Excelファイル形式に転送されない書式設定と機能

Excel 2007 で導入された .xlsx ブック形式では、以前の Excel バージョンで使用可能なすべてのワークシートとグラフのデータ、書式設定、その他の機能が保持され、Macro-Enabled ブック形式 (.xlsm) では、これらの機能に加えてマクロとマクロ シートも保持されます。

以前のバージョンの Excel を使用しているユーザーとブックデータを頻繁に共有する場合は、互換モードで作業して、以前のバージョンの Excel でブックを開いた場合にデータの損失と忠実度を防ぐか、データの切り替えに役立つコンバーターを使用できます。 詳細については、「以前のバージョンのブックと互換性Excelブックを保存する」を参照Excel。

ブックを別のファイル形式 (テキスト ファイル形式など) で保存すると、書式設定やデータの一部が失われる可能性があります。その他の機能はサポートされていない可能性があります。

次のファイル形式には、説明に従って機能と書式設定の違いがあります。

この記事の内容

テキスト (スペース区切り)

このファイル形式 (.prn) は、アクティブなワークシートのセルに表示されるテキストと値のみを保存します。

セルの行に 240 文字を超える文字が含まれている場合、240 文字を超える文字は、変換されたファイルの末尾にある新しい行に折り返されます。 たとえば、行 1 ~ 10 にそれぞれ 240 文字を超える文字が含まれている場合、行 1 の残りのテキストは行 11 に配置され、行 2 の残りのテキストは行 12 に配置されます。

データの列はコンマで区切られ、データの各行はキャリッジ リターンで終わります。 セルに数式値の代わりに数式が表示される場合、数式はテキストとして変換されます。 書式設定、グラフィック、オブジェクト、その他のワークシートの内容はすべて失われます。 ユーロ記号は疑問符に変換されます。

注: この形式でワークシートを保存する前に、変換するデータすべてが表示され、列間に十分な間隔があることを確認します。 そうしないと、変換されたファイルでデータが失われたり、正しく分離されていない可能性があります。 書式設定されたテキスト形式に変換する前に、ワークシートの列幅を調整する必要がある場合があります。

ページの先頭へ

テキスト (タブ区切り)

このファイル形式 (.txt) は、アクティブなワークシートのセルに表示されるテキストと値のみを保存します。

データの列はタブ文字で区切り、データの各行はキャリッジ リターンで終わります。 セルにコンマが含まれている場合、セルの内容は二重引用符で囲まれます。 データに引用符が含まれている場合、二重引用符が引用符に置き換え、セルの内容も二重引用符で囲まれます。 書式設定、グラフィック、オブジェクト、その他のワークシートの内容はすべて失われます。 ユーロ記号は疑問符に変換されます。

セルに数式値の代わりに数式が表示される場合、数式はテキストとして保存されます。 Excel でファイルをもう一度開いた場合に数式を保持するには、テキスト インポートウィザードで [区切り記号付き] オプションを選択し、区切り記号としてタブ文字を選択します。

注: ブックに著作権記号(©)などの特殊なフォント文字が含まれている場合、別のオペレーティング システムを使用するコンピューターで変換されたテキスト ファイルを使用する場合は、そのシステムに適したテキスト ファイル形式でブックを保存します。 たとえば、Microsoft Windows を使用し、Macintosh コンピューターでテキスト ファイルを使用する場合は、ファイルをテキスト (Macintosh) 形式で保存します。 Macintosh コンピューターを使用し、Windows または Windows NT を実行しているシステムでテキスト ファイルを使用する場合は、ファイルをテキスト (Windows) 形式で保存します。

ページの先頭へ

テキスト (Unicode)

このファイル形式 (.txt) は、アクティブなワークシートのセルに表示されるテキストと値を保存します。

ただし、Windows 95 の メモ帳 や Microsoft MS-DOS ベースのプログラムなど、Unicode を読み取らないプログラムを使用してテキスト (Unicode) 形式でファイルを開いた場合、データは失われます。

注: メモ帳テキスト (Windows NT Unicode) 形式でファイルを読み取ります。

ページの先頭へ

CSV (カンマ区切り)

このファイル形式 (.csv) は、アクティブなワークシートのセルに表示されるテキストと値のみを保存します。 各セルのすべての行とすべての文字が保存されます。 データの列はコンマで区切られ、データの各行はキャリッジ リターンで終わります。 セルにコンマが含まれている場合、セルの内容は二重引用符で囲まれます。

セルに数式値の代わりに数式が表示される場合、数式はテキストとして変換されます。 書式設定、グラフィック、オブジェクト、その他のワークシートの内容はすべて失われます。 ユーロ記号は疑問符に変換されます。

