別のファイルまたは Web ページの関連情報にすばやくアクセスするには、ワークシートのセルに ハイパーリンク を挿入できます。 特定のグラフ要素にリンクを挿入することもできます。

注: この記事のスクリーン ショットの大部分は、次の Excel 2016。 別のバージョンでは表示が少し異なる場合がありますが、特に記載がない限り、機能は同じです。

  1. ワークシートで、リンクを作成するセルをクリックします。

    また、画像やグラフの要素など、リンクを表すオブジェクトを選択することもできます。

    • [挿入] タブの [リンク] グループで 、[ リンク] [ハイパーリンク] ボタン

    セルまたはグラフィックを右クリックし、ショートカット メニューの[リンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押します。

  2. [リンク先] の [新規作成] をクリックします。

  3. [新しく作成するドキュメント名] ボックスに新しいファイルの名前を入力します。

    ヒント: [フル パス] に表示されている場所以外の場所を指定するには、[新しい文書の名前] ボックスに名前の前に新しい場所を入力するか、[変更] をクリックして目的の場所を選択し、[OK]をクリックします。

  4. [編集するタイミング] で、[後で新しいドキュメントを編集する] または [すぐに新しいドキュメントを編集する] をクリックして、新しいファイルを編集するために開くタイミングを指定します。

  5. [表示 するテキスト] ボックス に、リンクを表すテキストを入力します。

  6. リンク上にマウス ポインターを置いた場合に役立つ情報を表示するには、[ヒント] をクリックし、[ヒント] テキスト ボックスに必要なテキストを入力して、[OK]をクリックします。

  1. ワークシートで、リンクを作成するセルをクリックします。

    また、画像やグラフの要素など、リンクを表すオブジェクトを選択することもできます。

    • [挿入] タブの [リンク] グループで 、[ リンク] [ハイパーリンク] ボタン

    セルまたはオブジェクトを右クリックし、ショートカット メニューの[リンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押します。

  2. [リンク先] で [ファイル、Web ページ] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • ファイルを選ぶには、[現在のフォルダー] をクリックし、リンク先にするファイルをクリックします。

      [検索先] ボックスの一覧で別のフォルダーを選ぶことにより、現在のフォルダーを変更できます。

    • Web ページを選択するには、[ 参照された ページ] をクリックし、リンク先の Web ページをクリックします。

    • 最近使用したファイルを選択するには、[最近使ったファイル] をクリックし、リンク先のファイルをクリックします。

    • リンク先の既知のファイルまたは Web ページの名前と位置を入力するには、[アドレス] ボックスにその情報を入力します。

    • Web ページを見つけるには 、[Web ページの参照]Web ボタンを参照するクリックし、リンク先の Web ページを開き、ブラウザーを閉じずに Excel に切り替えます。

  4. ファイルまたは Web ページ内の特定の場所へのリンクを作成する場合は、[ブックマーク]をクリックし、必要な ブックマーク ダブルクリックします。

    注: リンク先のファイルまたは Web ページには、ブックマークが必要です。

  5. [表示 するテキスト] ボックス に、リンクを表すテキストを入力します。

  6. リンク上にマウス ポインターを置いた場合に役立つ情報を表示するには、[ヒント] をクリックし、[ヒント] テキスト ボックスに必要なテキストを入力して、[OK]をクリックします。

現在のブックまたは他のブックの特定の位置にジャンプするリンクを作成するには、転送先のセルの名前を定義するかセル参照を使用します。

  1. 名前を使用するには、ジャンプ先のブックでジャンプ先のセルに名前を定義する必要があります。

    セルやセル範囲に名前を付ける方法

    1. 名前を指定するセル、セル範囲、または隣接しないセル範囲を選択します。

    2. リストの 左側 にある [名前] ボックスをクリック 数式バー ボタン イメージ

      名前ボックス

      ボタンの画像 名] ボックス

    3. [名前 ] ボックス にセルの名前を入力し、Enter キーを押します。

      注: 名前にスペースを含めることはできません。また、文字で始まる必要があります。

  2. リンク元ブックのワークシートで、リンクを作成するセルをクリックします。

    また、画像やグラフの要素など、リンクを表すオブジェクトを選択することもできます。

    • [挿入] タブの [リンク] グループで 、[ リンク] [ハイパーリンク] ボタン

    セルまたはオブジェクトを右クリックし、ショートカット メニューの[リンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押します。

  3. [リンク先] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 現在のブックのセルにリンクするには、[このドキュメント内] をクリックします。

    • 他のブックのどこかにリンクするには、[ファイル、Web ページ] をクリックし、リンク先のブックを検索して特定した後、[ブックマーク] をクリックします。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • [またはドキュメント内の場所を選択してください] の [セル範囲] で、リンク先のワークシートをクリックし、[セル参照を入力してください] ボックスにセル参照を入力して [OK] をクリックします。

    • [定義された名前] のプラス (+) 記号をクリックして、リンク先のセルを示す名前をクリックし、[OK] をクリックします。

  5. [表示 するテキスト] ボックス に、リンクを表すテキストを入力します。

  6. リンク上にマウス ポインターを置いた場合に役立つ情報を表示するには、[ヒント] をクリックし、[ヒント] テキスト ボックスに必要なテキストを入力して、[OK]をクリックします。

