[割り当ての延期時間] フィールドには、割り当ての作業を開始する前にリソースが待機する時間が表示されます。 [割り当ての延期] タスクフィールドとリソース フィールドには、実際には情報は表示されません。これらは、対応する [割り当ての延期] フィールド情報を使用できるに過言です。

[割り当ての延期期間] フィールドには、複数のカテゴリがあります。

データ型    期間

[割り当ての延期期間] (タスク フィールド)

入力の種類    Null

使用のポイント    タスクの下に割り当ての遅延情報を表示する場合は、[割り当ての延期時間] タスク フィールドを [タスクの使用状況] ビューに追加します。

使用例    割り当ての遅延情報を確認しています。 [割り当ての延期時間] フィールドを [タスクの使用状況] ビューに追加します。 タスク名の横にある [割り当ての延期時間] フィールドには情報は表示されませんが、各タスク名の下の割り当て行に割り当ての遅延が表示されます。

[割り当ての延期期間] (リソース フィールド)

入力の種類    Null

使用のポイント    リソースの割り当ての遅延情報を表示する場合は、[割り当ての延期時間] リソース フィールドを [リソース使用量] ビューに追加します。

使用例    割り当ての遅延情報を確認しています。 [割り当ての延期時間] フィールドを [リソース使用量] ビューに追加します。 リソース名の横にある [割り当ての延期時間] フィールドに情報が表示されません。 ただし、割り当ての遅延は、各リソース名の下の割り当て行に表示されます。

[割り当ての延期期間] (割り当てフィールド)

入力の種類    計算または入力

計算方法    Microsoft Office Project によって、割り当ての開始日とタスクの開始日の差が計算されます。 この差が割り当ての延期期間です。

割り当ての延期期間 = 開始日 (タスク) - 開始日 (割り当て)

タスクの開始日より後の割り当ての開始日を入力すると、[割り当ての延期期間] フィールドは、割り当ての開始日とタスクの開始日の差異を反映して変更されます。

使用のポイント    タスクの開始後に割り当てを開始するには、[割り当ての延期時間] フィールドに値を入力します。 割り当ての延期時間を確認、フィルター処理、または編集する場合は、[割り当ての延期時間] フィールドを [タスクの使用状況] ビューまたは [リソース使用量] ビューに追加します。

使用例    [クライアント会議の実施] タスクは、5 日間の期間で、Sean、Chris、および Jamie に割り当てられます。 ただし、Jamie は最終日までタスクに関与する必要があります。 タスクの最終日に Jamie をスケジュールするには、Jamie の割り当ての [割り当ての延期時間] フィールド (および [作業時間] フィールドに1d) に「4d」と入力します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×