できません。

[終了-終了] (FF)

[終了-終了] タスク リンクの画像

タスク B はタスク A に依存しているため、タスク A が終了するまでは、タスク B を終了することはできません。

依存する側のタスクは、依存される側のタスクが終了した後であれば、いつでも終了できます。 [終了-終了] (FF) 型のリンクでは、両方のタスクを同時に終了する必要はありません。

たとえば、2 つのタスク "配線" と "電気設備検査" がある場合、"電気設備検査" タスクは "配線" タスクが完了するまで完了できません。

[開始-終了] (SF)

[終了 - 開始] タスク リンクの画像

タスク B はタスク A に依存しているため、タスク A が開始されるまでは、タスク B を終了することはできません。

依存する側のタスクは、依存される側のタスクが開始された後であれば、いつでも終了できます。 [開始-終了] (SF) 型のリンクでは、依存する側のタスクの終了と依存される側の開始が同時に起こる必要はありません。

たとえば、建設プロジェクトの屋根トラスは、オフサイトで構築されます。 プロジェクトには、"トラス運搬" と "屋根組み立て" の 2 つのタスクがあります。 "トラス運搬" タスクが開始するまで、"屋根組み立て" タスクを完了することはできません。

トラブルシューティング

タスクをリンクしたが後続タスクが移動しない場合、いくつかの原因が考えられる。

  • タスクに実績 開始日 や作業時間のパーセンテージなど、実績が適用されている場合、タスクが実際に開始された日付より前にタスクのスケジュールを変更する必要があります。 進捗状況が入力がなく、タスクに柔軟性の低いタスクがある場合 制約、タスクの制約が優先 タスクの依存関係。

    たとえば、タスクに [指定日までに開始] (SNET) 制約が 7 月 1 日に設定されている場合、タスクはその日付に関連付けられていて、 先行処理 が 6 月 28 日に終了し、後続タスクが 7 月 1 日より前に開始された場合でも、それより前の日付に再スケジュールされません。

  • Project では、 ガント チャート ビューのグラフ部分でポインターをドラッグしてタスクを作成する場合、開始日からスケジュールされているプロジェクトのタスクに対して [指定日までに開始] (SNET) 制約が設定されます。 プロジェクトが 1 つのタスクからスケジュール 終了日、[指定日に終了] (FNLT) 制約がタスクに設定されます。

  • 後続タスクが完了した場合、リンクを反映するように移動されません。

考えられる解決方法を次に示します。

  • タスクの制約を柔軟にリセットするには、タスクを選択し、[情報] を選択し、[詳細設定] タブを選択します。 [制約タイプ ] ボックスの一覧 で、[できるだけ 早く] を選択します。 Project では、タスクの依存関係に従ってタスクの開始日がスケジュールされます。

  • タスクの依存関係が、すべてのタスクに対して柔軟性の高い制約を上書きするには、[スケジュール] の [ファイル>オプション>選択します。 [スケジュール オプション] セクションで 、[タスクは常に制約の日付を適用する ] チェック ボックス をオフにします。

以下の手順は Microsoft Project 2007 に固有のものです。

目的に合ったトピックをクリックしてください

タスクのリンクについて

Project でタスクをリンクするとき、既定のリンクの種類は "終了-開始" です。 ただし、"終了-開始" リンクではうまくいかない場合があります。 Project には他にもタスクのリンクの種類があるので、現実に即してプロジェクトをモデル化できます。

リンクの種類

使用例

説明

[終了-開始] (FS)

[終了 - 開始] リンクの画像

タスク B はタスク A に依存しているため、タスク A が終了するまでは、タスク B を開始することはできません。

たとえば、"基礎の掘り込み" と "コンクリートの流し込み" という 2 つのタスクがある場合、"コンクリートの流し込み" タスクは "基礎の掘り込み" タスクが完了するまで開始できません。

[開始-開始] (SS)

[開始 - 開始] リンクの画像

タスク B はタスク A に依存しているため、タスク A が開始されるまでは、タスク B を開始することはできません。

依存する側のタスクは、依存される側のタスクが開始された後であれば、いつでも開始できます。 開始-開始 (SS) 型のリンクでは、両方のタスクを同時に開始する必要はありません。

たとえば、「コンクリートの流し込み」と「コンクリートのならし」という 2 つのタスクがある場合、「コンクリートのならし」タスクは、「コンクリートの流し込み」タスクが開始されるまで、開始できません。

[終了-終了] (FF)

[終了-終了] タスク リンクの画像

タスク B はタスク A に依存しているため、タスク A が終了するまでは、タスク B を終了することはできません。

依存する側のタスクは、依存される側のタスクが終了した後であれば、いつでも終了できます。 [終了-終了] (FF) 型のリンクでは、両方のタスクを同時に終了する必要はありません。

