実行合計を使用すると、セル内のアイテムの値が合計され、時間のと一度に新しいアイテムと値を入力するのを確認できます。 累計を計算するには、次の手順に従います。

  1. 次の例のようにワークシートを設定します。

    使用例を新規のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

    使用例をコピーする方法

    1. 新しいブックまたはワークシートを作成します。

    2. ヘルプ トピックから使用例を選びます。

      注: 行見出しまたは列見出しは選ばないでください。

      サンプル データを選ぶ

    3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

    4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

    5. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、[数式] タブの [ワークシート分析] で [数式の表示] をクリックします。

      A

      B

      C

      D

      E

      1

      日付

      Product

      Quantity

      数式

      実行中の合計

      2

      1 月 2 日~ 1 月

      ビーチのおもちゃ

      5

      =SUM($C$2:$C 2)

      5

      3

      1 月 2 日~ 1 月

      Sunglasses

      3

      =SUM($C$2:$C 3)

      8

      4

      1 月 3 日

      ビーチのおもちゃ

      9

      =SUM($C$2:$C 4)

      17

      5

      1 月 3 日

      Sunglasses

      8

      =SUM($C$2:$C 5)

      25

      6

      1 月 3 日

      スウィング セット

      1

      =SUM($C$2:$C 6)

      26

      7

      1 月 4 日~ 1 月

      ビーチのおもちゃ

      6

      =SUM($C$2:$C 7)

      32

      8

      1 月 4 日~ 1 月

      Sunglasses

      4

      =SUM($C$2:$C 8)

      36

      9

      1 月 5 日

      ビーチのおもちゃ

      11

      =SUM($C$2:$C 9)

      47

      10

      1 月 5 日

      サンドボックス

      1

      =SUM($C$2:$C 10)

      48

      11

      1 月 5 日

      Sunglasses

      5

      =SUM($C$2:$C 11)

      53

      12

      1 月 5 日

      スウィング セット

      2

      =SUM($C$2:$C 12)

      55

      列 D の数式を詳しく見ていると、範囲の最初の部分が絶対参照 (列と行の両方の前に $ 記号が付く) で、範囲の 2 番目の部分が混合参照である (列の前に $ 記号だけが付く) という結果が表示されます。 この方法で数式を入力すると、隣接する行にコピーするときに、数式を実行合計として機能できます。

  2. 累計を維持するには、新しいエントリごとに行を追加し、列 D からその行に数式をコピーします。

    各行に数式を手動で入力またはコピーする必要はありません。 たとえば、セル D2 に数式を入力できます。 次に、フィル ハンドルをセル D13 にドラッグして、データを含む他の行に数式をコピーします。

注: 実行合計は実行中の残高とは異なります。この場合、新しいエントリが追加されるにつれて、値の合計の増加または縮小 (チェックブック レジスタなど) が表示されます。

  1. 次の例のようにワークシートを設定します。

    使用例を新規のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

    使用例をコピーする方法

    1. 新しいブックまたはワークシートを作成します。

    2. ヘルプ トピックから使用例を選びます。

      注: 行見出しまたは列見出しは選ばないでください。

      サンプル データを選ぶ

    3. キーを押 コマンド+ C キーを押します。

    4. ワークシートでセル A1 を選択し、+ V キーを押 コマンド押します。

    5. 結果の表示と結果を返す数式の表示を切り替えるには、CONTROL キーを押しながら' キー (アクセント記号)を押します。または、[数式] タブの [数式の監査] グループで、[数式の表示] ボタンをクリックします。

      A

      B

      C

      D

      E

      1

      日付

      Product

      Quantity

      数式

      実行中の合計

      2

      1 月 2 日~ 1 月

      ビーチのおもちゃ

      5

      =SUM($C$2:$C 2)

      5

      3

      1 月 2 日~ 1 月

      Sunglasses

      3

      =SUM($C$2:$C 3)

      8

      4

      1 月 3 日

      ビーチのおもちゃ

      9

      =SUM($C$2:$C 4)

      17

      5

      1 月 3 日

      Sunglasses

      8

      =SUM($C$2:$C 5)

      25

      6

      1 月 3 日

      スウィング セット

      1

      =SUM($C$2:$C 6)

      26

      7

      1 月 4 日~ 1 月

      ビーチのおもちゃ

      6

      =SUM($C$2:$C 7)

      32

      8

      1 月 4 日~ 1 月

      Sunglasses

      4

      =SUM($C$2:$C 8)

      36

      9

      1 月 5 日

      ビーチのおもちゃ

      11

      =SUM($C$2:$C 9)

      47

      10

      1 月 5 日

      サンドボックス

      1

      =SUM($C$2:$C 10)

      48

      11

      1 月 5 日

      Sunglasses

      5

      =SUM($C$2:$C 11)

      53

      12

      1 月 5 日

      スウィング セット

      2

      =SUM($C$2:$C 12)

      55

      列 D の数式を詳しく見ていると、範囲の最初の部分が絶対参照 (列と行の両方の前に $ 記号が付く) で、範囲の 2 番目の部分が混合参照である (列の前に $ 記号だけが付く) という結果が表示されます。 この方法で数式を入力すると、隣接する行にコピーするときに、数式を実行合計として機能できます。

  2. 累計を維持するには、新しいエントリごとに行を追加し、列 D からその行に数式をコピーします。

    各行に数式を手動で入力またはコピーする必要はありません。 たとえば、セル D2 に数式を入力できます。 次に、フィル ハンドルをセル D13 にドラッグして、データを含む他の行に数式をコピーします。

注: 実行合計は実行中の残高とは異なります。この場合、新しいエントリが追加されるにつれて、値の合計の増加または縮小 (チェックブック レジスタなど) が表示されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×