You have multiple accounts
Choose the account you want to sign in with.

数式を効率的に使用するには、3 つの重要な考慮事項を理解する必要があります。

計算     は、数式を計算し、数式が含まれるセルに値として結果を表示するプロセスです。 時間を無駄にしてコンピューターの速度を低下させる不要な計算を回避するため、Microsoft Excel は、数式が依存するセルが変更された場合のみ数式を自動的に再計算します。 これは、ブックを最初に開くときとブックを編集しているときの既定の動作です。 ただし、数式が再計算されるタイミングと方法を制御することができます。

反復     は、特定の数値の条件が満たされるまで、繰り返し行われるワークシートの再計算です。 Excel は、数式が入力されているセルを直接的または間接的に参照する数式を自動的に計算できません。 これは循環参照と呼ばれます。 数式が自身のいずれかのセルを逆参照している場合、数式を再計算する回数を決める必要があります。 循環参照は無限に繰り返される可能性があります。 ただし、繰り返しの最大回数および許容可能な変化の量を制御できます。

精度     は、計算の正確さの度合いの尺度です。 Excel は 15 桁の精度で保存および計算を実行します。 ただし、数式を再計算するときに、格納された値ではなく表示された値を使用するように、計算の精度を変更することができます。

計算の進行中に、コマンドを選んだり、数値または数式を入力するなどの操作を実行したりできます。 Excel は、一時的に、他のコマンドまたは操作を実行する計算を中断し、計算を再開します。 計算プロセスで、ブックに多数の数式が含まれている場合、または、ワークシートに、ブックが再計算されるたびに自動的に再計算するデータ テーブルや関数が含まれている場合は、より多くの時間がかかります。 また、計算プロセスで、ワークシートに他のワークシートやブックへのリンクが含まれている場合、時間がかかることがあります。 計算のプロセスを手動計算に変更すると、計算が発生したときにコントロールすることができます。

重要: いずれかのオプションを変更すると、開いているすべてのブックに反映されます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。[オプション] をクリックし、[数式] カテゴリをクリックします。

    Excel 2007 では、 Microsoft Office ボタンをクリックし、[ Excel のオプション] をクリックし、[ 数式 ] カテゴリをクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 値、数式、または名前を変更するたびに、参照先の数式をすべて再計算するには、[計算方法の設定] の [ブックの計算] で [自動] をクリックします。 これは既定の設定です。

    • 値、数式、または名前を変更するたびに、 データテーブル 以外のすべての依存する数式を再計算するには、[ 計算方法の設定 ] セクションの [ ブックの計算] で、[ データテーブル以外自動] をクリックします。

    • 自動再計算を無効にし、ユーザーが明確に指定した場合 (F9 キーを押した場合) にのみ開いているブックを再計算するには、[計算方法の設定] の [ブックの計算] で [手動] をクリックします。

      注: [手動] をクリックすると、[ブックの保存前に再計算を行う] チェック ボックスが自動的に選択されます。 ブックの保存に時間がかかる場合は、[ブックの保存前に再計算を行う] チェック ボックスをオフにすると保存時間が短縮される可能性があります。

    • 開いているワークシート (データ テーブルも含む) をすべて手動で再計算し、開いているグラフ シートをすべて更新するには、[数式] タブの [計算方法] で [再計算実行] をクリックします。

      [計算方法] グループ

    • 作業中のワークシートと、そのワークシートに関連するグラフおよびグラフ シートをすべて手動で再計算するには、[数式] タブの [計算方法] で [シートの計算] をクリックします。

ヒント: また、[Excel のオプション] ダイアログ ボックスの外でこれらのオプションの多くを変更することができます。 [数式] タブの [計算方法] で、[計算方法の設定] をクリックし、[自動] をクリックします。

注: ワークシートに、再計算されていないワークシートにリンクしている数式が含まれており、そのリンクを更新した場合、元のワークシートの再計算が完了していないことを示すメッセージが表示されます。 その値が正しくない場合であっても、リンク元のワークシートに保存されている現在の値を使ってリンクを更新するには、[OK] をクリックします。 リンクの更新を取り消し、リンク元のワークシートから以前取得した値を使うには、[キャンセル] をクリックします。

