Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

[状態] オプションを使用して、連絡先が Lync 2010 通信ソフトウェアMicrosoft状態を表示する方法を指定します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

[状態] オプションを開く

Lync のメイン ウィンドウから、次の 2 つの方法のいずれかで [状態] オプションを開くことができます。

  • [ オプション ] ボタンをクリックし、[ 状態] をクリックします。

  • [オプション] ボタンの横にある [メニューの表示] 矢印をクリックし、[ツール]、[オプション] の順にクリックし、[状態] をクリックします。

ページの先頭へ

非アクティブ状態と離席状態の変更のオプションを設定する

コンピューターで非アクティブになっていると、Lync 2010 によって状態が自動的に変更されます。 指定した期間、コンピューターでマウスまたはキーボードの操作を行っていない場合は、黄色の状態インジケーターと "非アクティブ" という単語が表示されます。 非アクティブの状態が一定期間続くと、引き続き黄色の状態インジケーターが表示されるほか、「退席中」という語が表示されます。 これらのオプションの既定の期間は 5 分ですが、5 分より長い期間を指定することもできます。

  1. [状態] オプションを開き、[コンピューターがアイドル状態のとき [非アクティブ] に変更するまでの時間 (分)] の横にある上または下向き矢印をクリックして、Lync が状態を [非アクティブ] に変更するまでに待機する時間を指定します。 入力できる最大の時間間隔は 360 分です。

  2. [この 数分間、状態が非アクティブになっている場合は退席中として表示する] の横にある上矢印または下矢印をクリックして、Lync が状態を [退席中] に変更するまでに待機する時間を指定します。 入力できる最大の時間間隔は 360 分です。

ページの先頭へ

プレゼンス状態を表示できるユーザーを指定する

既定では、プレゼンス状態は、「禁止された連絡先」を除くすべてのユーザーに表示されます。 これを変更するには、[状態] オプションを開き、次のいずれかのオプションを選択します。

  • [システムの設定にかかわらず、全員にプレゼンスを表示する (既定の設定よりも優先)]

  • システム管理者に決定して欲しい-現在、誰もが自分の存在を見ることができるが、これは将来変更される可能性がある

組織が Lync でプライバシー モードを有効にしている場合があります。 その場合は、前述のオプションでなく以下のオプションが表示されます。 これらのオプションは、連絡先リストに追加したユーザーのみにプレゼンス情報の表示を制限するかどうかを選択するのに使用できます。

  • [自分のプレゼンスを全員に表示する]

  • [連絡先の人のみにプレゼンスを表示する]

注:  Lync のプレゼンス状態は事前に設定され、カスタマイズまたは追加はできません。 現在どこにいて、何をしているかについて、連絡先により詳細な情報を伝えたい場合は、Lync メイン ウィンドウの上部にある個人的メモに書き込むことができます。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×