列の書式を設定して外観を変更する

最新のエクスペリエンスを使用してリスト アプリまたは SharePoint ライブラリの列を書式設定し、アイテムの外観を変更します。 数値列にはデータ バーを適用できます。 塗りつぶしの色は、[選択肢]、[日付]、および [はい/いいえ] 列で使用できます。 選択肢の列は、オプション名に対して網掛けされたピル型の背景を持っています。 その他の列の種類では 、高度な書式設定モードを 使用できます。

注: 列の書式設定にアクセスするには、既存のライブラリに列を追加する必要がある場合があります。

ドキュメント ライブラリの書式設定SharePoint列

条件付きマーキング&塗りつぶしの色

[塗りつぶしの色] でさまざまな選択肢と日付 を強調表示します。 たとえば、"レビューが必要" という名前の列がある場合があります。 色を使用して、ライブラリ内のファイルを確認する必要があるファイルを強調表示できます。 この例では、"レビュー不要" とマークされたアイテムは緑色の背景を持ち、レビューを必要とするファイルの背景はピンク色です。

  1. リストまたはライブラリで、カスタマイズする列の列見出しを選択します。 (この例では、[名前] 列を使用します)。

  2. [列 の設定] を選択し、[この列 の書式設定] を選択します

  3. [列 の書式設定] で、[ 条件付き書式] を選択し、[ルールの管理] を選択します。 

  4. [条件付 き書式] で、[ルールの 追加] を選択します

  5. ルールを定義する: この例では、[レビューが必要な場合] が [レビューなし] に等しい場合は、[リスト アイテムを緑で表示する]を選択します。 [保存] を選択します。 必要に応じて、他のルールを追加します。 ルールを追加するには、戻る矢印を選択し、[ルールの追加] を選択します。 

    この例では、[レビューが必要な場合]が [レビューなし] に等しくない場合は、リスト アイテムを [白花]として表示する方法も追加しました。

    列を書式設定するルールを作成します。

  6. 完了したら、[保存] を 選択します

データ バー

データ バー を使用して数値を視覚的に比較できます。 たとえば、列に "Effort (days)" という名前を付けます。 データ バーの長さは、関連付けられているタスクにかかる時間を示す場合があります。

  1. リストまたはライブラリで、カスタマイズする列の列見出しを選択します。

  2. [列 の設定] を選択し、[この列 の書式設定] を選択します

  3. 既定の パレットを使用 するには [データ バー] を選択するか、[テンプレートの編集] を選択します

  4. データ バー テンプレートの最小値と最大値を入力します。

  5. パレット アイコンを選択し、各オプションの色設定を選択します。

    リスト列のデータ バーを書式設定SharePointオプション。
  6. 完了したら、[保存] を 選択します

注: 後で列の書式設定をクリアすることを選択した場合、後でもう一度有効にすることを決定した場合、 SharePoint は書式設定オプションを保存しません。

詳細モード

JSON の使用に問題がある場合は、高度モード を使用して JSON を直接 追加することもできます

  1. リストまたはライブラリで、カスタマイズする列の列見出しを選択します。

  2. [列 の設定] を選択し、[この列 の書式設定] を選択します

  3. [列の書式設定] ウィンドウの下部で、[詳細モード] を選択します

  4. 列に適用する JSON を入力します。

    列の書式設定を行う [詳細SharePoint JSON] ウィンドウ
  5. 完了したら、[保存] を クリックします

列の書式設定に JSON を使用する方法の詳細については、「列の書式設定を使用して列の書式設定をカスタマイズする」をSharePoint。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×