Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

キーワード用語は、管理者によって定義され、検索結果を高めることができます。検索ボックス、または検索センターサイト、または高度な検索のクエリで使用できます。クエリにキーワード用語またはその類義語のいずれかが含まれている場合は、検索結果ページに最適なベットまたはビジュアルおすすめコンテンツの形式で推奨される結果が目立つように表示されます。ドキュメントプロモーションと降格を使用すると、管理者はキーワードの特定の検索結果を検索結果リストの上部または下部に移動できます。

キーワードとして検索でよく使用される用語を定義することで、サイトコレクション管理者は、組織のメンバーによって共有される "共通の知識" の一部である名前、プロセス、概念の標準的な用語集を提供できます。キーワードに類義語と関連付けられているおすすめコンテンツ、ビジュアルおすすめコンテンツ、ドキュメントプロモーション、降格を使用すると、ユーザーを推奨リソースに誘導する便利なツールにもなります。

おすすめコンテンツ、ビジュアルおすすめコンテンツ、ドキュメントプロモーション、ドキュメント降格は、定義されたユーザーコンテキストに関連付けることができます。このようなユーザーコンテキストを使うと、管理者は特定のユーザーグループに関連する結果をお勧めします。各グループのユーザーは、興味やニーズに合わせて検索を行うことができます。

FAST Search キーワードを使用すると、まずキーワードとその類義語を追加してから、おすすめコンテンツ、ビジュアルおすすめコンテンツ、ドキュメントプロモーション、または降格をキーワードに追加します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

[キーワードの管理] ページを表示する

[キーワードの追加] ページにアクセスし、キーワードと関連する検索設定を定義するには、サイトコレクション管理者がサイトコレクション内のトップレベルサイトのホームページに移動し、[サイトの操作] メニューを使用して [サイトの設定] ページを表示します。

  1. サイト コレクションの管理者の権限を使用して、トップレベル サイトのホーム ページにログオンします。

  2. [サイトの操作] メニューをクリックし、[サイトの設定] を選びます。

  3. [サイトの設定] ページの [サイトコレクションの管理] セクションで、[ FAST Search キーワード] をクリックします。[キーワードの管理] ページが表示されます。

  4. 新しいキーワードを定義して検索設定を追加するには、[キーワードの追加] をクリックし、[類義語でキーワードを追加] セクションに記載されている手順に従います。

    既存のキーワードに検索設定を追加するには、キーワードの上にカーソルを移動し、表示されるメニューを展開し、[編集] を選択して、[関連する追加] セクションの手順に従います。

[キーワードの詳細] ページから既存のキーワードに検索設定を追加することもできます。

ページの先頭へ

類義語でキーワードを追加する

キーワードは、組織内で使用される一般的な用語の定義を提供します。各キーワードエントリには、類義語の一覧を含めることもできます。類義語は、双方向の類義語または一方向の類義語として定義できます。双方向類義語を使用すると、キーワードまたは類義語のいずれかに対するクエリで、キーワードまたは類義語のいずれかを含むドキュメントが検索されます。一方向の類義語を使用すると、キーワードに対するクエリによって、キー用語と同義語のいずれかが含まれているドキュメントが検索されますが、類義語に対するクエリでは、その類義語の結果のみが表示されます。

重要: 小さな結果セットの呼び戻しを向上させるには、類義語のみを使用します。既に大規模な結果セットを持つキーワードに類義語を追加すると、結果セットの末尾に追加の結果が追加され、クエリのパフォーマンスが大幅に低下します。

注: クエリ内のキーワード用語は、キーワードまたはその類義語と正確に一致する必要があります。部分一致は動作しません。キーワードは、定義されているサイトコレクション内でのみ使用できます。検索ボックスでクエリの結果が同じサイトコレクション内の検索結果ページに送信され、最適なベット web パーツおよび/またはビジュアルおすすめコンテンツ web パーツが含まれている場合は、キーワード定義とそのおすすめコンテンツリンクとビジュアルおすすめコンテンツが表示されます。

注: 2つの異なるキーワードに同じ類義語を使用することはできません。または、既にキーワードまたは類義語として定義されているキーワードを追加することはありません。

  1. 前のセクションの手順に従って、[キーワードの管理] ページを表示します。

  2. [キーワードの追加] をクリックして、[キーワードの追加] ページを表示します。

  3. [キーワード フレーズ] ボックスに、キーワードとして定義する単語、名前、頭字語、または句を入力します。

    ヒント: 検索によく使用される用語は、よいキーワード用語になります。キーワードを定義するときは、組織内で好んで利用されるサイト、プロセス、およびツールのリストから用語を選択します。

