連続データを予測する

来年の経費を予測する必要がある場合でも、科学実験で一連の予想される結果を予測する必要がある場合でも、Microsoft Office Excel を使用して、既存のデータに基づく将来の値を自動的に生成したり、線形傾向や増加傾向の計算に基づいて余分な値を自動的に生成することができます。

[系列] または [系列] コマンドを使用して、単純な線形傾向または指数増加傾向に適合する一連 フィル ハンドル 値 を入力 できます。 複雑な非線形データを拡張するには、分析ツール アドインでワークシート関数 回帰分析 ツールを使用できます。

線形系列では、ステップ値、または系列の最初の値と次の値の差が開始値に追加され、後続の各値に追加されます。

選択セルの値

拡張線形系列

1、2

3, 4, 5

1, 3

5, 7, 9

100, 95

90, 85

線形最適傾向の系列を入力するには、次の操作を行います。

  1. 近似曲線の傾向を示す初期値が入力されている 2 つ以上のセルを選びます。

    傾向系列の精度を高めるには、追加の開始値を選択します。

  2. フィル ハンドルを、値の増加または値の減少に合った方向にドラッグします。

    たとえば、セル C1:E1 で選択した開始値が 3、5、8 の場合は、右にフィル ハンドルをドラッグして増加傾向値を入力するか、左にドラッグして減少値を入力します。

ヒント: シリーズの作成方法を手動で制御したり、キーボードを使用して系列を入力したりするには、[系列] コマンド([ホーム] タブの [編集] グループ、[塗りつぶし] ボタン)をクリックします。

増加系列では、開始値にステップ値を乗算して、系列の次の値を取得します。 その後、結果の製品と後続の各製品にステップ値が乗算されます。

選択セルの値

拡張された成長シリーズ

1、2

4, 8, 16

1, 3

9, 27, 81

2, 3

4.5, 6.75, 10.125

増加傾向の系列を入力するには、次の操作を行います。

  1. 近似曲線の傾向を示す初期値が入力されている 2 つ以上のセルを選びます。

    傾向系列の精度を高めるには、追加の開始値を選択します。

  2. マウスの右ボタンを押しながら、値の増加または値の減少を入力する方向にフィル ハンドルをドラッグし、マウス ボタンを離し、 ショートカット メニューの [増加傾向] をクリックします。

たとえば、セル C1:E1 で選択した開始値が 3、5、8 の場合は、右にフィル ハンドルをドラッグして増加傾向値を入力するか、左にドラッグして減少値を入力します。

ヒント: シリーズの作成方法を手動で制御したり、キーボードを使用して系列を入力したりするには、[系列] コマンド([ホーム] タブの [編集] グループ、[塗りつぶし] ボタン)をクリックします。

[系列] コマンドをクリック すると、線形傾向または増加傾向の作成方法を手動で制御し、キーボードを使用して値を入力できます。

  • 線形系列では、最小二乗アルゴリズム (y=mx+b) に開始値が適用され、系列が生成されます。

  • 増加系列では、指数曲線アルゴリズム (y=b*m^x) に開始値が適用され、系列が生成されます。

いずれの場合も、ステップ値は無視されます。 作成される系列は、TREND 関数または GROWTH 関数によって返される値と同等です。

値を手動で入力するには、次の操作を行います。

  1. 系列を開始するセルを選択します。 セルには、系列の最初の値が含まれている必要があります。

    [系列] コマンド をクリックすると 、結果の系列によって、選択した元の値が置き換まれます。 元の値を保存する場合は、別の行または列にコピーし、コピーした値を選択して系列を作成します。

  2. [ホーム] タブの [編集] で [フィル] をクリックし、[連続データの作成] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • ワークシートの下に系列を入力するには、[列] を クリックします

    • ワークシート全体の系列を入力するには、[行] を クリックします

  4. [ステップ 値] ボックス に、系列を増やす値を入力します。

系列の種類

ステップ値の結果

線形

ステップ値が最初の開始値に追加され、後続の各値に追加されます。

乗算

最初の開始値にステップ値を乗算します。 その後、結果の製品と後続の各製品にステップ値が乗算されます。

  1. [種類 ] で、[線形] または [増加]をクリックします

  2. [停止 値] ボックス に、系列を停止する値を入力します。

注: 系列に開始値が複数ある場合に、Excelを生成する場合は、[傾向]チェック ボックスをオンにします。

傾向を予測する既存のデータがある場合は、グラフに 近似曲線 を作成できます。 たとえば、Excel のグラフに 1 年の最初の数か月間の売上データが表示されている場合は、売上の一般的な傾向 (増加または減少またはフラット) を示すグラフ、または数か月先の傾向を示す傾向線をグラフに追加できます。

