Excel で特定の種類の数値を文字列として処理する場合は、数値形式の代わりに文字列形式を使用できます。 たとえば、クレジット カード番号、または 16 桁以上を含むその他の番号コードを使用している場合は、テキスト形式を使用する必要があります。 これは、Excel の最大精度が 15 桁であり、15 桁より後の数値は切り捨てられるためです (この動作は、ユーザーが希望しているものではない可能性があります)。

数値の表示形式が文字列になっている場合、数値はセルで右揃えではなく左揃えで表示されるため、ひとめで簡単に判断できます。

  1. テキストとして書式設定する 範囲 含むセルのセルまたはセルを選択します。 セルまたは範囲を選択する方法

    ヒント: 空のセルを選択し、そのセルに文字列の書式を設定した後、数値を入力することもできます。 これらの数値には文字列の書式が設定されます。

  2. [ホーム ] タブ の [数値] グループで 、[数値の書式] ボックスの横にある矢印を クリック し、[テキスト] を クリックします

    注: [テキスト] オプションが表示しない場合は、スクロール バーを使用して一覧の末尾までスクロールします。

    数値に文字列の書式を適用する

ヒント: 

  • 文字列として保存する数値で小数点以下の桁を使用するには、数値を入力するときに小数点を含める必要があります。

  • ゼロで始まる数値 (製品コードなど) を入力すると、既定ではゼロが削除されます。 削除されないようにするには、先行ゼロが保持されるユーザー設定の数値形式を作成します。 たとえば、10 桁の製品コードをワークシートに入力または貼り付ける場合、0784367998 は 784367998 に変更されます。 この場合、コード 0000000000 で構成されるユーザー設定の数値形式を作成して、先行ゼロを含む 10 桁の製品コード全体が表示されるようにできます。 この問題の詳細については、「ユーザー設定 の数値書式を作成または削除する」および「先頭の 0 を数値コードに保持する」を参照してください

  • 場合によっては、数値が文字列形式としてセルに保存され、後で計算に問題が発生したり、並べ替え順序が不適切になったりすることがあります。 これは、データベースやその他のデータ ソースから数値をインポートまたはコピーしたときなどに発生します。 そのような場合は、文字列として保存されている数値を数値形式に変換する必要があります。 詳細については、「文字列として保存されている数値を数値形式に変換する」を参照してください。

  • また、TEXT 関数を使用して数値を特定の表示形式の文字列に変換することができます。 この手法の例については、「先頭のゼロを数値コードに保持 する」を参照してください。 TEXT 関数の使用については、TEXT 関数に関するページ を参照してください

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×