をスクロールするには、さまざまな方法 ワークシート。 方向キー、スクロール バー、またはマウスを使用して、セル間を移動したり、ワークシートの異なる領域にすばやく移動したりすることができます。

このExcel、スクロール速度の向上、範囲の末尾への簡単なスクロール、ワークシート内の場所を知らせるヒントを利用できます。 マウスを使用して、スクロール バーを含むドロップダウン リストがあるダイアログ ボックスをスクロールすることもできます。

ワークシート上のセル間を移動するには、任意のセルをクリックするか、方向キーを使用します。 セルに移動すると、セルがセルの アクティブ セル。

スクロールするには

操作

範囲の開始と終了

Ctrl キーを押しながら方向キーを押して、ワークシートの最後で停止する前に、列または行の各範囲の開始と終了までスクロールします。

ワークシートの最後で停止する前に範囲を選択しながら、各範囲の開始位置と末尾までスクロールするには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら方向キーを押します。

1 行上または下

SCROLL LOCK キーを押し、上方向キーまたは下方向キーを使用して 1 行上または下にスクロールします。

1 列左または右

SCROLL LOCK キーを押し、左方向キーまたは右方向キーを使用して、1 つの列を左または右にスクロールします。

上または下の 1 つのウィンドウ

Page Up キーまたは Page Down キーを押します。

左または右の 1 つのウィンドウ

Scroll Lock キーを押し、Ctrl キーを押しながら左方向キーまたは右方向キーを押します。

大きな距離

Scroll Lock キーを押し、Ctrl キーと方向キーを同時に押すと、ワークシートの大きな領域をすばやく移動できます。

注: SCROLL LOCK がオンの場合、スクロールロックは、ウィンドウのステータス バーにExcel。 SCROLL LOCK がオンの間に方向キーを押すと、1 行上または下にスクロールするか、1 列左または右にスクロールします。 方向キーを使用してセル間を移動するには、SCROLL LOCK をオフにする必要があります。 これを行うには、キーボードの Scroll Lock キー (ScrLk とラベル付け) を押します。 キーボードにこのキーが含されていない場合は、スクリーン キーボードを使用して SCROLL LOCK をオフにできます。 スクリーン キーボードを開くには、デスクトップの[スタート] ボタンをWindows、スクリーン キーボード と入力します。 SCROLL LOCK をオフにする場合は 、ScrLk キーをクリックし、スクリーン キーボードを閉じます。

スクロール バーが表示されない場合は、次の操作を行って表示します。

  1. [ファイル] > [オプション] の順にクリックします。

    [ Excel 2007] で、[ ボタン] Microsoft Office Office ボタンの画像し、[オプション] Excelクリックします

  2. [詳細設定] をクリックし、[このブックの表示オプション] で、[水平スクロール バーを表示する] チェック ボックスと [垂直スクロール バーを表示する] チェック ボックスがオンで、[OK]をクリックします。

次の表では、スクロール バーを使用してワークシート内を移動するさまざまな方法について説明します。

スクロールするには

操作

1 行上または下

垂直スクロール バーで ボタンの画像 または ボタンの画像 矢印をクリックして、シートを 1 行上または下に移動します。

1 列左または右

水平スクロール バーの ボタンの画像 または ボタンの画像 矢印をクリックして、シートを 1 列左または右に移動します。

スクロール速度が速いワークシートをスクロールする

スクロール中に、画面の最も遠い端でマウスを 10 秒以上押し続け、スクロール速度を向上します。

マウスを逆方向に移動すると、スクロール速度が遅くなります。

上または下の 1 つのウィンドウ

スクロール バーの上または下をクリック ボタンの画像 バーの上または下をクリックします。

左または右の 1 つのウィンドウ

スクロール バーの左または右をクリックし、 ボタンの画像 バーをクリックします。

大きな距離

Shift キーを押しながらスクロール バーをドラッグ ボタンの画像

注: 

  • スクロール バーを使用してワークシート内を移動すると、Excel にヒントが表示され、行番号または列文字 (ブックに R1C1 参照スタイルが指定されている場合は数値) が表示され、ワークシート内の場所が分かっています。

  • スクロール バーのサイズは、ウィンドウに表示されるシートの使用領域の比例量を示します。 スクロール バーの位置は、ワークシート内の表示領域の相対的な位置を示します。

 すべてのデータを表示するには、ディスプレイの左上のセルにスナップせずに、ワークシートをスムーズにスクロールできます。 行または列の一部のスクロールを停止しても、Excelはそれ以上進まなかったので、大きなセルには特にメリットがあります。 これらの機能強化は、マウス、マウス ホイール、タッチパッド、タッチ スクリーン、またはスクロール バードラッグで動作します。

既定では、スクロールは 1 行の高さに基Excelされます。 高精度マウスまたはタッチパッドがある場合は、一度に 1 ピクセルスクロールできます。 ただし、マウス ホイールWindowsクリックごとに 1 行のテキストを移動するマウス オプションが設定されている場合は、マウス ホイールの動作にExcelされます。

ヒント: 左上のセルにスナップする必要がある場合は、スクロール バーの矢印ボタンを使用するか、キーボードの方向キーを使用して、シートが目的の位置になるまでセルの選択を変更します。

一部のマウス デバイスや他のポイント デバイス (Microsoft IntelliMouse ポイント デバイスなど) には、スクロール機能とズーム機能が組み込みされています。この機能を使用すると、ワークシートや グラフ シートを移動したり、拡大/縮小したりするために使用できます。 マウスを使用して、スクロール バーを含むドロップダウン リストがあるダイアログ ボックスをスクロールすることもできます。 詳細については、ポイントするデバイスの手順を参照してください。

目的

操作

一度に数行上下にスクロールする

ホイールを前方または背面に回転させます。

ウィンドウ内で左または右にスクロールWindows

Ctrl キーを押しながら Shift キーを押しながら、ホイールを前後に回転させます。

スクロール速度が速いワークシートをスクロールする

スクロール中に、画面の最も遠い端でマウスを 10 秒以上押し続け、スクロール速度を向上します。

マウスを逆方向に移動すると、スクロール速度が遅くなります。

ワークシートをパンする

ホイール ボタンを押しながら、スクロールする任意の方向 原点マーク からポインターをドラッグします。 スクロールを高速化するには、ポインターを起点マークから離します。 スクロールを遅くするには、ポインターを起点マークの近くに移動します。

ワークシートを自動的にパンする

ホイール ボタンをクリックし、スクロールする方向にマウスを移動します。 スクロールを高速化するには、ポインターを起点マークから離します。 スクロールを遅くするには、ポインターを起点マークの近くに移動します。 自動スクロールを停止するには、マウス ボタンをクリックします。

拡大表示/縮小表示

Ctrl キーを押しながら IntelliMouse ホイールを前方または背面に回転します。 拡大したワークシートの割合がステータス バーに表示されます。

アウトラインで詳細を表示する

アウトラインのデータを集計するセルをポイントし、Shift キーを押しながらホイールを前方に回転させます。

アウトラインの詳細を非表示にする

詳細データを含むセルをポイントし、Shift キーを押しながらホイールを回転します。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×