メール アドレスへのリンクをクリックすると、メール プログラムが自動的に起動され、メール プログラムがインストールされている場合は、[To] ボックスに正しいアドレスを含むメール メッセージが作成されます。

  1. ワークシートで、リンクを作成するセルをクリックします。

    また、画像やグラフの要素など、リンクを表すオブジェクトを選択することもできます。

    • [挿入] タブの [リンク] グループで 、[ リンク] [ハイパーリンク] ボタン

    セルまたはオブジェクトを右クリックし、ショートカット メニューの[リンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押します。

  2. [リンク先] で [電子メール アドレス] をクリックします。

  3. [電子 メール アドレス] ボックス に、使用するメール アドレスを入力します。

  4. [件名] ボックスにメール メッセージの件名を入力します。

    注: Web ブラウザーやメール プログラムによっては、件名の行が識別されない場合もあります。

  5. [表示 するテキスト] ボックス に、リンクを表すテキストを入力します。

  6. リンク上にマウス ポインターを置いた場合に役立つ情報を表示するには、[ヒント] をクリックし、[ヒント] テキスト ボックスに必要なテキストを入力して、[OK]をクリックします。

    セルに直接アドレスを入力して、セル内のメール アドレスへのリンクを作成することもできます。 たとえば、メール アドレス (メール アドレスなど) を入力すると、リンクsomeone@example.com。

既定では、リンク先ファイルへのパス ハイパーリンク 指定されていないパスは、アクティブなブックの場所を基準にしています。 別の既定のパスを設定する場合は、次の手順を使用します。 その場所にあるファイルへのリンクを作成するごとに、[ハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスでパスではなくファイル名 を指定する 必要があります。

使用している Excel のバージョンに応じて、次のいずれかの手順に従います。

  • [ Excel 2016、 Excel 2013、および Excel 2010:

    1. [ファイル] タブをクリックします。

    2. [情報] をクリックします。

    3. [プロパティ] をクリックして、[詳細プロパティ] を選びます。

      詳細プロパティ
    4. [概要 ] タブ の [ ハイパーリンク] ベース テキスト ボックスに、使用するパスを入力します。

      注: [ハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスのリンクの完全なアドレスまたは絶対アドレスを使用して、リンクの基本アドレス を上書き できます。

  • In Excel 2007:

    1. [準備] Microsoft Officeボタン Office ボタンの画像し、[プロパティ] をクリックします

    2. ドキュメント情報パネルで、[プロパティ] を クリックし、[詳細プロパティ] をクリックします

      詳細プロパティ
    3. [概要] タブをクリックします。

    4. [ハイパーリンクの基点] ボックスに、使用するパスを入力します。

    注: [ハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスのリンクの完全なアドレスまたは絶対アドレスを使用して、リンクの基本アドレス を上書き できます。

リンクをクリックすると、別のページまたはファイルが開きます。 リンク先は頻繁に別の Web ページですが、画像、メール アドレス、プログラムを指定することもできます。 リンク自体には、テキストまたは画像を使用できます。

サイト ユーザーがリンクをクリックすると、リンク先の種類に応じて、 Web ブラウザー、開く、または実行するリンク先が表示されます。 たとえば、ページへのリンクは Web ブラウザーにページを表示し、 AVI ファイルへのリンクはメディア プレーヤーでファイルを開きます。

リンクの使い方

リンクを使用して、次の操作を行います。

  • ネットワーク、ファイル、またはインターネット上のファイルまたは イントラネットページに移動する

  • これから作成するファイルまたは Web ページに移動する

  • メール メッセージを送信する

  • ダウンロードや FTP プロセスなどのファイル転送を開始する

リンクを含むテキストまたは画像をポイントすると、ポインターが手の 手の形のポインターになり、テキストまたは画像がクリック可能であることを示します。

URL の概要としくみ

リンクを作成すると、リンク先は次のような Uniform Resource Locator (URL) としてエンコードされます。

http://example.microsoft.com/news.htm

file://ComputerName/SharedFolder/FileName.htm

URL には、 プロトコル、 HTTP、 FTP、FILE などの名前、 Web サーバー またはネットワークの場所、パスとファイル名が含まれている。 次の図は、URL の各部分を示しています。

URL の 4 つの構成要素

1. 使用するプロトコル (http、ftp、file)

2. Web サーバーまたはネットワークの場所

3. パス

4. ファイル名

絶対リンクと相対リンク

絶対 URL には、完全なアドレスが含 プロトコル、 Web サーバー、パスとファイル名が含まれる。

"相対" URL には、指定されていない部分が 1 つ以上あります。 不足している情報は、その URL を含むページから取得されます。 たとえば、プロトコルと Web サーバーの部分がない場合、Web ブラウザーは現在のページのプロトコルとドメイン (.com、.org、.edu など) を使用します。

