リストまたはライブラリで数式や関数を使用して、さまざまな方法でデータを計算できます。 集計列をリストまたはライブラリに追加することで、他の列からのデータを含む数式を作成し、日付と時刻を計算したり、数式を実行したり、テキストを操作したりするための関数を実行できます。 たとえば、タスク リストでは、列を使用して、[開始日] 列と [完了日] 列に基づいて、各タスクの完了に要する日数を計算できます。

注: この記事では、数式と関数の使用に関連する基本的な概念について説明します。 特定の関数の詳細については、その関数に関する記事を参照してください。

この記事の内容

数式の概要

数式は、リストまたはライブラリの値に対して計算を実行する数式です。 数式は、等号 (=) で始まります。 たとえば、次の数式は 2 を 3 で乗算し、結果に 5 を加算します。

=5+2*3

集計列の数式を使用して、列の既定値を計算できます。 数式には、次の例のように、関数、列参照、演算子、定数を含めできます。

=PI()*[Result]^2

要素

説明

関数

PI() 関数は、pi の値 3.141592654 を返します。

参照 (または列名)

[Result] は、現在の行の [結果] 列の値を表します。

定数

数式に直接入力された数値またはテキスト値 (2 など)。

演算子

* (アスタリスク) 演算子は乗算を行い、^ (キャレット) 演算子は数値を乗算して 1 つの数値を乗算します。

数式では、前の表の 1 つ以上の要素を使用できます。 (複雑さの順に) 数式の例を次に示します。

単純な数式 (=128+345 など)

次の数式には、定数と演算子が含まれます。

使用例

説明

=128+345

128 と 345 を追加します。

=5^2

平方 5

列参照を含む数式 (例: =[収益] >[コスト])

次の数式は、同じリストまたはライブラリ内の他の列を参照しています。

使用例

説明

=[収益]

[収益] 列の値を使用します。

=[収益]*10/100

[収益] 列の値の 10%。

=[収益] > [コスト]

[収益] 列の値が [コスト] 列の値より大きい場合は、[はい] を返します。

関数を呼び出す数式 (=AVERAGE(1, 2, 3, 4, 5))

次の数式では、組み込み関数を呼び出します。

使用例

説明

=AVERAGE(1, 2, 3, 4, 5)

一連の値の平均を返します。

=MAX([Q1], [Q2], [Q3], [Q4])

一連の引数のうち、最大の数値を返します。

=IF([コスト]>[収益], "Not OK", "OK")

コストが収益を超える場合は、NOT OK を返します。 それ以外の場合は、OK を返します。

=DAY("15-Apr-2008")

日付の日付部分を返します。 この数式は、数値 15 を返します。

入れ子になった関数を含む数式 (=SUM(IF([A]>[B], [A]-[B], 10), [C]))

次の数式では、1 つ以上の関数を関数の引数として指定します。

使用例

説明

=SUM(IF([A]>[B], [A]-[B], 10), [C])

IF 関数は、列 A と列 B、つまり 10 の値の差を返します。

SUM 関数は、IF 関数の戻り値と列 C の値を加算します。

=DEGREES(PI())

PI 関数は、数値 3.141592654 を返します。

DEGREES 関数は、ラジアンで指定された値を度に変換します。 この数式は、値 180 を返します。

=ISNUMBER(FIND("BD",[Column1]))

FIND 関数は、Column1 で文字列 BD を検索し、文字列の開始位置を返します。 文字列が見つからない場合は、エラー値を返します。

FIND 関数が数値を返した場合、ISNUMBER 関数は Yes を返します。 それ以外の場合は、No を返します。

ページの先頭へ

Functions の概要

関数とはあらかじめ定義された数式のことで、引数と呼ばれる特定の値を使い、特定の順序 (構造) に従って計算を行います。 関数を使うと、単純な計算だけでなく複雑な計算も行うことができます。 たとえば、ROUND 関数の次のインスタンスは、[コスト] 列の数値を小数点以下 2 桁に切り捨てします。

=ROUND([Cost], 2)

次のボキャブラリは、関数と数式を学習する場合に役立ちます。

構造体     関数の構造は、等号 (=) で始まり、その後に関数名、左かっこ、コンマで区切られた関数の引数、および終了かっこで始まります。

関数名     これは、リストまたはライブラリでサポートされている関数の名前です。 各関数は、特定の数の引数を受け取って処理し、値を返します。

引数     引数には、数値、テキスト、True や False などの論理値、列参照を指定できます。 指定する引数は、その引数の有効な値を生成する必要があります。 定数、数式、または他の関数を引数として渡すこともできます。

ある関数を、別の関数の引数として使用することもできます。 たとえば、次の数式は入れ子になった AVERAGE 関数を使用し、結果を 2 つの列値の合計と比較します。

=AVERAGE([Cost1], SUM([Cost2]+[Discount]))

有効な戻り値     関数を引数として使用する場合は、引数で使用する値と同じ型の値を返す必要があります。 たとえば、引数で Yes または No を使用する場合、入れ子になった関数は Yes または No を返す必要があります。 表示しない場合は、リストまたはライブラリに新しい#VALUE。 というエラー値が表示されます。

ネスト レベルの制限     数式には、最大 8 レベルのネストされた関数を含めできます。 関数 A で関数 B を引数として使用する場合、関数 B は第 2 レベルの関数です。 たとえば、上の例では、SUM 関数は AVERAGE 関数の引数なので、第 2 レベルの関数です。 SUM 関数内で入れ子になった関数は、第 3 レベルの関数になります。

注: 

