CHAR 関数

ここでは、Microsoft Excel の CHAR 関数の書式および使用法について説明します。

説明

数値で指定された文字を返します。 CHAR 関数は、他機種のコンピューター上にあるファイルから取得したコード ページ番号を文字に変換する場合などに使用します。

システム環境

文字セット

Macintosh

Macintosh 文字セット

Windows

ANSI

ANSI 文字セットは、windows 95 および Windows NT 経由で、Unicode が採用された後の Windows オペレーティングシステムで使われる標準の文字セットです。 ANSI は、218文字で構成され、多くの場合、ASCII/Unicode 形式と同じ数値コードを共有します。 https://www.techopedia.com/definition/932/ansi-character-set

書式

CHAR(数値)

CHAR 関数の書式には、次の引数があります。

  • 数値    必ず指定します。 変換する文字を表す 1 ~ 255 の範囲内の数値を指定します。 文字は、コンピューターで使用されている文字セットから返されます。

    注: Web 用 Excel は、CHAR (9)、CHAR (10)、CHAR (13)、CHAR (32) 以上をサポートしています。

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。 必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

数式

説明

結果

=CHAR(65)

コンピューターの文字セット内で 65 で表される文字を返します。

A

=CHAR(33)

コンピューターの文字セット内で 33 で表される文字を返します。

!

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×