この記事では、Access データベースのパフォーマンスを向上するためのヒントMicrosoft Office示します。 これらのヒントに従って、複雑なクエリに基づくレポートの実行やフォームの開き方など、多くのデータベース操作を高速化できます。

データベースのパフォーマンスを向上させる最適な方法の 1 つは、一般的に使用されるフィールドのインデックスを作成する方法です。 インデックスを作成すると、この記事のヒントを使用して、パフォーマンスを向上させることができます。 Access では一部のインデックスが自動的に作成されますが、追加のインデックスによってパフォーマンスが向上するかどうかを慎重に検討する必要があります。

この記事では、インデックスの作成など、特定のデータベース オブジェクトのパフォーマンスを最適化する方法については説明しません。 詳細については、「インデックスを作成して使用してパフォーマンスを向上させる」 を参照してください

この記事の内容

ローカル データベースのパフォーマンスを向上させる

次のガイドラインは、ローカルの Access データベース (ネットワークではなくローカルのハード ディスク ドライブに保存されているデータベース) のパフォーマンスを最適化するのに役立ちます。

名前のオートコレクトをオフにする

名前の自動修正機能を使用すると、依存している他のデータベース オブジェクトの名前が変更された場合でも、データベース オブジェクトの機能はそのまま残ります。 たとえば、テーブルの名前を変更し、そのテーブルを使用するクエリがある場合、名前の自動修正により、これらのクエリが変更によって壊れるのを防ぐ必要があります。 この機能は便利ですが、パフォーマンスが低下する場合があります。

データベース設計が安定していて、そのオブジェクトの名前が変更されない場合は、パフォーマンスを向上させるために名前のオートコレクトを安全にオフにできます。

  1. 最適化するデータベースを開きます。

  2. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. [Access のオプション] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで、[現在のデータベース] をクリックします。

  4. 右側のウィンドウの [名前の 自動修正オプション] で、すべてのチェック ボックスをオフにします。

データベースを自動的に圧縮および修復に設定する

削除されたオブジェクトまたは一時オブジェクトに割り当てられた領域が残り、データベース ファイルのパフォーマンスが徐々に低下する可能性があります。 [ 圧縮/修復] コマンドを使用すると、この無駄な領域が削除され、データベースの実行速度が速く効率的になります。 データベースが閉じるときに自動的に [圧縮 / 修復] コマンドを実行するオプションを設定できます。

  1. 最適化するデータベースを開きます。

  2. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. [Access のオプション] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで、[現在のデータベース] をクリックします。

  4. 右側のウィンドウの [アプリケーション オプション ] で、[閉じる時に圧縮 ] チェック ボックス をオンにします。

データベースを排他モードで開く

データベースを使用しているユーザーが自分だけである場合は、 排他的 モードでデータベースを開くだけで、他のユーザーは同時にデータベースを使用できません。また、パフォーマンスの向上に役立ちます。

  1. Access を起動します。データベースは開きません。 既にデータベースを開いている場合は、閉じます。

  2. [開 く] を クリックし、[参照] を クリックします

  3. [開 ] ダイアログ ボックスで、開くデータベース ファイルを選択します。 参照してデータベース ファイルを見つける 必要がある場合は、[検索先] リストを使用できます。

  4. [開く] ボタンの矢印 をクリック し、[排他で開く ] をクリックします

オートコレクト オプションをオフにする

既定では、入力時にスペルが修正されます。 オートコレクト機能をオフにし、パフォーマンスを向上させることができます。

  1. 最適化するデータベースを開きます。

  2. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. [Access のオプション] ダイアログ ボックスの左側 のウィンドウで 、[校正] をクリックします

  4. 右側のウィンドウの [オートコレ クト のオプション]で、[オートコレクト のオプション] をクリックします

  5. [オート コレクトのオプション ] ダイアログ ボックスで、必要ないオプションのチェック ボックスをオフにします。

    注: メリットを確認するために、すべてのオートコレクト オプションをオフにする必要はないが、オートコレクトオプションをオフにした方が多く、メリットが大きい。

ページの先頭へ

マルチユーザー環境のパフォーマンスを向上させる

次のガイドラインは、マルチユーザー環境で使用される Access データベースのパフォーマンスを最適化するのに役立ちます。

データベースを分割する

データベースを分割する場合は、データ テーブルをネットワーク サーバー上のデータベース ファイルに入れて、バック エンド データベースと呼ばれるものにします。 クエリ、フォーム、レポートなどの他のデータベース オブジェクトを、フロントエンド データベースと呼ばれる別のデータベース ファイルに保存します。 ユーザーは、フロントエンド データベースのコピーを自分のコンピューターに保存します。 データだけがネットワークを越えて送信されるので、パフォーマンスが向上します。

