新しい Outlook for Mac で検索する

Outlook for Mac では、ページの上部にある検索バーを使用して、メールメッセージや連絡先を検索することができます。

メールボックスから検索を使用する場合、結果にはメッセージ、連絡先、ファイルが含まれます。

メールメッセージ、連絡先、またはファイルを検索する

  1. Outlook の上部にある 検索 ボックスに、検索対象 (連絡先、件名、メッセージの一部、またはファイルの名前) を入力します。

    Outlook for Mac の検索バー。

  2. 検索が完了したら、検索ボックスで [検索 検索の終了アイコン。終了 ] を選択するか、ナビゲーションウィンドウで任意のフォルダーを選択して検索を終了します。

    検索バーから終了します。

フィルターを使用して検索を絞り込む

検索フィルターを使用すると、フォルダー、差出人、宛先、件名、キーワード、日付の範囲、添付ファイルなどのオプションを使用して、検索を絞り込むことができます。 検索フィルターを使用するには、検索ボックスの末尾にある [ フィルター Outlook Mac のフィルターアイコン。 ] を選択します。

検索用の [フィルター] メニュー。

高度なクエリ検索を使用して結果を絞り込む

検索結果を絞り込むには、高度なクエリ検索 (AQS) を使います。 検索ボックスに、以下の表にある AQS キーワードを入力し、その後にコロン、検索対象の順で入力します。 たとえば、"レポート" を含む件名のメッセージを検索するには、検索ボックスに「件名: レポート」と入力します。

AQS キーワード

説明

使用例

From

"差出人" フィールドを検索します。

From:JerriFrye

To

"宛先" フィールドを検索します。

To:JerriFrye

Cc

"CC" フィールドを検索します。

Cc:JerriFrye

Bcc

"BCC" フィールドを検索します。

Bcc:JerriFrye

Participants

"宛先"、"CC"、"BCC" フィールドを検索します。

Participants:JerriFrye

Subject

件名を検索します。

Subject:レポート

Body or Content

メッセージの本文を検索します。

Body:レポート

Sent

送信日を検索します。 特定の日付を検索したり、2 つのピリオド (..) で区切って日付の範囲を検索したりすることができます。 また当日、明日、昨日、今週、翌月、先週、先月など、相対的な日付も検索できます。 さらに曜日や月を検索できます。

重要: 日付検索は、月/日/年の形式 (MM/DD/YYYY) で入力する必要があります。

Sent:2017/01/01

Received

受信日を検索します。 "送信日時" と同じ検索語句を使用できます。

Received:2017/01/01

Category

"分類項目" を検索します。

Category:レポート

HasAttachment:yes

HasAttachment:yes の検索は、ファイルが添付されたメールのみが返されます。

検索したいメールをさらに詳細に指定するには、メールからの単語または名前と検索キーワードを組み合わせて使用します。 たとえば、青 hasattachment:yes の場合は、添付ファイルが存在し、かつ "青" という単語が含まれるメールのみを返します。

レポート HasAttachment:yes

HasAttachment:no

HasAttachment:no の検索は、ファイルが添付されていないメールのみが返されます。

レポート HasAttachment:no

IsFlagged:yes

IsFlagged:yes の検索は、フラグが付けられたメールのみが返されます。

レポート IsFlagged:yes

IsFlagged:no

IsFlagged:no の検索は、フラグが付けられていないメールのみが返されます。

レポート IsFlagged:no

AQS と使うと、複数の検索語句 (どちらかの語句、すべての語句、正確な語句) で検索できます。

  • Subject:製品 計画」では、件名に「製品」または「計画」が含まれるすべてのメッセージが検索されます。

  • Subject:(製品 計画)」では、件名に「製品」と「計画」の両方が含まれるすべてのメッセージが検索されます。

  • Subject:"製品計画"」では、件名に「製品計画」が含まれるすべてのメッセージが検索されます。

また、AND または OR を使って複数の検索用語を検索することもできます。 たとえば、Jerri からのメッセージを検索するには、[検索] ボックスに JERRI と subject: レポートの 順に入力します。

検索のヒントとテクニック

以下のヒントやテクニックを利用すれば、さらに正確に検索を定義できます。

  • キーワード検索では大文字と小文字は区別されません。 たとえば、catCAT は同じ結果を返します。

  • property:value 式で検索するときは、コロンの後にスペースを挿入しないでください。 スペースがあると、意図した値がフルテキスト検索になってしまいます。 たとえば、to:JerriFrye の場合、JerriFrye に送信されたメッセージが検索されるのではなく、"JerriFrye" をキーワードとして検索します。 JerriFrye に送信されたメッセージを検索するには、to:JerriFrye と入力します。

  • 2 つのキーワードまたは 2 つの property:value 式の間のスペースは、AND を使用する場合と同じです。 たとえば、from:"Jerri Frye"subject:reorganization は、件名に reorganization という単語が含まれる Jerri Frye によって送信されたすべてのメッセージを返します。

  • 受信者のプロパティ (To、From、Cc、Recipients など) を検索する際に、SMTP アドレス、エイリアス、または表示名を使用して受信者を示すことができます。 たとえば、JerriFrye@contoso.comJerriFrye、または "JerriFrye" を使用することができます。

  • サフィックス ワイルドカード検索 (cat* または set* など) のみが使用できます。 プレフィックス ワイルドカード検索 (*cat) または部分文字列ワイルドカード検索 (*cat*) はサポートされていません。

  • プロパティを検索する際に、検索値が複数の単語で構成されている場合は、二重引用符 (" ") を使用します。 たとえば、subject:budget Q1 は、件名行に budget が含まれ、メッセージまたはメッセージ プロパティに Q1 が含まれているメッセージを返します。 subject:"budget Q1" を使用すると、件名行に budget Q1 を含むすべてのメッセージが返されます。

  • 検索結果から特定のプロパティ値でマークされたコンテンツを除外するには、プロパティ名の前に負符号 (-) を配置します。 たとえば、-from:"Jerri Frye" は、Jerri Frye から送信されたメッセージを除外します。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×