[基準作業時間] フィールド ([基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間]) には、タスク、リソース、または割り当てに対して予定されている予定時間の合計が格納されます。 [基準計画 1 作業時間] フィールドには、基準計画 1 で保存されたタスク、リソース、または割り当ての計画作業時間が格納されます。 同様に、[基準計画 2 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] フィールドには、基準計画 2 ~ 10 の予定作業時間が格納されます。 これらの時間配分形式のフィールドには、時間経過に沿って配分された値が表示されます。

[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] フィールドには、いくつかのカテゴリがあります。

データ型    期間

[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] (タスク フィールド)

入力の種類    計算または入力

計算方法    基準計画を保存するとすぐに、その時点でのタスクのスケジュールされた作業時間の合計が、タスクの対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。 使用される基準作業時間フィールド (基準計画 1 作業時間、基準計画 2 作業時間など) は、保存された基準計画 (基準計画 1、基準計画 2 など) によって異なります。

使用のポイント    複数の基準計画を保存し、基準作業時間とタスクの予定作業時間または実績作業時間を比較する場合は、[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] フィールドのいずれかをタスク ビューに追加します。 複数の基準計画を使用して、プロジェクト内の異なるポイントで保存された基準作業時間を比較できます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。 1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。 その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。 これで、基準作業時間の 3 つのセットを比較して分析する必要があります。 [基準作業時間]、[基準計画 1 作業時間]、および [基準計画 2 作業時間] フィールドをタスク シートに追加します。

解説    [基準計画作業時間] フィールドには、対応する基準計画を保存するまで 0 日が含まれます。これは、[基準計画の設定] ダイアログ ボックスでプロジェクト中に いつでも実行できます 。 目的の基準計画を選択します ([基準計画 1 見積もり期間] から [基準計画 10 見積もり期間])。 これにより、スケジュールされた [作業時間] フィールドの現在の値が、対応する [基準作業時間] フィールドにコピーされます。

基準計画を設定した後でも、基準計画の値を編集できます。 ただし、基準計画の値を編集しても、基準作業時間フィールドは再計算されません。

[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] (リソース フィールド)

入力の種類    計算または入力

計算方法    基準計画が保存され次第、その時点でのリソースのスケジュールされた作業時間の合計が、リソースの対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。

使用される基準作業時間フィールド (基準計画 1 作業時間、基準計画 2 作業時間など) は、保存された基準計画 (基準計画 1、基準計画 2 など) によって異なります。

使用のポイント    複数の基準計画を保存し、基準作業時間をリソースのスケジュールされた作業時間または実績作業時間と比較する場合は、[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] フィールドのいずれかをリソース ビューに追加します。 複数の基準計画を使用すると、プロジェクト内の異なるポイントで保存された基準作業時間を比較できます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。 1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。 その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。 これで、基準作業時間の 3 つのセットを比較して分析する必要があります。 [基準作業時間]、[基準計画 1 作業時間]、および [基準計画 2 作業時間] フィールドをリソース シートに追加します。

解説    基準作業時間フィールドには、対応する基準計画を保存するまで 0 時間が含まれます。これは、[基準計画の設定] ダイアログ ボックスでプロジェクト中に いつでも実行できます 。 目的の基準計画 ([基準計画] または [基準計画 1] ~ [基準計画 10]) を選択します。 これにより、スケジュールされた [作業時間] フィールドの現在の値が、対応する [基準作業時間] フィールドにコピーされます。

基準計画を設定した後でも、基準計画の値を編集できます。 ただし、基準計画の値を編集しても、基準作業時間フィールドは再計算されません。

[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] (割り当てフィールド)

入力の種類    計算または入力

計算方法    基準計画を保存するとすぐに、その時点での割り当てのスケジュールされた作業時間の合計が、割り当ての対応する [基準作業時間] フィールドにコピーされます。 使用される基準作業時間フィールド (基準計画 1 作業時間、基準計画 2 作業時間など) は、保存された基準計画 (基準計画 1、基準計画 2 など) によって異なります。

使用のポイント    複数の基準計画を保存し、基準作業時間を割り当てのスケジュールされた作業時間または実績作業時間と比較する場合は、[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] の割り当てフィールドのいずれかを [タスクの使用状況] ビューまたは [リソース使用状況] ビューのシート部分に追加します。 複数の基準計画を使用して、プロジェクト内の異なるポイントで保存された基準作業時間を比較できます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。 1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。 その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。 これで、基準作業時間の 3 つのセットを比較して分析する必要があります。 [基準作業時間]、[基準計画 1 作業時間]、および [基準計画 2 作業時間] フィールドを [タスクの使用状況] ビューに追加します。

解説    [基準作業時間] フィールドには、対応する基準計画を保存するまで 0 時間の作業時間が含まれます。これは、[基準計画の設定] ダイアログ ボックスでプロジェクト中に いつでも実行できます 。 目的の基準計画を選択します ([基準計画 1 見積もり期間] から [基準計画 10 見積もり期間])。 [スケジュールされた作業時間] フィールドの現在の値が、対応する [基準作業時間] フィールドにコピーされます。

基準計画を設定した後でも、基準計画の値を編集できます。 ただし、基準計画の値を編集しても、基準作業時間フィールドは再計算されません。

[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] (タイムスケール領域のタスク フィールド)

