モデルへの UML 要素の追加について

Office 2010 のサポートは 2020 年 10 月 13 日に終了しました

Microsoft 365 にアップグレードすると、あらゆるデバイスでどこでも作業を行うことができ、サポートを引き続き受けることができます。

今すぐアップグレード

UML モデルに要素を追加する方法については、最初に図とモデルの違いについて理解しておく必要があります。

モデルは、[モデルエクスプローラー ] ウィンドウの階層ツリービューに表示されます。

図は、ツリービューのアイコンによって表されるモデルのビューであり、UML モデル図の図面ファイルにページを描画します。

UML モデル図テンプレートを使用する場合は、次の点に注意してください。

  • ツリービューのアイコンをドラッグするか、ステンシルから図面ページに図形をドラッグして、図に要素を追加することができます。

  • ステンシルから図面ページに図形をドラッグすると、図形はモデルの一部になります。 図面ページにドラッグした図形の多く (クラス図形、ユースケース図形、コンポーネント図形など) も、ツリービューにアイコンとして自動的に追加されます。

    注: ツリービューから図面ページにアイコンをドラッグすると、新しいモデル要素ではなく、モデル要素のビューが作成されます。

  • 要素を ツリー ビューに追加しても、要素を表すアイコンをツリービューから図面ページにドラッグしない限り、要素は図面に表示されません。

  • ツリービューで要素を複製することができます。また、要素のアイコンを別のパッケージにドラッグすることもできます。

  • ツリービューの同じ要素のアイコンを別の図面ページにドラッグすると、同じ要素のさまざまなビューを別の図に追加できます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×