データベース分割ウィザードを使用してデータベースを分割します。

  • [データベース ツール ] タブの [データの移動] グループ で、[Access データベース] をクリックします

ページ レベルまたはレコード レベルのロック設定を変更する

レコードの編集中、Access は一定の量のデータをロックします。 ロックされるデータの量は、選択したロック設定によって異なります。 ページ レベルのロックを選ぶと、パフォーマンスを向上させることができます。 ただし、ページ レベルのロックでは、レコード レベルのロックよりも多くのデータがロックされるので、データの可用性が低下する可能性があります。

  • ページ レベルのロック    レコードを含むページがロックされます (ページは、レコードが格納されているメモリ領域です)。 ページ レベルのロックが有効になっているレコードを編集すると、メモリ内に近くに保存されている他のレコードもロックされる場合があります。 ただし、レコード レベルのロックではなくページ レベルのロックを使用すると、一般的にパフォーマンスが向上します。

  • レコード レベルのロック    編集中のレコードだけがロックされます。 他のレコードには影響されません。

ページ レベルまたはレコード レベルのロック設定を変更する    

  1. 調整するデータベースを開きます。

  2. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. 左側のウィンドウで、[クライアント設定] をクリックします

  4. 右側のウィンドウの [詳細設定] セクションで、[レコード レベルのロックを使用してデータベースを開く] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

適切なレコード ロック設定を選ぶ

レコードの編集中は、レコードがロックされます。 Access がロックするレコードの数と、それらのレコードがロックされる時間は、選択したレコード ロック設定によって異なります。

  • ロックなし     Access では、ユーザーが変更を保存するまでレコードまたはページがロックされ、データが容易に利用できます。 ただし、この設定を使用すると、データの競合 (同じレコードに同時に変更を加える) が発生する可能性があります。 データの競合が発生した場合、保持するデータのバージョンをユーザーが決定する必要があります。 これは一般的に最も高速なオプションですが、データの競合はパフォーマンスの向上を上回る可能性があります。

  • 編集されたレコード     Access では、ユーザーがレコードの編集を開始するとすぐに、レコードがロックされます。 そのため、レコードは長い期間ロックされますが、データの競合が発生する可能性は低くなります。

  • すべてのレコード     Access では、テーブルを使用するフォームまたはデータシートが開いている間、テーブル内のすべてのレコードがロックされます。 これにより、テーブル内のデータを編集しているユーザーのパフォーマンスが向上しますが、他のユーザーが他のオプションよりもデータを編集する機能が制限されます。

レコード ロック設定を変更する    

  1. 調整するデータベースを開きます。

  2. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. 左側のウィンドウで、[クライアント設定] をクリックします

  4. 右側のウィンドウの [詳細設定] セクションの[既定のレコードのロック] で、必要なオプションをクリックします。

ネットワークの更新と更新の設定を調整する

必要に応じて、更新間隔 (秒)、更新再試行間隔(msec)、更新再試行回数、ODBC 更新間隔(秒)の設定を調整してみてください。

Update 再試行間隔と更新回数の再試行設定を使用して、別のユーザーがレコードをロックした場合にレコードを保存する頻度と回数を指定します。

ODBC の更新間隔と更新間隔の設定を使用して、Access がデータを更新する頻度を制御します。 更新は、データシートまたはフォームに既に存在するデータのみを更新します。 更新では、レコードの並べ替え、新しいレコードの表示、クエリ結果から、指定した条件を満たしていない削除済みレコードやレコードの削除は行されません。 このような変更を表示するには、データシートまたはフォームの基になるレコードを再クエリします。

ネットワークの更新と更新の設定を変更する    

  1. より高速に実行するデータベースを開きます。

  2. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. 左側のウィンドウで、[クライアント設定] をクリックします

  4. 右側のウィンドウの [詳細設定 ] セクションで、必要な設定を変更します。

ヒント: 再クエリを実行するには、Shift キーを押しながら F9 キーを押します。

ページの先頭へ

コンピューターの Access のパフォーマンスを向上させる

次のガイドラインは、作業しているデータベースがコンピューターまたはネットワークに保存されているかどうかに関係なく、Access のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