入力の種類    計算または入力

計算方法    基準計画を保存するとすぐに、その時点でのタスクのタイムスケールのスケジュールされた作業時間が、タスクの [基準作業時間] フィールドにコピーされます。 使用される基準作業時間フィールド (基準計画 1 作業時間、基準計画 2 作業時間など) は、保存された基準計画 (基準計画 1、基準計画 2 など) によって異なります。

使用のポイント    複数の基準計画を保存し、タイムスケールの基準作業時間と時間スケールのスケジュールされたタスクまたはタスクの実績作業時間を時間スケールで比較する場合は、[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] フィールドのいずれかを [タスクの使用状況] ビューのタイムスケール部分に追加します。 複数の基準計画を使用して、プロジェクト内の異なるポイントで保存された基準作業時間の値を比較することもできます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。 1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。 その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。 ここで、タイムスケールの基準作業時間の 3 つのセットを比較して分析します。 [基準作業時間]、[基準計画 1 作業時間]、および [基準計画 2 作業時間] フィールドを [タスクの使用状況] ビューに追加します。

解説    [基準計画の設定] ダイアログ ボックスでプロジェクト中にいつでも実行できる、対応する基準計画を保存するまで、基準作業時間 フィールドは空白 になります。 目的の基準計画を選択します ([基準計画 1 見積もり期間] から [基準計画 10 見積もり期間])。 これにより、スケジュールされた [作業時間] フィールドの現在の値が、対応する [基準作業時間] フィールドにコピーされます。

基準計画を設定した後でも、任意の基準値を編集できます。 ただし、基準計画の値を編集しても、基準作業時間フィールドは再計算されません。 基準作業時間の合計値に対する編集は、タイムスケールされた基準作業時間の値には影響しません。また、その逆も同様です。

[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] (タイムスケール領域のリソース フィールド)

入力の種類    計算または入力

計算方法    基準計画を保存するとすぐに、その時点でのリソースのタイムスケールのスケジュールされた作業時間が、リソースの対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。

使用される基準作業時間フィールド (基準計画 1 作業時間、基準計画 2 作業時間など) は、保存された基準計画 (基準計画 1、基準計画 2 など) によって異なります。

使用のポイント    複数の基準計画を保存し、タイムスケールの基準作業時間をリソースの予定作業時間または実績作業時間と比較する場合は、[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] フィールドのいずれかを [リソース使用率] ビューのタイムスケール部分に追加します。 複数の基準計画を使用して、プロジェクト内の異なるポイントで保存された基準作業時間の値を比較することもできます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。 1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。 その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。 ここで、タイムスケールの基準作業時間の 3 つのセットを比較して分析します。 [基準作業時間]、[基準計画 1 作業時間]、および [基準計画 2 作業時間] フィールドを [タスクの使用状況] ビューに追加します。

解説    [基準計画の設定] ダイアログ ボックスでプロジェクト中にいつでも実行できる、対応する基準計画を保存するまで、基準作業時間 フィールドは空白 になります。 目的の基準計画を選択します ([基準計画 1 見積もり期間] から [基準計画 10 見積もり期間])。 これにより、スケジュールされた [作業時間] フィールドの現在の値が、対応する [基準作業時間] フィールドにコピーされます。

基準計画を設定した後でも、任意の基準値を編集できます。 ただし、基準計画の値を編集しても、基準作業時間フィールドは再計算されません。 基準作業時間の合計値に対する編集は、タイムスケールされた基準作業時間の値には影響しません。また、その逆も同様です。

[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] (タイムスケール領域の割り当てフィールド)

入力の種類    計算または入力

計算方法    基準計画を保存するとすぐに、その時点での割り当てのタイムスケールのスケジュールされた作業時間が、割り当ての対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。 使用される基準作業時間フィールド (基準計画 1 作業時間、基準計画 2 作業時間など) は、保存された基準計画 (基準計画 1、基準計画 2 など) によって異なります。

使用のポイント    複数の基準計画を保存し、タイムスケールの基準作業時間と割り当ての予定作業時間または実績作業時間を比較する場合は、[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] フィールドのいずれかを [タスクの使用状況] ビューまたは [リソース使用状況] ビューのタイムスケールの部分に追加します。 複数の基準計画を使用して、プロジェクト内の異なるポイントで保存された基準作業時間の値を比較することもできます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。 1 か月前にプロジェクトの範囲が変更され、基準計画 1 で 2 つ目の基準計画が保存されました。 それ以降、さらに調整を行い、基準計画 2 で 3 つ目の基準計画を保存しました。 ここで、タイムスケールの基準作業時間の 3 つのセットを比較して分析します。 [基準作業時間]、[基準計画 1 作業時間]、および [基準計画 2 作業時間] フィールドを [タスクの使用状況] ビューに追加します。

解説    [基準計画の設定] ダイアログ ボックスでプロジェクト中にいつでも実行できる、対応する基準計画を保存するまで、基準作業時間 フィールドは空白 になります。 目的の基準計画を選択します ([基準計画 1 見積もり期間] から [基準計画 10 見積もり期間])。 [スケジュールされた作業時間] フィールドの現在の値が、対応する [基準作業時間] フィールドにコピーされます。

基準計画を設定した後でも、任意の基準値を編集できます。 ただし、基準計画の値を編集しても、基準作業時間フィールドは再計算されません。 基準作業時間の合計値に対する編集は、タイムスケールされた基準作業時間の値には影響しません。また、その逆も同様です。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×