[接続の プロパティ] ダイアログ ボックスを使用して、外部データ ソースへの接続のさまざまな設定を制御し、接続ファイルを使用、再利用、または切り替えます。 多くの場合、このダイアログボックスは、Power Query を使用して外部データ ソースをインポートするときに、"クエリ プロパティ" というタイトルが付きます。

重要: 現在、外部データへの接続がコンピューターで無効になっている可能性があります。 ブックを開くときにデータに接続するには、[セキュリティ センター] バーを使ってデータ接続を有効にするか、信頼できる場所にブックを保存する必要があります。 詳細については、次の記事を参照してください。ファイル の信頼できる場所を追加、削除、または変更する、信頼できる発行元を追加、削除、または表示する、セキュリティ センターで自分のオプションと設定を表示する。

[接続名 ] ボックスと [説明 ] ボックス
接続名とオプションの説明が表示されます。 名前と説明を変更するには、ボックス内のテキストをクリックし、テキストを編集します。 

大事な    クエリまたは接続の名前を変更しないようにします。 外部 ODC ファイルへのリンクまたはクエリのデータ モデル テーブルへの参照が失う危険性があります。

[利用状況] タブ の設定 は、ブックでの接続情報の使用方法を制御します。

更新コントロール:

バックグラウンド更新を有効にする    バックグラウンドでクエリを実行するには、このチェック ボックスをオンにします。 待機中にクエリを実行するには、このチェック ボックスをオフにします。 バックグラウンドでクエリを実行すると、クエリの実行中に Excel を使用できます。

n 分間隔で更新する    このチェック ボックスをオンにすると、一定の間隔で外部データの自動更新が有効になります。次に、各更新操作の間の分数を入力します。 外部データの自動更新を無効にするには、このチェック ボックスをオフにします。

ファイルを開くときにデータを更新する    ブックを開いた際に外部データを自動的に更新するには、このチェック ボックスをオンにします。 外部データを更新せずにブックをすぐに開く場合は、このチェック ボックスをオフにします。

ブックを保存する前に外部データ範囲からデータを削除する    クエリ定義を使用して外部データを含めずにブックを保存する場合は、このチェック ボックスをオンにします。 このチェック ボックスをオフにすると、クエリ定義とデータがブックに保存されます。 このチェック ボックスは、[ファイルを開く際にデータを更新する] チェック ボックスをオン にした場合にのみ 使用できます。

OLAP サーバーの書式設定:

次の OLAP サーバー形式をサーバーから取得し、データと一緒に表示するかどうかを制御します。

表示形式    通貨、日付、時刻などの数値の書式設定を有効または無効にするには、このチェック ボックスをオンまたはオフにします。

フォント スタイル    太字、斜体、下線、取り消し線などのフォント スタイルを有効または無効にするには、このチェック ボックスをオンまたはオフにします。

塗りつぶしの色    塗りつぶしの色を有効または無効にするには、このチェック ボックスをオンまたはオフにします。

テキストの色    テキストの色を有効または無効にするには、このチェック ボックスをオンまたはオフにします。

OLAP ドリル スルー:

取得するレコードの最大数    階層内のデータ レベルを展開するときに取得するレコードの最大数を指定するには、1 から 10,000 の数値を入力します。

言語:

使用可能な場合は、表示言語でOfficeエラーを取得する    このチェック ボックスをオンまたはオフにすると、OLAP サーバーから翻訳されたデータとエラー (存在する場合) の取得が有効または無効になります。

[定義] タブ 設定は、接続情報の定義方法と接続情報のソース (ブックまたは接続ファイル) を制御します。

接続の種類    データ接続や Microsoft Access データベースなど、使用Office種類を表示します

接続ファイル    接続情報の保存に使用されている現在の接続ファイルを表示し、変更された接続ファイルまたは新しい接続ファイルに切り替えることができます。 このフィールドが空白の場合は、接続ファイルが使用されたことがないか、接続ファイルへのリンクが壊れたことを示す変更が行されました。

たとえば、接続ファイルが更新され、新しいバージョンを使用する場合や、現在の接続を変更して別の接続ファイルを使用する場合など、接続ファイルへのリンクを再確立するには、[参照] をクリックして [データ ソースの選択] ダイアログ ボックスを表示します。 次に、データ接続ウィザードを起動する [新しいソース] をクリックして、変更した接続ファイル、別の接続ファイル、または新しい接続ファイルを作成できます。

新しい接続ファイルが、データ接続を持つオブジェクトと一致している必要があります。 接続は変更できますが、次のオブジェクト間で接続を切り替えすることはできません。

  • OLAP ピボットテーブル またはピボットグラフ レポート

  • OLAP 以外のピボットテーブルまたはピボットグラフ レポート

  • Excel のテーブル

  • テキスト ファイル

  • XML テーブル

  • Web ページへの Web クエリ

常に接続ファイルを使用する    このチェック ボックスをオンにすると、データが表示または更新されるたびに常に最新バージョンの接続ファイルが使用されます。 Excel ブックの接続情報を使用するには、このチェック ボックスをオフにします。