この手順では、既存のデータに基づくグラフを既に作成済みである必要があります。 作成していない場合は、「グラフを作成する 」を参照してください。

  1. グラフをクリックします。

  2. 追加する データ系列 をクリックするか、 をクリック 近似曲線 クリック 移動平均。

  3. [レイアウト] タブの[分析]グループで [傾向線] をクリックし、回帰の傾向線または移動平均の種類をクリックします。

  4. オプションを設定し、回帰の傾向線または移動平均を書式設定するには、その傾向線を右クリックし、ショートカット メニューの [傾向線の書式設定] をクリックします。

  5. 目的の傾向線のオプション、線、効果を選択します。

    • [多項式] を選択した場合は、[順序] ボックスに、独立変数の最大電力を入力します。

    • [移動平均]を選択した場合は、[期間] ボックスに、移動平均の計算に使用する期間の数を入力します。

注: 

  • [ 系列に基づく] ボックスには、傾向線をサポートするグラフ内のすべてのデータ系列が一覧表示されます。 別の系列に傾向線を追加するには、ボックス内の名前をクリックし、目的のオプションを選択します。

  • 移動平均を散布図に追加する場合、移動平均はグラフで x の値をプロットする順序に基づいて計算されます。 必要な結果を得る場合は、移動平均を追加する前に x 値を並べ替える必要があります。

重要: Excel バージョン 2005 から、Excel は、傾向線切片がゼロ (0) に設定されているグラフ上の線形傾向線のR2値を計算する方法を調整しました。 この調整は、正しくない R2値を生成した計算を修正し 、R2 の計算を LINEST 関数に合わせて調整します。 その結果、以前のバージョンで以前に作成されたグラフに異なるR2値が表示Excelがあります。 詳細については、「グラフ内の線形傾向線の内部計算に対する変更」を参照してください。 

残差の計算やプロットなど、より複雑な回帰分析を実行する必要がある場合は、分析ツール アドインで回帰分析ツールを使用できます。 詳細については、「分析ツールの 読み込み」を参照してください

この Web 用 Excel、ワークシート関数を使用して系列内の値を投影したり、フィル ハンドルをクリックしてドラッグして数値の線形傾向を作成したりすることもできます。 ただし、フィル ハンドルを使用して増加傾向を作成できない。

フィル ハンドルを使用して、次の方法で数値の線形傾向を作成 Web 用 Excel。

  1. 近似曲線の傾向を示す初期値が入力されている 2 つ以上のセルを選びます。

    傾向系列の精度を高めるには、追加の開始値を選択します。

  2. フィル ハンドルを、値の増加または値の減少に合った方向にドラッグします。

    線形連続データを入力する

FORECAST 関数の使用    FORECAST 関数は、既存の値を使用して将来の値を計算または予測します。 予測する値は、指定した x の値に対する y の値です。 既存の x と既存の y から得られる回帰直線上で、x の値に対する従属変数 (y) の値を予測します。 この関数を使用すると、将来の売上、在庫要件、消費者の傾向を予測できます。

TREND 関数または GROWTH 関数の使用    TREND 関数と GROWTH 関数は、既存のデータに最も近い直線または指数曲線を拡張する将来の y値を引き出す可能性があります。 また、最適な線または曲線の既知のx値に基づくy値のみを返す場合があります。 既存のデータを記述する線または曲線をプロットするには、TREND 関数または GROWTH 関数によって返される既存の x-values と y-values を使用します。

LINEST 関数または LOGEST 関数の使用    LINEST 関数または LOGEST 関数を使用して、既存のデータから直線または指数曲線を計算できます。 LINEST 関数と LOGEST 関数は、最適な直線の傾きや切片など、さまざまな回帰統計を返します。

次の表に、これらのワークシート関数の詳細へのリンクを示します。

関数

説明

予測

Project値

TREND

Project直線に合う値を指定する

成長

Project曲線に適合する値を指定する

LINEST

既存のデータから直線を計算する

LOGEST

既存のデータから指数曲線を計算する

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×