Web 上のページに共通なのは、パスやファイル名の一部だけを含む相対 URL を使用することです。 ファイルが別のサーバーに移動された場合、ページの相対的な位置が変更されない限り、リンクは引き続き動作します。 たとえば、グループ上のリンクProducts.htm Food という名前のフォルダー内apple.htmページをポイントします。両方のページが別のサーバー上の Food という名前のフォルダーに移動された場合でも、リンクの URL は正しい形式です。

Excel ブックでは、リンク先ファイルへのパスを指定しないパスは、既定でアクティブなブックの場所を基準にしています。 既定で使用する別のベース アドレスを設定して、その場所にあるファイルへのリンクを作成するごとに、[ハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスでファイル名を指定する必要があるだけで、パスは指定されません。

  1. ワークシートで、リンクを作成するセルを選択します。

  2. [挿入] タブで [ハイパーリンク] を選択します

    セルを右クリックし、ショートカット メニューの[リンク] を選択するか、Ctrl キーを押しながら K キーを押します。

  3. [ 表示テキスト] ボックスに、リンクを表すテキストを入力します。

  4. [URL]で、リンク先の Web ページの完全な Uniform Resource Locator (URL) を入力します。

  5. [OK] を選択します。

現在のブック内の場所にリンクするには、リンク先のセルの名前を定義するか、セル参照を使用します。

  1. 名前を使用するには、ブック内のリンク先セルに名前を付けなければならない。

    セルまたはセル範囲の名前を定義する方法
     

    注: Web 用 Excel では、名前付き 範囲を作成できない。 [名前付き範囲] コントロールから選択できるのは、既存の名前付き範囲のみです。 または、Excel デスクトップ アプリでファイルを開き、名前付き範囲を作成して、Web 用 Excel からこのオプションにアクセスすることもできます。

    1. 名前を付けるセルまたはセルの範囲を選択します。

    2. フィールドの 左側にある [名前ボックス] ボックスに 数式バー ボタン イメージセルの名前を入力し、Enter キーを押します。

      注: 名前にスペースを含めることはできません。また、文字で始まる必要があります。

  2. ワークシートで、リンクを作成するセルを選択します。

  3. [挿入] タブで [ハイパーリンク] を選択します

    セルを右クリックし、ショートカット メニューの[リンク] を選択するか、Ctrl キーを押しながら K キーを押します。

  4. [ 表示テキスト] ボックスに、リンクを表すテキストを入力します。

  5. [ この文書内の場所] ボックス に、定義された名前またはセル参照を入力します。

  6. [OK] を選択します。

メール アドレスへのリンクをクリックすると、メール プログラムが自動的に起動され、メール プログラムがインストールされている場合は、[To] ボックスに正しいアドレスを含むメール メッセージが作成されます。

  1. ワークシートで、リンクを作成するセルを選択します。

  2. [挿入] タブで [ハイパーリンク] を 選択します

    セルを右クリックし、ショートカット メニューの[リンク] を選択するか、Ctrl キーを押しながら K キーを押します。

  3. [ 表示テキスト] ボックスに、リンクを表すテキストを入力します。

  4. [ 電子メール アドレス] に、使用するメール アドレスを入力します。

  5. [OK] を選択します。

セルに直接アドレスを入力して、セル内のメール アドレスへのリンクを作成することもできます。 たとえば、メール アドレス (メール アドレスなど) を入力すると、リンクsomeone@example.com。

HYPERLINK関数を使用して、URL へのリンクを作成できます。

注: この Link_location 文字列を二重引用符で囲むか、リンクを含むセルへの参照をテキスト文字列として使用できます。

リンクをアクティブ ハイパーリンク 、リンクをアクティブにせずに 転送先するには、次の操作を行います。

  • ポインターが矢印のときにクリックして、セルを選択します。

  • 方向キーを使用して、リンクを含むセルを選択します。

ブック内の既存のリンクを変更するには、そのリンク 転送先、そのリンクを表すテキストを変更します。

  1. 変更するリンクを含むセルを選択します。

    ヒント: リンクをアクティブ ハイパーリンク せずにリンクを選択するには、 転送先キーを使用して、リンクを含むセルを選択します。

  2. [挿入] タブで [ハイパーリンク] を 選択します

    セルまたはグラフィックを右クリックし、ショートカット メニューの[リンクの編集] を選択したり、Ctrl キーを押しながら K キーを押したりすることもできます。

  3. [ハイパーリンク の編集] ダイアログ ボックスで、必要な変更を行います。

    注: HYPERLINK ワークシート関数を使用してリンクが作成された場合は、リンク先を変更する数式を編集する必要があります。 リンクを含むセルを選択し、数式を編集 数式バー をクリックします。

  1. コピーまたは移動する ハイパーリンク を右クリックし、ショートカット メニューの [コピー]または [切り取り]を選択します。

  2. リンクをコピーまたは移動するセルを右クリックし、ショートカット メニューの [貼り付け] を選択します。

リンクを削除するには、次のいずれかの操作を行います。

  • リンクを削除するには、セルを選択し、Delete キーを押します。

  • リンクをオフにする (リンクを削除するが、リンクを表すテキストは保持する) には、セルを右クリックし、[リンクの削除] を選択します

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

リンクを削除またはオフにする

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×