  4. 省略可能: キーワードの類義語を指定するには、同義語ボックス、双方向類義語、または一方向類義語のいずれかで、類似する意味を持つ用語を入力します。類義語はセミコロン (";") で区切ります。

  5. 省略可能: キーワードの定義を指定するには、[キーワードの定義] ボックスに定義を入力します。キーワードをクエリで使用すると、定義はコア検索結果の上に表示されます。

  6. [ OK ] をクリックしてキーワードを保存し、[キーワードの詳細] ページに移動します。

    注: キーワードとそれに対応するおすすめコンテンツが固有のデータベース テーブルに保存され、すぐに有効になります。

ページの先頭へ

おすすめコンテンツを追加する

おすすめコンテンツは、キーワードの推奨される結果です。おすすめコンテンツは、推奨される Web サイト、データストア、ドキュメントにリンクすることができます。ユーザーがクエリにキーワードまたはその類義語の1つを含めると、検索結果ページには、関連するおすすめコンテンツへのリンクが目立つ位置に表示されます。これにより、管理者は、ユーザーが推奨される場所やページに誘導できるようになります。最適なベットは、検索結果ページに表示されている順序で示されます。

おすすめコンテンツは、1つまたは複数のユーザーコンテキストに接続できます。これは、クエリを入力したユーザーがそのユーザーコンテキスト内で定義されている場合にのみ、最適なベットが表示されることを意味します。たとえば、クエリに入力したユーザーが、自分の SharePoint ユーザープロファイルにフランスに設定されている Office の場所を持っている場合にのみ、おすすめコンテンツ A を表示します。

たとえば、給与をキーワードとして定義し、フランスの給与部門のホームページの URL をおすすめコンテンツのリンクの1つとして含めることができます。フランスの従業員が検索ボックスにキーワード用語の給与を入力すると、検索結果に給与サイトへのリンクが含まれます。

注: 複数のキーワードに最適なベットを表示したい場合は、各キーワードに最適なベットを入力する必要があります。

  1. 前のセクションの手順に従って、[キーワードの管理] ページを表示します。

  2. おすすめコンテンツのリンクをキーワードに追加するには、次の操作を行います。

    キーワードの名前を右クリックし、表示されるメニューで [おすすめコンテンツの追加] を選択して、[おすすめコンテンツの追加] ページを表示します。

    または、キーワードの名前を右クリックし、表示されるメニューで [キーワードの詳細] を選びます。次に、[おすすめコンテンツ] セクションで、[おすすめコンテンツの追加] をクリックします。

    • [タイトル] ボックスにおすすめコンテンツへのリンクのリンク テキストを入力します。

    • [説明] ボックスにおすすめコンテンツへのリンクの下に表示するテキストを入力します。

    • [ URL ] ボックスに、その Web アドレスを入力します。例: http://example.microsoft.com/my_site.htmまたはhttp://example.microsoft.com

  3. 最適なベットを適用するユーザーコンテキストを1つ以上追加することができます。

    • [ユーザーコンテキスト] セクションで、[ユーザーコンテキストの追加] をクリックして、利用可能なコンテキストの一覧を表示します。

    • 1つまたは複数のコンテキストを選択し、[追加] をクリックして [ OK] を選びます。

    • ユーザーコンテキストに最適なベットが適用された場合は、ユーザーコンテキストを空白のままにします。

  4. 最適なベットの開始日と終了日を定義することができます。日付を入力しない場合、最適なベットは有効期限なしですぐに有効になります。

    1. [開始日] ボックスに、検索結果にこのおすすめコンテンツを表示する日付を入力します。

    2. [終了日] ボックスに、このおすすめコンテンツが検索結果に表示されないようにする日付を入力します。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ビジュアルおすすめコンテンツを追加する

視覚的なおすすめコンテンツは、検索結果の上に表示される関連情報のセクションです。コンテンツは手動で作成され、特定のキーワードに関連付けられます。視覚的なおすすめコンテンツは、テキストやリンクに限定されるものではありません。デザイナーでは、イメージバナーや HTML などのリッチなビジュアルおすすめコンテンツを作成できます。

注: セキュリティ上の理由から、html ファイル (拡張子 .htm または .html を持つファイル) は、SharePoint リストではサポートされていません。SharePoint リストに保存されている html ビジュアルおすすめコンテンツを使用する場合は、ファイルを拡張子 .aspx に保存します。