  • リストとライブラリでは、RAND 関数と NOW 関数はサポートされていません。

  • TODAY 関数と ME 関数は計算列ではサポートされていませんが、列の既定値の設定でサポートされます。

ページの先頭へ

数式で列参照を使用する

参照は、現在の行のセルを識別し、数式で使用する値またはデータを検索するリストまたはライブラリを示します。 たとえば、[コスト] は、現在の行の [コスト] 列の値を参照します。 [コスト] 列の現在の行の値が 100 の場合、=[Cost]*3 は 300 を返します。

参照を使用すると、リストまたはライブラリの異なる列に含まれるデータを 1 つ以上の数式で使用できます。 次のデータ型の列は、1 行のテキスト、数値、通貨、日付と時刻、選択、はい/いいえ、計算など、数式で参照できます。

列の表示名を使用して、数式で参照します。 名前にスペースまたは特殊文字が含まれる場合は、名前を角かっこ ([ ]) で囲む必要があります。 参照では大文字と小文字は区別されません。 たとえば、数式の [単価] 列を [単価] または [単価] として参照できます。

注: 

  • 現在の行以外の行の値を参照することはできません。

  • 別のリストまたはライブラリの値を参照することはできません。

  • 新しく挿入された行の ID を参照することはできません。 計算が実行された場合、ID はまだ存在しません。

  • 列の既定値を作成する数式で別の列を参照することはできません。

ページの先頭へ

数式で定数を使用する

定数とは、計算されない値です。 たとえば、日付 "2008/10/9"、数値 "210"、文字列 "四半期の収益" はすべて定数です。 定数には、次のデータ型を指定できます。

  • String (例: =[Last Name] = "Smith")

    文字列定数は引用符で囲み、最大 255 文字を含めることができます。

  • 数値 (例: =[Cost] >= 29.99)

    数値定数には小数点以下の桁数を含め、正または負の値を指定できます。

  • Date (例: =[Date] > DATE(2007,7,1))

    日付定数では、DATE (年、月、日) 関数を使用する必要があります。

  • ブール値 (例: =IF([コスト]>[収益], "損失", "損失なし")

    Yes と No はブール定数です。 条件付き式で使用できます。 上記の例では、Cost が収益より大きい場合、IF 関数は Yes を返し、数式は "Loss" という文字列を返します。 Cost が Revenue 以下の場合、関数は No を返し、数式は "No Loss" という文字列を返します。

ページの先頭へ

数式で計算演算子を使用する

演算子は、数式の要素に対して実行する計算の種類を指定します。 リストとライブラリでは、算術演算子、比較演算子、テキスト演算子の 3 種類がサポートされています。

算術演算子

次の算術演算子を使用して、加算、減算、乗算などの基本的な算術演算を実行します。数値を組み合わせるには、またはを選択して、数値の結果を生成します。

算術演算子

意味 (例)

+ (正符号)

追加 (3+3)

- (負符号)

減算 (3 – 1)
否定 (–1)

* (アスタリスク)

乗算 (3*3)

/ (スラッシュ)

除算 (3/3)

% (パーセント記号)

パーセント (20%)

^ (キャレット)

指数 (3^2)

比較演算子

2 つの値を比較する場合は、次の比較演算子を使います。 これらの演算子を使用して 2 つの値を比較すると、結果は Yes または No の論理値になります。

比較演算子

意味 (例)

= (等号)

等しい (A=B)

> (大なり記号)

より大きい (A>B)

< (小なり記号)

より小さい (A<B)

>= (より大か等しい記号)

以上 (A>=B)

<= (より小か等しい記号)

以下 (A<=B)

<> (不等号)

等しくない (A<>B)

文字列演算子

アンパサンド (&) を使用して、1 つ以上のテキスト文字列を結合または連結して、1 つのテキストを生成します。

文字列演算子

意味 (例)

& (アンパサンド)

2 つの値を接続または連結して、1 つの連続するテキスト値 ("North"&"wind") を生成します。

リストまたはライブラリが数式で操作を実行する順序

数式では、特定の順序で値が計算されます。 数式は等号 (=) で始まる場合があります。 等号に続く要素は、計算演算子で区切られた計算される要素 (オペランド) です。 リストとライブラリは、数式内の各演算子の特定の順序に従って、左から右に数式を計算します。

演算子の優先順位

1 つの数式で複数の演算子を組み合わせると、リストとライブラリは次の表に示す順序で操作を実行します。 数式に同じ優先順位の演算子が含まれている場合 (たとえば、数式に乗算演算子と除算演算子の両方が含まれている場合)、リストとライブラリは演算子を左から右に評価します。

演算子

説明

負の値 (-1 など)

%

パーセンテージ

^

累乗

* および /

乗算または除算

+ または -

加算または減算

&

連結 (2 つの文字列を連結)

= < > <= >= <>

比較

かっこの使用

評価の順序を変更するには、最初に計算する数式の部分をかっこで囲む必要があります。 たとえば、リストまたはライブラリが加算前に乗算を計算する場合、次の数式では 11 が生成されます。 つまり、この数式ではまず 2 と 3 が乗算され、その結果に 5 が加算されます。

=5+2*3

一方、かっこを使用して構文を変更すると、リストまたはライブラリは 5 と 2 を加算し、結果を 3 で乗算して 21 を生成します。

=(5+2)*3

次の例では、数式の最初の部分を囲むかっこを使用して、リストまたはライブラリで [Cost]+25 を最初に計算し、その結果を EC1 列と EC2 列の値の合計で除算します。

=([Cost]+25)/SUM([EC1]+[EC2])

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×