Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

[WBS コード定義]ダイアログ ボックスを使用して、コード形式の統一された WBS 、またはマスクを行います。 WBS コードは一般的に一意です。つまり、各タスクには個別の WBS コードがあります。 [WBS] フィールドの使用は、会社がプロジェクト管理に特定の WBS コード システムを使用している場合に最も役立ちます。 次の操作を実行できます。

  • WBS コードの順序、長さ、区切り記号など、WBS コード形式を定義します。

  • プロジェクトの階層構造内でのタスクの位置を表します。

  • プロジェクトの表示方法に適した特定の形式を適用します。

ダイアログ ボックスの場所

このダイアログ ボックスを開く場合は、任意のタスクビューの [Project] メニューで[WBS]をポイントし、[コードの定義] をクリックします

詳細

WBS コードのプレビューとプレフィックス

コード プレビュー     指定したオプションを含むサンプル WBS コードを表示します。

Project コード プレフィックス     アクティブなプロジェクトの各タスクの WBS コードの前に追加されるプレフィックスを定義します。

[コード マスク] テーブル

WBS 番号を定義するには、コード マスク テーブルを使用します。 定義する WBS レベルごとに異なる行を入力します。 シーケンスの各レベルは、完全な WBS コード マスクを作成するために、互いに基になります。

レベル    定義されている WBS コード マスクに対応するアウトライン レベルを示します。 このフィールドは、追加のコード マスクを入力すると自動的にインクリメントされます。

シーケンス    コード マスクの文字の種類を入力します。 選択肢は、数字 (順序付き)大文字 (順序付き)、小文字 (順序付き)、および文字 (順序なし) です。

長さ     このレベルの WBS コードに必要な長さを表す数値を入力します。 WBS コード の長さを指定できる場合は、[任意] をクリックします。 WBS コード全体の最大長は 255 文字です。

区切り記号     WBS コード レベルを分離する文字を入力します。 既定の区切り文字はピリオドです。

チェック ボックス

新しいタスクの WBS コードを生成する     新しいタスクMicrosoft Office Project WBS コードを生成する方法を指定します。

新しい WBS 番号の一意性を確認する     タスクの WBS コードを編集するときに一意性を適用します。 プロジェクトで既に使用されている WBS コードを入力すると、Project コードが重複しているというメッセージが表示されます。

注: 

  • WBS コードをタスクに割り当てるには、タスク シートで、[WBS コード] フィールドを挿入する場所の右側にあるフィールドをクリックします。 [挿入] メニューの [] をクリックします。 [フィールド名 ] ボックス、[WBS] をクリックします。 各タスクの WBS コードが、タスクのアウトライン レベルに対応して表示されます。

  • WBS コードで並べ替えを行Projectメニューの[並べ替え] をポイントし、[並べ替え]をクリックします。 [並べ替え] ボックスで、[WBS] をクリックします

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×