メニュー図形

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

メニュー バー

メニューバーの図形は、[ファイル]、[編集]、[書式] などのメインメニュー項目の背景です。

メニューバー図形を右クリックして、次のコマンドを表示します。

  • メニューバーをロックすると、メニューバーの位置がロックされます (アプリケーションウィンドウ内で移動できないように)。ロックが解除されている場合、図形の左端にある小さな点の列は、移動できることを示します。

  • [メニューの区切り記号を表示する] 図形の左端に枠線を追加して、複数のメニューバー図形を並べて配置します。

  • [サイズ] オプションを使用すると、標準サイズを選択したり、カスタムを設定したりすることができます。

トップレベルメニュー項目

[ファイル]、 [編集]、[書式] は、トップレベルのメニュー項目の例です。これらの図形は、メニューバーの図形の接続ポイントに接着されるように設計されています。

メニューバー図形を右クリックして、次のコマンドを表示します。

Normalは、コマンドが選択されていないが使用可能であることを示します。

[強調表示] は、コマンドが選択され、使用可能であることを示します。

Disabled (無効) は、コマンドが使用できないことを示します。

ヒント: トップレベルのメニュー項目を選択して名前を入力すると、テキストに合わせて図形の幅が変更されます。

ドロップダウンメニュー項目

[新規作成]、[開く]、[名前を付けて保存] は、ドロップダウンメニュー項目の例です。ユーザーがトップレベルメニュー項目をクリックしたときに、コマンドの列を作成するために互いに接続されます。列内のすべてのドロップダウンメニュー項目図形は、幅の広いものにする必要があります。

ドロップダウンメニュー項目図形を右クリックして、次のコマンドを表示します。

Normalは、コマンドが選択されていないが使用可能であることを示します。

[強調表示] は、コマンドが選択され、使用可能であることを示します。

Disabled (無効) は、コマンドが使用できないことを示します。

[アイテム] が選択されています。ドロップダウンメニュー項目の状態を変更します。

注: このオプションは、[メニュー項目のプロパティ] ダイアログボックスで図形のメニュー項目のスタイルが [オン] または [ラジオ] に設定されている場合にのみ使用できます。

メニュー項目のプロパティを使用すると、メニュー項目のさまざまなスタイル (ラジオボタンやカスケードメニューなど) を選択して、アイテムのテキストを再配置できます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×