この Publisher、すべてのページまたは一部のページにのみ表示する透かしを追加できます。 ページの背景に追加したテキストまたは画像は、従来の透かしの半透明をシミュレートします。

テキストの透かしを追加する

この方法を使用して、文書のページに下書きやサンプルなどの単語を追加します。

  1. [ビュー] >をクリックし、[マスター ページ]を選択します

  2. 編集する透かしを追加するマスター ページをクリックするか、[ページ] を右クリックして、マスター ページの追加や削除、2 ページマスターへの変更など、その他のオプションを表示します。

  3. リボンの[挿入]タブをクリックし、[テキスト ボックスの描画] タブボタン イメージ

  4. マスター ページで、テキスト ボックスをクリックして描画します。

  5. 透かしとして表示するテキストを入力し、テキストを選択します。

  6. テキストを右クリックし、クイック ビュー メニューまたはフォント ダイアログ ボックスを使用して、フォントの色と塗りつぶしの効果を選択します。

    1. [色] リストの横にある矢印 をクリック し、[塗りつぶし効果 ] をクリックします

    2. [塗 りつぶし効果] ダイアログ ボックスで、30% または明るい色の色合いをクリックします。

      ヒント: 従来の透かしをシミュレートするには、[フォント] ダイアログ ボックスの [効果] で [浮き出し] または [浮きし] を選択します。

  7. 文書のページに戻る場合は、リボンの [標準で表示 ] > クリックします

グラフィックの透かしを追加する

画像、クリップ アート、会社のロゴなどのその他の画像を使用できます。 小さいページからフル ページにサイズ変更された画像は、テキストの色が画像の色と一貫してコントラストを持つ場合に、テキストの効果的な背景として機能します。

写真や画像の使用の詳細については、「Publisher で写真または画像から透かしを作成する」を 参照してください

ワードアートの透かしを追加する

ワードアートの透かしを追加するプロセスは、文書にテキストを透かしとして追加するプロセスと似ています。 入力したテキストはすべて、マスター ページ ビューで動作するワードアートのスタイル、色、サイズを選択して行います。

  1. [ビュー] >をクリックし、[マスター ページ]を選択します

  2. 透かしを追加するマスター ページをクリックし、リボンの [ワードアートの挿入] タブ>クリックボタン イメージ

  3. [ワードアート テキストの編集] ウィンドウにテキスト 入力し、フォントとスタイルを選び 、[OK]をクリックします。

  4. フォント、スタイル、または色を変更するには、[書式] タブで[ワードアートのスタイル] を選択し、[ワードアート ボタン イメージの書式設定] をクリックし、[色と線]、[サイズ] タブまたは [レイアウト] タブをクリックします。

  5. 目的の色を選び、透明度の設定を 70% 以上に増やします。

  6. 文書のページに戻る場合は、[ビュー] をクリック>標準で選択します

ページ セットに別の透かしを追加する

文書で使用するマスター ページが 1 つで、そのマスター ページに透かしを追加すると、文書のすべてのページに透かしが表示されます。 選択したページにのみ表示される透かしを追加するには、マスター ページではなく文書のページにテキストまたは画像を配置し、画像またはテキスト ボックスを背面に送信します。

章や本の署名など、ページ セットに別の透かしを追加するには、別のマスター ページを作成し、各マスター ページに適切な透かしを挿入し、各マスター ページを適切な範囲の文書ページに適用します。 2 ページのマスター ページに透かしを追加することもできます。

ヒント: 透かしがページ上の他のオブジェクトの背後に配置されている場合、透かしを非表示にしているオブジェクトは不透明である可能性があります。 不透明なオブジェクトを透明にする場合は、オブジェクトをクリックして選択し (オブジェクトがテーブルの場合は、テーブル全体を選択します)、Ctrl キーを押しながら T キーを押します。 オブジェクトが不透明な場合は透明になります。オブジェクトが既に透明な場合は、白になります。

注: Office 2007 はサポート ライフサイクルの終了に達しました。つまり、新しいセキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラム、無料または有料のサポート オプション、オンラインの技術コンテンツの更新プログラムはありません。 Office 2007 の製品とサービスを使用している場合は、Office 365 に移行するか、Office 2016 などのサポートされているバージョンの Office Office 製品とサービスにアップグレードすることをお勧めします。

