[コスト差異] 割り当てフィールドには、タスク、リソース、 基準コスト 割り当 費用合計 の差異が表示されます。 合計コストは、実績コストと残存コストに基づく現在のコストの見積もりです。

[コスト差異] フィールドには、いくつかのカテゴリがあります。

データ型    通貨

[コスト差異] (タスク フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    Microsoft Office Project、コスト差異を次のように計算します。

[コスト差異] = [コスト] - [基準コスト]

使用のポイント    タスクの予算内に入っているかどうかを確認する場合は、[コスト差異] フィールドをタスク シートに追加します。 プロジェクト中に、このフィールドを使用して、現在の予算のパフォーマンスを評価します。 プロジェクトの最後に、このフィールドを使用して、コスト分析と将来のプロジェクト計画に役立ちます。

使用例    タスクの基準コストは 500 ドルです。これは、最初は 1 時間あたり 50 ドルのリソースが完了するには 10 時間かかると見積もっていたためです。 リソースがタスクの完了に 5 時間しかかからない場合、基準コストは $500 で、コストは $250 に更新されます。 したがって、コスト差異は -$250 と表示され、タスクの予算が $250 であることを示します。

解説    コスト差異が負の値の場合、タスクのコストは現在、予算 (基準計画) の金額の下に置かされます。 コスト差異が正の場合、タスクのコストは現在予算を超えです。 タスクが完了すると、このフィールドには基準コストと実績コストの差が表示されます。

[コスト差異] (リソース フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    Microsoft Office Project、コスト差異を次のように計算します。

[コスト差異] = [コスト] - [基準コスト]

使用のポイント    リソースの予算内にあるか、予算内に入っているのかを確認する場合は、[コスト差異] フィールドをリソース ビューに追加します。 プロジェクト中に、このフィールドを使用して、現在の予算のパフォーマンスを評価します。 プロジェクトの最後に、このフィールドを使用して、コスト分析と将来のプロジェクト計画に役立ちます。

使用例    リソースの基準コストは 5,000 ドルで、コスト (総コスト) は $4,500 です。 コスト差異は -$500 です。つまり、予算が $500 です。

解説    コスト差異が負の値の場合、リソースのコストは現在、予算 (基準計画) の金額の下になります。 コスト差異が正の場合、リソースのコストは現在、予算を超えです。

[コスト差異] (割り当てフィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    Microsoft Office Project、コスト差異を次のように計算します。

[コスト差異] = [コスト] - [基準コスト]

使用のポイント    割り当ての予算内に入っているかどうかを確認する場合は、[タスクの使用状況] ビューまたは [リソース使用状況] ビューのシート部分に [コスト差異] フィールドを追加します。 プロジェクト中に、このフィールドを使用して、現在の予算のパフォーマンスを評価します。 プロジェクトの最後に、このフィールドを使用して、コスト分析と将来のプロジェクト計画に役立ちます。

使用例    割り当ての基準コストが $500 で、コスト (総コスト) が $400 の場合、コスト差異は -$100 です。つまり、予算が $100 です。

解説    コスト差異が負の値の場合、割り当てのコストは現在、予算 (基準計画) の金額の下に置かされます。 コスト差異が正の場合、割り当てのコストは現在、予算を超えです。 割り当てが完了すると、このフィールドには基準コストと実績コストの差が表示されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×