"2,347 ユニットの販売" など、数式にテキストを含め、データを理解しやすくしたいとよく聞きます。 関数と数式にテキストを含めるには、文字列を二重引用符 ("") で囲む必要があります。 引用符は、Excelを扱っている文字列を示し、テキストによって、数字、スペース、句読点を含む任意の文字を意味します。 例を示します。

=A2&" は"&B2&" ユニットを販売しました。

この例では、列 A のセルに名前が含まれているふりをし、列 B のセルに販売番号が含まれているふりをします。 結果は次のようなものになります 。Buchanan は 234 ユニットを販売しました

数式では、アンパサンド (&) を使用して、列 A と B の値とテキストを組み合わせます。 また、引用符がセル B2 を囲む方法にも注意してください。 セルの前と後に表示されるテキストを囲む。

ワークシートに日付を追加する一般的なタスクのもう 1 つの例を次に示します。 TEXT 関数とTODAY 関数を使用して、「今日は金曜日、1 月 20 日」などのフレーズを作成します。

="Today is " & TEXT(TODAY(),"dddd, mmmm dd.")

この機能を内側から見て見てみよ。 TODAY 関数は今日の日付を計算しますが、40679 などの数値が表示されます。 次に 、TEXT 関数は数値を読み取り可能な日付に変換し、最初に数値をテキストに変更し、"dddd, mmmm dd" を使用して日付の表示方法を制御します。--"1 月 20 日金曜日" 。

"ddd、mmmm dd" の日付形式を二重引用符で囲み、形式でコンマとスペースを使用する方法に注意してください。 通常、数式ではコンマを使用して引数 (データの一部) を区切り、実行する必要があります。 ただし、コンマをテキストとして扱う場合は、必要に応じていつでも使用できます。

最後に、数式では、書式付&を "Today is " という単語と組み合わせて使用します。 はい、"is" の後にスペースを置きます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×