たとえば、2 つのタスク "配線" と "電気設備検査" がある場合、"電気設備検査" タスクは "配線" タスクが完了するまで完了できません。

[開始-終了] (SF)

[終了 - 開始] タスク リンクの画像

タスク B はタスク A に依存しているため、タスク A が開始されるまでは、タスク B を終了することはできません。

依存する側のタスクは、依存される側のタスクが開始された後であれば、いつでも終了できます。 [開始-終了] (SF) 型のリンクでは、依存する側のタスクの終了と依存される側の開始が同時に起こる必要はありません。

たとえば、建設プロジェクトの屋根トラスは別の場所で造られます。 プロジェクトには、"トラス運搬" と "屋根組み立て" の 2 つのタスクがあります。 "トラス運搬" タスクが開始するまで、"屋根組み立て" タスクを完了することはできません。

リンクされたタスクの間にタスクを挿入するときは、新しいタスクを自動的にリンクすることも、まったくリンクしないこともできます。

  • 新しいタスクをリンクするには、新しいタスクの前に表示するタスクを選択し、[挿入]メニューの [新しいタスク] を選択します。

    注: この方法で問題が機能しない場合は、[ツール]メニューの [オプション] を選択し、[スケジュール] タブを選択します。 [挿入または移動したタスクを自動的にリンクする] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  • リンクせずに新しいタスクを追加するには、新しいタスクを同時に実行するタスクを選び、ドラッグして新しいタスクをネットワーク ダイアグラムの空白部分に作成します。

ガント チャート ビューを使ってタスクをリンクする

  1. [表示 ] メニュー の [ガント チャート ] を選びます

  2. [タスク名] フィールドで、リンクする複数のタスクを、リンクする順序で選びます。

    • 複数のタスクを選択するには、Ctrl キーを押しながらリンクするタスクを選択します。

    • 隣接するタスクを選択するには、Shift キーを押しながら、リンクする最初のタスクと最後のタスクを選択します。

  3. [タスクのリンク] を ボタンの画像

    既定では、"終了-開始" リンクが作成されます。 このタスク リンクは、"開始-開始"、"終了-終了"、または "開始-終了" に変更できます。

ネットワーク ダイアグラム ビューを使ってタスクをリンクする

  1. [表示] メニューの [ネットワーク ダイアグラム ] を選びます

  2. 先行タスクのボックスの中央にポインターを移動します。

  3. 後続タスクのボックスまでドラッグします。

カレンダー ビューを使ってタスクをリンクする

  1. [表示] メニューの [予定表] を 選びます

  2. 先行タスクのカレンダー バーにポインターを移動します。

  3. 後続タスクのカレンダー バーまでドラッグします。

自動リンクを有効または無効にする

既定では、リンクされたタスクの間にタスクを挿入すると、新しいタスクは自動的に前後のタスクとリンクされます。 たとえば、終了-開始でリンクされた 3 つのタスクがある場合、それらの間に新しいタスクを追加すると、新しいタスクは上および下のタスクと終了-開始でリンクされます。

このオプションを無効にして、新しいタスクを挿入しても前後のタスクと自動的にリンクされないようにすることができます。 無効にした自動リンクは簡単に有効に戻すことができます。

  1. [ツール] メニュー の [オプション ] を選択し、[スケジュール] タブ を選択 します。

  2. 自動リンクを無効にするには、[挿入または移動したタスクを自動的にリンクする] チェック ボックスをオフにします。

    自動リンクを有効にするには、[挿入または移動したタスクを自動的にリンクする] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

タスクの依存関係を変更または削除する

タスクをリンクしてタスクを作成 タスクの依存関係、必要に応じて、次の操作を行って依存関係を簡単に変更または削除できます。

タスクの依存関係のリンクの種類を変更する

既定では、Project はタスクを終了-開始依存関係にリンクします。 ただし、[タスク情報] ダイアログ ボックスの [詳細]タブで、タスクの依存関係の種類を簡単に変更できます。 [タスク情報 ] ダイアログ ボックスを開くには、リンクの種類を変更するタスクの名前をダブルクリックします。

注: 外部タスクへのリンクをダブルクリックすると、そのプロジェクトが利用可能な場合は、そのタスクを含むプロジェクトが開きます。 外部にリンクされたタスクは、タスク リストで淡色表示されます。 外部タスクのリンクの種類を変更する場合は、外部リンクされたタスクをダブルクリックして、そのタスクを含むプロジェクトを開き、次の操作を行ってリンクされたタスクを変更します。 たとえば、Project Z のタスク A を Project 5 のタスク 1 にリンクした場合、タスク 1 のタスク情報でリンクの種類を変更できます。