重要: 接続ファイルが使用できない場合、Excel はブックに保存されている接続情報に影響します。 接続ファイルの最新バージョンが常に使用される場合は、接続ファイルにアクセス可能で使用可能なバージョンを確認します。

接続文字列    接続文字列の形式で現在の接続情報を表示します。 接続文字列を使用して、すべての接続情報を確認し、[接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで変更できない特定の 接続情報を 編集します。

パスワードを保存する    このチェック ボックスをオンにすると、ユーザー名と パスワード ファイルに保存されます。 保存したパスワードは暗号化されません。 ユーザー名とパスワードが必要な場合は、初めてデータ ソースにアクセスする場合は、このチェック ボックスをオフにします。 このチェック ボックスは、テキスト ファイルまたは Web クエリから取得したデータには適用されません。

重要: データ ソースに接続するときは、ログオン情報を保存しないでください。 この情報はプレーン テキストとして格納されることがあり、悪意のあるユーザーが情報にアクセスしてデータ ソースのセキュリティを侵害する可能性があります。

コマンドの種類    次のいずれかのコマンドの種類を選択します。

  • SQL

  • 既定値

OLAP データ ソースへの接続の場合は、 キューブ が表示されますが、コマンドの種類を変更することはできません。

コマンド テキスト     コマンドの種類に基づいて返されるデータを指定します。 たとえば、コマンドの種類が [テーブル] の場合、テーブル名が表示されます。 コマンドの種類 が指定SQL、返SQLを指定するために使用するクエリが表示されます。 コマンド テキストを変更するには、ボックス内のテキストをクリックし、テキストを編集します。

Excel Services    [認証の 設定 ] ボタンをクリックして 、[Excel Services 認証の設定] ダイアログ ボックスを表示し、ブックに接続され、Excel Services に表示されるデータ ソースにアクセスするときに認証方法を選択します。 次のいずれかのオプションを選び、データ ソースにログオンします。

  • Windows 認証    このオプションを選択すると、現在のユーザーの Windows ユーザー名とパスワードが使用されます。 これは最も安全な方法ですが、ユーザーが多い場合はパフォーマンスに影響する可能性があります。

  • SSS    このチェック ボックスをオンにすると、Secure Storage Service が使用され 、SSS ID テキスト ボックスに適切な識別文字列が入力されます。 サイト管理者は、ユーザー名とパスワードを格納できる Secure Storage Service データベースを使用する SharePoint サイトを構成できます。 この方法は、ユーザーが多い場合に最も効率的です。

  • なし    このチェック ボックスをオンにすると、接続文字列に保存された情報を認証に使用できます (たとえば、[パスワードを保存] チェック ボックスをオン にした場合)。

    重要: データ ソースに接続するときは、ログオン情報を保存しないでください。 この情報はプレーン テキストとして格納されることがあり、悪意のあるユーザーが情報にアクセスしてデータ ソースのセキュリティを侵害する可能性があります。

注: 認証設定は、Excel デスクトップ プログラムではなく、Microsoft Excel Servicesによってのみ使用されます。 Excel または Excel Services でブックを開く場合でも、同じデータにアクセスする場合は、Excel と Excel Services で接続の認証設定が同じことを確認します。

クエリの編集    データ ソースからデータを取得するために使用するクエリを変更するには、このボタンをクリックします。 データ ソースの種類に応じて、次のいずれかを表示します。

  • インポートしたデータ ソースの Power Query エディター。

  • データ接続 (ODC) Office (.odc) OLEDB 接続のデータ接続ウィザード。

  • ODBC 接続の Microsoft Query。

  • Web ページの [Web クエリ の編集] ダイアログ ボックス。

  • テキスト ファイルのテキスト インポート ウィザード。

注: 接続情報が現在接続ファイルにリンクされている場合は、クエリを編集できません。

パラメーター     [パラメーター] ダイアログボックスを表示し、Microsoft クエリまたは Web クエリ接続のパラメーター情報を編集するには、このボタンをクリックします。

接続ファイルをエクスポートする    このボタンをクリックすると、[ファイルの 保存 ] ダイアログ ボックスが表示され、現在の接続情報が接続ファイルに保存されます。 詳細については、「外部データへの 接続を作成、編集、管理する」を参照してください

ブックで使用されているクエリに関する情報を表示します。 クエリと接続情報が ODC ファイルから取得された場合、何も表示されません。

シート    クエリを含むワークシートの名前。

名前    クエリの名前。

場所   クエリのセル範囲。

関連項目

Power Query for Excel のヘルプ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×