管理者は、視覚的なおすすめコンテンツをキーワードに追加できます。ユーザーがクエリにキーワードまたはその類義語の1つを含めると、検索結果ページに視覚的なおすすめコンテンツが表示されます。その他のキーワードに対しても同じビジュアルおすすめコンテンツを表示するには、各キーワードに視覚的なおすすめコンテンツを追加する必要があります。

管理者は、特定のユーザーまたはユーザーグループに対してのみ表示されるように、1つ以上のユーザーコンテキストをビジュアルおすすめコンテンツに適用することもできます。

  1. 前のセクションの手順に従って、[キーワードの管理] ページを表示します。

  2. キーワードに視覚的なおすすめコンテンツを追加するには、次の操作を行います。

    • キーワードの名前を右クリックし、表示されるメニューで [ビジュアルおすすめコンテンツの追加] を選択して、[ビジュアルおすすめコンテンツの追加] ページを表示します。

    • または、キーワードの名前を右クリックし、表示されるメニューで [キーワードの詳細] を選びます。次に、[ビジュアルおすすめコンテンツ] セクションで、[ビジュアルおすすめコンテンツの追加] をクリックします。

  3. [ビジュアルおすすめコンテンツ] セクションの [ URL ] ボックスに、キーワードに対して視覚的に最適なベットとして表示される内容の Web アドレスを入力します。例: http://example.microsoft.com/banner.aspx

  4. 視覚的なおすすめコンテンツが適用される1つ以上のユーザーコンテキストを追加できます。

    1. [ユーザーコンテキスト] セクションで、[ユーザーコンテキストの追加] をクリックして、利用可能なコンテキストの一覧を表示します。

    2. 1つまたは複数のコンテキストを選択し、[追加] をクリックして [ OK] を選びます。

    3. ユーザーコンテキストに対して視覚的な最善策を適用する必要がある場合は、ユーザーコンテキストを空白のままにします。

  5. ビジュアルおすすめコンテンツの開始日と終了日を定義できます。日付を入力しない場合、ビジュアルおすすめコンテンツは、有効期限なしですぐに開始されます。

    1. [開始日] ボックスに、検索結果に表示されるこの視覚的なおすすめコンテンツの日付を入力します。

    2. [終了日] ボックスに、この視覚的なおすすめコンテンツを検索結果に表示しないようにする日付を入力します。

  6. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ドキュメントの昇格を追加する

ドキュメントを昇格させて、特定のキーワードの関連性の高い結果であることを示すことができます。ユーザーがキーワードまたはその類義語のいずれかを検索すると、昇格したドキュメントが検索結果リストの上部に表示されます。

昇格したドキュメントには、検索エンジンの順位付けアルゴリズムに従って、通常よりも高いランクが与えられます。管理者がキーワードのドキュメントを昇格させると、クエリにキーワードまたはその類義語のいずれかが含まれている場合、ドキュメントには、固定の追加のブースト値 (ランクポイントの数、既定の 100万) が与えられます。

キーワードについては、多数のドキュメントを宣伝することができます。結果リストの先頭にある昇格されたドキュメントの順序は、最初の順位値 (関連性の順位付け) によって決定されます。

ドキュメントを宣伝するには:

  1. 前のセクションの手順に従って、[キーワードの管理] ページを表示します。

  2. ドキュメントのプロモーションをキーワードに追加するには、次の操作を行います。

    • キーワードの名前を右クリックし、表示されるメニューで [ドキュメントプロモーションの追加] を選択して、[ドキュメントの追加] ページを表示します。

    • または、キーワードの名前を右クリックし、表示されるメニューで [キーワードの詳細] を選びます。次に、[ドキュメントの追加] セクションで、[ドキュメントプロモーションの追加] をクリックします。

  3. [タイトル] ボックスに、ドキュメントプロモーションのタイトルを入力します。タイトルは、検索結果に表示されません。管理者のページのみ。

  4. [ドキュメントのプロモーション] セクションの [ url ] ボックスに、キーワードに対して宣伝する文書の url を入力します。例: http://example.microsoft.com/mydocument.htm