注: ブックに著作権記号(©)などの特殊なフォント文字が含まれている場合、別のオペレーティング システムを使用するコンピューターで変換されたテキスト ファイルを使用する場合は、そのシステムに適したテキスト ファイル形式でブックを保存します。 たとえば、Windows を使用し、Macintosh コンピューターでテキスト ファイルを使用する場合は、CSV (Macintosh) 形式でファイルを保存します。 Macintosh コンピューターを使用し、Windows または Windows NT を実行しているシステムでテキスト ファイルを使用する場合は、CSV (Windows) 形式でファイルを保存します。

ページの先頭へ

DIF (データ交換形式)

このファイル形式 (.dif) は、アクティブなワークシートのテキスト、値、数式のみを保存します。

ワークシートのオプションがセルに数式の結果を表示するために設定されている場合、変換されたファイルには数式の結果だけが保存されます。 数式を保存するには、ファイルを保存する前にワークシートに数式を表示します。

ワークシートのセルに数式を表示する方法

  1. [ファイル] > [オプション] の順に移動します。

    Excel 2007 を使用している場合は、[Microsoft Officeボタン] を Office ボタンの画像 、[オプション] Excelクリックします

  2. 次に、[このワークシートの>オプション] に移動し、[計算結果の代わりに数式をセルに表示する] チェック ボックスオンにします。

列幅とほとんどの表示形式は保存されますが、その他のすべての書式は失われます。

ページ設定の設定と手動改ページは失われます。

セルのコメント、グラフィック、埋め込みグラフ、オブジェクト、フォーム コントロール、ハイパーリンク、データの入力規則の設定、条件付き書式、その他のワークシート機能が失われます。

ピボットテーブル レポートの現在のビューに表示されるデータが保存されます。その他すべてのピボットテーブル データが失われます。

Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) コードが失われます。

ユーロ記号は疑問符に変換されます。

ページの先頭へ

SYLK (シンボリック リンク)

このファイル形式 (.slk) は、アクティブなワークシートの値と数式のみを保存し、セルの書式設定を制限します。

セルごとに最大 255 文字が保存されます。

Excelが SYLK 形式でサポートされていない場合、Excel はファイルを保存する前に関数を計算し、数式を結果の値に置き換える。

ほとんどのテキスト形式は保存されます。変換されたテキストは、セル内の最初の文字の形式になります。 回転したテキスト、結合されたセル、および水平方向と垂直方向のテキストの配置設定が失われます。 変換した SYLK シートをもう一度開くと、フォントの色が別の色に変換Excel。 罫線は 1 行の罫線に変換されます。 セルの網かけは、点線の灰色の網かけに変換されます。

ページ設定の設定と手動改ページは失われます。

セルのコメントが保存されます。 SYLK ファイルをもう一度開くと、コメントを表示Excel。

グラフィックス、埋め込みグラフ、オブジェクト、フォーム コントロール、ハイパーリンク、データ入力規則の設定、条件付き書式、その他のワークシート機能が失われます。

VBA コードが失われます。

ピボットテーブル レポートの現在のビューに表示されるデータが保存されます。その他すべてのピボットテーブル データが失われます。

注: この形式を使用して、Microsoft Multiplan で使用するブック ファイルを保存できます。 Excelブック ファイルをマルチプラン形式に直接変換するファイル形式コンバーターは含めありません。

ページの先頭へ

Web ページと単一ファイル Web ページ

これらの Web ページ ファイル形式 (.htm、.html)、単一ファイル Web ページ ファイル形式 (.mht、.mhtml) を使用して、Excel データをエクスポートできます。 Excel 2007 以降では、ワークシートの機能 (数式、グラフ、ピボットテーブル、Visual Basic for Application (VBA) プロジェクトなど) は、これらのファイル形式ではサポートされなくなりました。Excel でこのファイル形式でファイルを再度開いた場合、それらの機能は失われます。

ページの先頭へ

XML スプレッドシート 2003

この XML スプレッドシート 2003 ファイル形式 (.xml) では、次の機能は保持されません。

  • トレース矢印の監査

  • グラフなどのグラフィック オブジェクト

  • グラフ シート、マクロ シート、ダイアログ シート

  • カスタム ビュー

  • データ統合の参照

  • オブジェクト レイヤーを描画する

  • 機能の表示とグループ化

  • パスワードで保護されたワークシート データ

  • シナリオ

  • ユーザー定義関数のカテゴリ

  • VBA プロジェクト

Excel 2007 以降のバージョン (条件付き書式の改善など) で導入された新機能は、このファイル形式ではサポートされていません。 2007 年に導入された新しいExcel制限がサポートされています。 詳細については、「仕様と制限Excel参照してください

ページの先頭へ

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

ワークシートのExcel

ブックを保存する

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×