会議の転送を禁止する

会議の開催者として、出席者が会議の出席依頼を他のユーザーに転送することを許可するかどうかを選ぶことができます。 会議出席依頼を作成する場合、このオプションは、メールボックスが Microsoft 365または Exchange Server 2019 でホストされている場合にのみ使用できます。

注: 

  • メールボックスが Microsoft 365でホストされているかどうかがわからない場合は、ヘルプデスクにお問い合わせください。

  • この機能は、Information Rights Management の使用の影響を受けません。

会議の転送を防ぐ方法

会議を作成または編集するときに、会議出席依頼の転送を許可するかどうかを選ぶことができます。 転送を許可するオプションは、既定で有効になっています。

ただし、このオプションをオフにした場合、会議出席依頼に含まれている出席者は、会議を他のユーザーに転送することはできません。 会議の開催者である場合でも、会議を編集して出席者を追加できます。

  • 予定表の 予定表 に移動します。

  • [新しい会議] を選びます。

  • 会議ツールバーから応答オプションを選択します。

  • [転送を許可する] を選択して、チェックマークをオフにします。

    会議ツールバーを使用して転送をブロックする

  • 予定表の 予定表 に移動します。

  • [新しいイベント] を選択します。

  • 会議ツールバーから応答オプションを選択します。

  • [転送を許可する] を選択して、チェックマークをオフにします。

    イベントツールバーを使用して転送をブロックする

  • 予定表に移動します。

  • [新しいイベント] を選択します。

  • 出席者を追加します。

  • [出席者からの返信オプション 設定アイコン を選択します。

  • [転送を許可する] を選択して、チェックマークをオフにします。

    [転送を許可する] オプションのスクリーンショット

次の Outlook のクライアントで会議を作成または更新するときに、転送を防ぐことができます。

Outlook クライアント

現在サポートされています

Outlook on the web

Microsoft 365 と Exchange 2019 ユーザーの場合

Outlook for Windows

Microsoft 365 ユーザー
の場合 * 現在のチャネル(バージョン1808以降)
で利用可能 * 半期のエンタープライズチャネル(バージョン1902以降)で利用可能

Outlook for Mac

Microsoft 365 ユーザー
の場合 * 16.20 (18120801) 以降で利用可能

iOS 版 Outlook

まだサポートされていない

Android 版 Outlook

まだサポートされていない

注: 使用している Outlook for Windows または Outlook for Mac のバージョンを確認するには、 Outlook [ファイル> Office アカウント] を選び、[ Outlook について] をクリックします。

出席者が、更新された Outlook クライアントで会議の出席依頼を受信した場合、メールアカウントの種類に関係なく、会議出席依頼と予定表イベントを転送することはできません。 

更新された Outlook クライアントは次のとおりです。

  • Outlook on the web(Office 365、Exchange server 2016、Exchange server 2019)

  • Outlook for Windows(現在のチャネルのバージョン1808、半年のエンタープライズチャネル (Preview)、および半期のエンタープライズチャネルで利用できます。)

  • Windows のOutlook 2013 と Outlook 2016(outlook 2013 ビルド15.0.5125.1000 および outlook 2016 ビルド 16.0.4795.1000)

  • Outlook for Mac 2016(バージョン 16.16 (180812) で利用可能)

  • iOS 版 Outlook

  • Android 版 Outlook

出席者が上記のいずれかのクライアントを使用していない場合は、以下のリストを参照してください。

Exchange Online、Exchange server 2016、または Exchange server 2019: 出席者が古いクライアントで会議を受信すると、会議の出席依頼または予定表のイベントを転送するためのオプションが表示されます。 ただし、会議を転送しようとすると、 Exchange Online して、この操作をブロック Exchange Server します。 会議の開催者が会議の転送を許可していないことを示すメール通知が出席者に送信され、その結果、転送が送信されませんでした。

以前のバージョンの Exchange またはサードパーティのサービス: 出席者が古いクライアントで会議を受信すると、会議の出席依頼または予定表のイベントを転送するオプションが表示されます。 転送が送信されると、この機能をサポートしていない外部サーバーによって処理されるため、会議の転送を防ぐことはできません。 常に、サードパーティサービスを使用して出席者が会議を転送すると、会議の開催者に転送通知が送信されません。

注: 会議の開催者が会議の出席依頼または予定表イベントの転送を禁止している場合でも、出席者は次の操作を実行できます。

  • 会議出席依頼に対する返信または全員に電子メールメッセージで返信する。

  • 会議メッセージまたは予定表イベントをコピーします。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×