Microsoft Excel は、日付を入力しやすくするために事前にプログラムされています。 たとえば、12/2 は 12 月 2 日に変更されます。これは、日付に変更したくないものを入力すると、非常にイライラします。 残念ながら、これをオフにする方法はありません。 しかし、それを回避する方法があります。

数値をテキストとして入力するセルを事前に書式設定します。 この方法では、Excel は日付に入力した値を変更しようとはしない。

入力する数値が数少ない場合は、次の値を入力して Excel で日付に変更を停止できます。

  • 数値を入力する前のスペース。 スペースは、Enter キーを押した後もセル内に残ります。 (「ノート」を参照)

  • 数値を入力する前のアポストロフィ (') ('11-53 または '1/47)。 Enter キーを押した後、アポストロフィはセルに表示されません。

  • たとえば、1/2 や 3/4 などの分数を入力する前に 0 とスペースを入力します。たとえば、1 月 2 日または 4 月に変更されません。 0 1/2 または 0 3/4 と入力します。 Enter キーを押しても 0 はセルに残らないので、セルは分数の種類になります。

  1. 数値を入力 するセルを選択します。

  2. Ctrl キーを押しながら 1 キー (QWERTY キーの上の数値行の 1) を押して、[セルの書式設定] を開きます

  3. [テキスト ] を選択し 、[OK] をクリックします

  1. 数値を入力するセルを選択します。

  2. [ホーム] を>テキストの [>書式] をクリックします

注: 

  • データに対してルックアップ関数を使用する場合は、データを入力するスペースではなく、アポストロフィを使用することをお勧めします。 MATCH や VLOOKUP のような関数は、結果を計算するときにアポストロフィを見落とします。

  • 数値がセル内で左揃えの場合、通常は数値として書式設定されません。

  • 1e9 などの "e" を含む数値を入力すると、自動的に 1.00E+09 という数値になります。 科学的な数値が必要ない場合は、数値の前に「1e9」と入力します。

  • 入力した数値に応じて、セルの左上隅に小さな緑色の三角形が表示され、数値がテキストとして格納され 、Excel にエラーが発生する可能性があります。 三角形を無視するか、クリックします。 左側にボックスが表示されます。 ボックスをクリックし、[エラーを 無視] を選択すると、三角形が表示されます。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×