テキストの透かしを追加する

この方法を使用して、文書のページに下書きやサンプルなどの単語を追加します。

  1. [表示] メニューの [マスター ページ] をクリックします

  2. [マスター ページの編集 ] 作業ウィンドウで、透かしを追加するマスター ページの名前をポイントし、矢印をクリックして、[編集] をクリック します

  3. [オブジェクト]ツール バーの [テキストボックス] をクリック ボタン イメージ

    注: [オブジェクト] ツールバーが開いていない場合は、[表示] メニューの [ツール バー] をクリックし、[オブジェクト] をクリックします

  4. マスター ページで、クリックしてテキスト ボックスを作成します。

  5. 目的のテキストを入力し、テキストを選択します。

  6. [書式] メニューの [フォント] をクリックします。

  7. [フォント]ダイアログ ボックスで、[色]リストの横にある矢印をクリックし、[塗りつぶし効果] をクリックします

  8. [塗 りつぶし効果] ダイアログ ボックスで、30% または明るい色の色合いをクリックします。

    注: 色を変更するには、[基本の色] の横にある矢印をクリックし、色オプションのいずれかを選択します。

    ヒント: 従来の透かしをシミュレートするには、[フォント] ダイアログ ボックスの [効果] で [浮き出し] または [浮きし] を選択します。

  9. 文書のページに戻る場合は、[マスター ページの編集 ] ツール バーの [マスター 表示 を閉じる] をクリック します。

グラフィックの透かしを追加する

小さいページからフル ページにサイズ変更された画像は、テキストの色が画像の色と一貫してコントラストを持つ場合に、テキストの効果的な背景として機能します。 画像、クリップ アート、会社のロゴなどのその他の画像を使用できます。

最初に、ページにフレームを追加します。 次に、画像をフレームに挿入します。 最後に、画像の書式を設定します。 写真や画像の使用の詳細については、「Publisher で写真または画像から透かしを作成する」を 参照してください

ワードアートの透かしを追加する

ワードアートの透かしを追加するプロセスは、文書にテキストを透かしとして追加するプロセスと似ています。

  1. [表示] メニューの [マスター ページ] をクリックします

  2. [マスター ページの編集 ] 作業ウィンドウで、透かしを追加するマスター ページの名前をポイントし、矢印をクリックして、[編集] をクリック します

  3. [オブジェクト]ツール バーの [ワードアート の挿入] をクリック ボタン イメージ

    注: [オブジェクト] ツールバーが開いていない場合は、[表示] メニューの [ツール バー] をクリックし、[オブジェクト] をクリックします

  4. 目的のワードアート スタイルを選択し 、[OK]をクリックします。

  5. [ワードアート テキストの編集 ] ダイアログ ボックスで、必要なテキストを入力して書式設定し 、[OK]をクリックします。

  6. [ワードアート] ツールバーの [ワードアート の書式設定]ボタン イメージ、[色と線] タブをクリックします。

  7. 目的の色を選び、透明度の設定を 70% 以上に増やします。

  8. 文書のページに戻る場合は、[マスター ページの編集 ] ツール バーの [マスター 表示 を閉じる] をクリック します。

ページ セットに別の透かしを追加する

文書で使用するマスター ページが 1 つで、そのマスター ページに透かしを追加すると、文書のすべてのページに透かしが表示されます。 選択したページにのみ表示される透かしを追加するには、マスター ページではなく文書のページにテキストまたは画像を配置し、画像またはテキスト ボックスを背面に送信します。

章や本の署名など、ページ セットに別の透かしを追加するには、別のマスター ページを作成し、各マスター ページに適切な透かしを挿入し、各マスター ページを適切な範囲の文書ページに適用します。 2 ページのマスター ページに透かしを追加することもできます。

ヒント: 透かしがページ上の他のオブジェクトの背後に配置されている場合、透かしを非表示にしているオブジェクトは不透明である可能性があります。 不透明なオブジェクトを透明にする場合は、オブジェクトをクリックして選択し (オブジェクトがテーブルの場合は、テーブル全体を選択します)、Ctrl キーを押しながら T キーを押します。 オブジェクトが不透明な場合は透明になります。オブジェクトが既に透明な場合は、白になります。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×