  5. ドキュメントの昇格を適用するユーザーコンテキストを1つ以上追加することができます。

    1. [ユーザーコンテキスト] セクションで、[ユーザーコンテキストの追加] をクリックして、利用可能なコンテキストの一覧を表示します。

    2. 1つまたは複数のコンテキストを選択し、[追加] をクリックして [ OK] を選びます。

    3. ユーザーコンテキストに対してドキュメントの昇格を適用する必要がある場合は、ユーザーコンテキストを空白のままにします。

  6. ドキュメントのプロモーションの開始日と終了日を定義できます。日付を入力しないと、ドキュメントのプロモーションは有効期限なしですぐに開始されます。

    1. [開始日] ボックスに、このドキュメントのプロモーションを検索結果に表示する日付を入力します。

    2. [終了日] ボックスに、このドキュメントのプロモーションを検索結果に表示しない日付を入力します。

  7. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ドキュメントの降格を追加する

ドキュメントを降格して、特定のキーワードに関連する結果が少ないことを示すことができます。ユーザーがキーワードまたはその類義語のいずれかを検索すると、降格したドキュメントが結果リストの一番下に表示されます。

降格されたドキュメントには、検索エンジンの順位付けアルゴリズムに従って、通常よりも低いランクが与えられます。管理者がキーワードのドキュメントを降格すると、クエリにキーワードまたはその類義語のいずれかが含まれているときに、固定された数のランクポイントがブースト値から差し引かれます。

キーワードについては、複数のドキュメントを降格することができます。結果リストの一番下にある降格されたドキュメントの順序は、最初の順位値 (関連性の順位付け) によって決定されます。

ドキュメントを降格するには:

  1. 前のセクションの手順に従って、[キーワードの管理] ページを表示します。

  2. ドキュメントの降格をキーワードに追加するには、次の操作を行います。

    • キーワードの名前を右クリックし、表示されるメニューで [ドキュメントの降格の追加] を選択して、[ドキュメントの降格の追加] ページを表示します。

    • または、キーワードの名前を右クリックし、表示されるメニューで [キーワードの詳細] を選びます。次に、[ドキュメントの降格の追加] セクションで、[ドキュメントの降格の追加] をクリックします。

  3. [タイトル] ボックスに、ドキュメントの降格のタイトルを入力します。タイトルは、検索結果に表示されません。管理者のページのみ。

  4. [ドキュメントの降格] セクションの [ url ] ボックスに、キーワードのレベルを下げる文書の url を入力します。例: http://example.microsoft.com/mydocument.htm

  5. ドキュメントの降格を適用するユーザーコンテキストを1つ以上追加することができます。

    1. [ユーザーコンテキスト] セクションで、[ユーザーコンテキストの追加] をクリックして、利用可能なコンテキストの一覧を表示します。

    2. 1つまたは複数のコンテキストを選択し、[追加] をクリックして [ OK] を選びます。

    3. ドキュメントの降格をユーザーコンテキストに適用する必要がある場合は、ユーザーコンテキストを空白のままにします。

  6. ドキュメントの降格の開始日と終了日を定義できます。日付を入力しないと、ドキュメントの降格は有効期限なしですぐに開始されます。

    1. [開始日] ボックスに、この文書の降格を検索結果に表示する日付を入力します。

    2. [終了日] ボックスに、この文書の降格を検索結果に表示しないようにする日付を入力します。

  7. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ユーザーコンテキストに制限する

[キーワードの管理] ページの [ユーザーコンテキストに制限] リンクを使用して、1つまたは複数のユーザーコンテキストを選択し、選択したユーザーコンテキストに対してのみ、キーワード、おすすめコンテンツ、ビジュアルおすすめコンテンツ、ドキュメントプロモーション、降格を表示します。

すべてのキーワードは引き続き表示されますが、他のユーザーコンテキストに適用されるベストベット、ビジュアルおすすめコンテンツ、ドキュメントプロモーション、降格はすべて除外されます。

ページの先頭へ

キーワードの詳細を編集する

[キーワードの詳細] ページには、キーワードに接続されているすべての類義語、おすすめコンテンツ、ビジュアルおすすめコンテンツ、ドキュメントプロモーション、降格の概要が表示されます。

各エントリには、エントリを編集または削除するためのリンクが含まれています。

  • おすすめコンテンツやその他のエントリの詳細を変更するには、[編集] をクリックし、目的のボックスに新しい情報を入力します。次に、[ OK ] をクリックして変更を保存します。

    注: キーワードに複数のおすすめコンテンツが含まれている場合は、[順序の変更] リストを使用して、検索結果ページに表示される順序を設定します。

  • おすすめコンテンツを削除するには、Visual ベストベット、ドキュメントプロモーション、またはキーワードからの降格をクリックして、[削除] を選びます。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×