  1. [ ガント チャート> を選択します

  2. 変更するリンク線をダブルクリックします。

    リンク線をダブルクリックする

    ボタンの画像

    リンクの種類を変更するには、ここをダブルクリックします。

  3. タスクの依存関係の種類を変更するには、[種類] ボックスの一覧から別の種類 を選択 します。

別のタスクにリンクする

現在、間違ったタスクにリンクされているタスクがある場合は、リンクを簡単に変更して、適切な依存関係を反映することができます。

  1. [ ガント チャート> を選択します

  2. タスク リストで、リンクを変更するタスクを選択します。

  3. [タスク情報] を ボタンの画像

  4. [先行タスク]タブの[タスク名] 列で、リンクしないタスクを選び、一覧からタスクを選び、適切な依存関係を特定します。

  5. [種類] 列と [ラグ] 列で、リンクの種類、ラグ タイム、リードタイムを変更します。

    ヒント: リード タイムを入力するには、[ラグ] 列に負の値を入力します (たとえば、リード タイムの 2 日間は–2)。

タスクのすべての依存関係を削除する

タスクが他のタスクに依存しなくなった場合は、タスクのすべての依存関係を一度に削除できます。

  1. [ ガント チャート> を選択します

  2. [タスク 名] フィールドで、リンクを解除するタスクを選択します。

    連続していない複数のタスクを選択するには、Ctrl キーを押しながら各タスクをクリックします。 連続して一覧表示されるタスクを選択するには、最初のタスクをクリックし、Shift キーを押しながら、リスト内で選択する最後のタスクをクリックします。

  3. [タスクのリンク解除] を [タスクのリンク解除] ボタンの画像

    他のタスクまたは制約へのリンクに基づいて、タスクのスケジュールが変更されます。

注: タスク リンクを削除すると、タスク間のリンク線で示された 2 つのタスク間の依存関係が削除されます。 プロジェクトのアウトライン構造の一部としてタスクまたはサブタスクの階層構造を変更する場合は、タスク リンクを削除するのではなく、タスクをアウトデントする必要があります。

特定のタスクの依存関係を削除する

タスクが複数のタスクにリンクされている場合、特定のリンクを削除する必要がある場合は、[タスク情報] ダイアログ ボックスで削除する リンクを選択 できます。

  1. [ ガント チャート> を選択します

  2. タスク リストで、依存関係を削除するタスクを選択します。

  3. [タスク情報] を ボタンの画像

  4. [先行タスク ] タブ で、削除する依存関係を選び、Delete キーを押します。

トラブルシューティング

タスクをリンクしたが後続タスクが移動しない場合、いくつかの原因が考えられる。

  • タスクに実績 開始日 や作業時間のパーセンテージなど、実績が適用されている場合、タスクが実際に開始された日付より前にタスクのスケジュールを変更する必要があります。 進捗状況が入力がなく、タスクに柔軟性の低いタスクがある場合 制約、タスクの制約が優先 タスクの依存関係。

    たとえば、タスクに [指定日までに開始] (SNET) 制約が 7 月 1 日に設定されている場合、タスクはその日付に関連付けられていて、 先行処理 が 6 月 28 日に終了し、後続タスクが 7 月 1 日より前に開始された場合でも、それより前の日付に再スケジュールされません。

  • Project では、 ガント チャート ビューのグラフ部分でポインターをドラッグしてタスクを作成する場合、開始日からスケジュールされているプロジェクトのタスクに対して [指定日までに開始] (SNET) 制約が設定されます。 プロジェクトが 1 つのタスクからスケジュール 終了日、[指定日に終了] (FNLT) 制約がタスクに設定されます。

  • 後続タスクが完了した場合、リンクを反映するように移動されません。

  • プロジェクトの計算 モードを [手動 ] に設定 した場合、後続タスクは移動しません。

考えられる解決方法を次に示します。

  • タスクの制約を柔軟にリセットするには、タスクを選択し、[タスク情報] タブを ボタンの画像し、[詳細] タブを選択します。 [制約タイプ ] ボックスの一覧 で、[できるだけ 早く] を選択します。 Project では、タスクの依存関係に従ってタスクの開始日がスケジュールされます。

  • タスクの依存関係をすべてのタスクに対して柔軟性の高い制約を上書きするには、[ツール] メニューの [オプション] を選択し、[スケジュール] タブを選択します。 [スケジュール オプション] セクションで 、[タスクは常に制約の日付を適用する ] チェック ボックス をオフにします。

  • 計算を自動に設定するには、[ツール]メニューの[オプション] を選択し、[計算] タブを選択します。 [プロジェクト ] セクションの [Microsoft Office] セクション で、[計算モード] の横にある [手動] を 選択します

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×