ユーザー インターフェイス のアニメーションをオフにする

Access のユーザー インターフェイスには、メニューを開く場合などのアニメーションが含まれます。 これらのアニメーションはインターフェイスを使いやすくするのに役立ちますが、速度が遅くなる可能性があります。 これらの機能をオフにし、パフォーマンスを向上させることができます。

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. 左側のウィンドウで、[クライアント設定] をクリックします

  3. 右側のウィンドウの [表示] 、[アニメーションを表示する] チェック ボックスを オフにします。

アクション タグをオフにする

アクション タグを使用しない場合は、動作タグをオフにし、パフォーマンスを向上させます。

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. 左側のウィンドウで、[クライアント設定] をクリックします

  3. 右側のウィンドウの [表示]、[データシートにアクション タグを表示する] チェック ボックスと [フォームとレポートにアクション タグを表示する] チェック ボックスをオフにします。

使用されていない他のプログラムを閉じる

他のプログラムを閉じると、Access で使用可能なメモリが多くなり、ディスクの使用が最小限に抑え、パフォーマンスが向上します。

注: また、一部のプログラムを終了して、終了した後もバックグラウンドで実行を続ける必要がある場合があります。 通知領域で、そのようなプログラムを探します。 コンピューターが期待通り機能するために必要なプログラムがいくつかあるため、これらのプログラムを終了する場合は注意が必要です。 疑問がある場合は、これらのプログラムを終了すべきではない可能性があります。

コンピューターに RAM を追加する

RAM をコンピューターに追加すると、大規模なクエリの実行速度が向上し、一度に開くデータベース オブジェクトが多くなる場合があります。 さらに、RAM はハード ディスク ドライブ上の仮想メモリよりもはるかに高速です。 RAM を追加すると、ディスクの使用を最小限に抑え、パフォーマンスを向上させることができます。

ハード ディスク ドライブをクリーンアップする

この一連の手順を定期的に実行します。

  1. 不要になったファイルをコンピューターから削除します。

  2. インターネット一時ファイルを削除します。

  3. ごみ箱を空にします。

  4. データベースの圧縮/修復操作を実行します。

  5. ハード ディスク ドライブをデフラグします。

不要な Windows サービスを無効にする

たとえば、優れたデスクトップ バックアップ ソリューションがある場合は、システム復元サービスを無効にしてください。 使用していない Microsoft Windows サービスを無効にすると、Access で使用できる RAM が多くになります。

重要: Windows サービスを無効にした場合は、必要な Windows サービスを簡単に再び有効にできるよう、無効にした設定を追跡します。

仮想メモリ設定を調整する

ほとんどの場合、Windows で使用される既定の仮想メモリ設定が最適に実行される必要があります。 ただし、状況によっては、仮想メモリ設定を調整すると、Access のパフォーマンスが向上することがあります。 次の場合は、既定の仮想メモリ設定の調整を検討してください。

  • 現在仮想メモリに使用されているドライブで使用できるディスク領域があまりない場合、別のローカル ドライブに使用可能な領域があります。

  • 現在のドライブよりも高速な別のローカル ドライブには、使用可能な空き領域が含め、多く使用されません。

このような場合は、仮想メモリ用に別のドライブを指定すると、パフォーマンスが向上する可能性があります。

また、仮想メモリのディスク領域の固定量を指定することで、パフォーマンスが向上する場合があります。 コンピューターにインストールされている RAM の容量の 1.5 倍の仮想メモリを指定します。 たとえば、1,024 MB の RAM がある場合は、仮想メモリに 1,536 MB を指定します。

注: 複数の大規模なアプリケーションを同時に実行する頻度が高い場合は、より多くの仮想メモリを指定できます。

仮想メモリ設定の変更に関するヘルプについては、Windows ヘルプで「仮想メモリの変更」を検索してください。

スクリーン セーバーを使用しない

スクリーン セーバーはメモリを使用し、自動的に開始します。 モニターの設計が洗練されたため、モニターを "バーンイン" から保護するためにスクリーン セーバーは必要なくなりました。 スクリーン セーバーを使用しない方法で、パフォーマンスを少し上げ、コンピューターの動作をスムーズに向上させることができます。

ヒント: 不正なアクセスからコンピューターを保護するためにスクリーン セーバーに頼らない。 離れた場所からコンピューターを保護するには、Windows ロゴ キーを押しながら L キーを押します。

デスクトップの背景を使用しない

デスクトップの背景を (なし) に設定すると、いくつかの 改善点が表示される場合があります

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×