既定では、セル参照は相対参照です。つまり、参照はセルの場所を基準にしています。 たとえば、セル C2 からセル A2 を参照する場合、実際には同じ行 (2) の左側の 2 列 (C から A を引いた列) のセルを参照します。 相対セル参照を含む数式をコピーすると、数式内の参照が変更されます。

たとえば、セル D4 から D5 に数式 =B4*C4をコピーすると、D5 の数式は 1 列右に調整され 、=B5*C5になります。 この例で元のセル参照をコピーするときに保持する場合は、列 (B と C) と行 (2) の前にドル記号($)を付け、セル参照を絶対値にします。 次に 、D4 から D5 に数式 =$B$4*$C$4をコピーすると、数式はまったく同じままです。

相対セル参照

列または行の値の前にドル記号を付け、列または行 ($B 4 や C$4 など) を修正することで、絶対セル参照と相対セル参照を混在する場合があります。

セル参照の種類を変更するには:

  1. 数式が入力されているセルを選択します。

  2. 数式バー ボタンの画像 で、変更する参照を選びます。

  3. F4 キーを押して、参照の種類を切り替えます。

    次の表は、参照を含む数式が 2 つのセルを下にコピーし、右側に 2 つのセルをコピーした場合の参照の種類の更新方法をまとめたものです。

コピーする数式

参照の種類

変更後

A1 の数式を 2 つ下のセルから右に 2 つ目のセルにコピーする

$A$1 (絶対参照列と絶対参照行)

$A$1 (絶対参照)

A$1 (相対参照列と絶対参照行)

C$1 (複合参照)

$A1 (絶対参照列と相対参照行)

$A3 (複合参照)

A1 (相対参照列と相対参照行)

C3 (相対参照)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×