1 つの条件 (等しい、より大きい、より小さい、以上、以下など) を満たす数値または日付をカウントするには 、COUNTIF 関数を使用します。 範囲内の数値または日付をカウントするには (9000 より大きく、同時に 22500 未満など )、COUNTIFS 関数を使用できます。 または、SUMPRODUCT も使用できます。

注: これらの例をシートにコピーする場所と方法に基づいて、ここで説明するセル数式の参照を調整Excelがあります。

1

A

B

2

販売員

販売契約高

3

吉田

15,000

4

吉田

9,000

5

須山

8,000

6

Suyma

20,000

7

吉田

5,000

8

川本

22,500

9

数式

説明 (計算結果)

10

=COUNTIF(B2:B7,">9000")

COUNTIF 関数は、範囲 B2:B7 の 9000 を超える数値を含むセルの数をカウントします (4)

11

=COUNTIF(B2:B7,"<=9000")

COUNTIF 関数は、9000 未満の数値を含むセル範囲 B2:B7 のセル数をカウントします (4)

12

=COUNTIFS(B2:B7,">=9000",B2:B7,"<=22500")

COUNTIFS 関数 (Excel 2007 以降で使用可能) は、範囲 B2:B7 内のセルの数が 9,000 以上 2,2500 以下のセル数をカウントします (4)

13

=SUMPRODUCT((B2:B7>=9000)*(B2:B7<=22500))

SUMPRODUCT 関数は、9000 以上 22500 以下の数値を含むセル範囲 B2:B7 のセル数をカウントします (4)。 この関数は、COUNTIFS Excel 2003 以前のバージョンで使用できます。

14

日付

15

3/11/2011

16

2010/01/01

17

12/31/2010

18

6/30/2010

19

数式

説明 (計算結果)

20

=COUNTIF(B14:B17,">3/1/2010")

データが 2010 年 3 月 1 日より大きいセル範囲 B14:B17 のセル数をカウントします (3)

21

=COUNTIF(B14:B17,"12/31/2010")

範囲 B14:B17 のセル数を 2010/12/31 と等しくカウントします (1)。 等号は条件に必要ではないので、ここには含まれません (数式を含める場合は等号で動作します ("=12/31/2010")。

22

=COUNTIFS(B14:B17,">=1/1/2010",B14:B17,"<=12/31/2010")

2010 年 1 月 1 日から 2010 年 12 月 31 日 (3) の範囲 B14:B17 のセル数をカウントします。

23

=SUMPRODUCT((B14:B17>=DATEVALUE("1/1/2010"))*(B14:B17<=DATEVALUE("12/31/2010")))

2010 年 1 月 1 日から 2010 年 12 月 31 日 (3) の範囲 B14:B17 のセル数をカウントします。 この例は、2007 年に導入された COUNTIFS 関数に代わるExcelです。 DATEVALUE 関数は日付を数値に変換し、SUMPRODUCT 関数で使用できます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×