2018 年 9 月に、Dynamic Arrayのサポートがサポートされる予定Excel。 これにより、数式が複数のセル範囲または配列を返す場合に、数式を複数のセルにスピルできます。 この新しい動的配列の動作は、複数セルの範囲または配列を返す機能を持つ以前の関数にも影響する可能性があります。 

次に示すのは、複数セル範囲または配列を返す可能性がある関数の一覧です。これは、事前に動的な配列配列と呼Excel。 これらの関数が動的配列の前にあるブックで使用され、複数セルの範囲または配列をグリッド (または期待しない関数) に返した場合、暗黙的な暗黙的な交差が発生します。 動的配列 Excel は、 @ 演算子を使用して暗黙的な交差が発生する可能性がある場所を示します。その結果、これらの関数は、最初に Excel の動的前の配列バージョンで作成された場合、@ で先頭に付加される可能性があります。 さらに、動的配列 Excel で作成した場合、これらの関数は、@で先頭に付けされていない限り、事前動的配列 Excel で従来の配列数式として表示される場合があります。 

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×