目的

キー

作業中のブックの中で、最後に計算されたとき以降に変更された数式と、その数式を参照する数式を再計算します。 ブックに自動再計算が設定されている場合は、F9 キーを押して再計算する必要はありません。

F9

作業中のワークシートの中で、最後に計算されたとき以降に変更された数式と、その数式を参照する数式を再計算します。

Shift + F9 

開いているすべてのブックの数式を再計算します。最後に再計算されたとき以降に変更されたかどうかは問いません。

Ctrl + Alt + F9 

依存する数式を確認し、開いているすべてのブックのすべての数式を再計算します。最後に再計算されたとき以降に変更されたかどうかは問いません。

Ctrl + Shift + Alt + F9 

  1. [ファイル] タブをクリックします。[オプション] をクリックし、[数式] カテゴリをクリックします。

    Excel 2007 では、 Microsoft Office ボタンをクリックし、[ Excel のオプション] をクリックし、[ 数式 ] カテゴリをクリックします。

  2. [計算方法の設定] の [反復計算を行う] チェック ボックスをオンにします。

  3. 再計算を実行する最大の回数を設定するには、[最大反復回数] ボックスに反復計算の回数を入力します。 反復計算の回数が多いほど、ワークシートの再計算に必要な時間は長くなります。

  4. 再計算結果の変化の最大値を設定するには、[変化の最大値] ボックスに数値を入力します。 数値が小さいほど、計算結果は正確になりますが、ワークシートの再計算に必要な時間は長くなります。

注: ソルバーおよびゴール シークは、What-If 分析 分析ツールとも呼ばれる一連のコマンドの一部です。 どちらのコマンドも反復計算を使用し、管理された方法で目的の結果を取得します。 いくつかのセルの値を調整して特定のセルの最適値を決める必要がある場合や、計算で 1 つまたは複数の値に特定の制限を適用する場合にソルバーを使用できます。 ゴール シークは、1 つの数式の希望の結果がわかっているものの、結果を判断するために数式で必要な入力値がわかっていない場合に使用できます。

計算の精度を変更する場合は、次の重要な点に注意してください。

既定では、表示されている値ではなく格納されている値を使用して計算されます   

表示および印刷される値は、格納されている値の書式と表示方法により異なります。 たとえば、セルに「2008 年 6 月 22 日」と表示される日付には、セルの日付の値を格納するシリアル番号も含まれています。 日付を別の表示方法 (たとえば、2008/06/22) に変更することができますがワークシートの値の表示を変更しても、格納されている値は変更されません。

計算の精度を変更する場合は注意が必要です   

数式で計算が実行されるとき、Excel では、数式で参照されているセルに格納されている値が使用されます。 たとえば、2つのセルに値10.005 が含まれており、そのセルが通貨形式で値を表示するように書式設定されている場合、値 $10.01 が各セルに表示されます。 2つのセルを一緒に追加すると、Excel では、表示された値ではなく10.005 と10.005 が追加されるため、結果は $20.01 になります。

表示されている (書式設定された) 値を使用してブックの計算の精度を変更すると、セルに保存されている値は、最大精度 (15 桁) から、小数点を含め表示されている形式に永続的に変更されます。 後で、最大精度で計算するように選択しても、基になった元の値は復元できません。

  1. [ファイル] タブをクリックします。[オプション] をクリックし、[詳細設定] をクリックします。

    Excel 2007 では、 Microsoft Office ボタンをクリックし、[ Excel のオプション] をクリックして、[ 詳細設定 ] カテゴリをクリックします。

  2. [次のブックを計算するとき] セクションで目的のブックをクリックし、[表示桁数で計算する] チェック ボックスをオンにします。

Excel では精度が 15 桁に制限されていますが、Excel で保存できる数値のサイズの制限が 15 桁であるということではありません。 制限は、正の数の場合は 9.99999999999999E+307、負の数の場合は -9.99999999999999E+307 です。 これは、1 または -1 の後に 308 個の 0 (ゼロ) が続くのとほぼ同じです。

Excel の有効桁数は、15桁を超える数値が保存され、15桁の精度で表示されることを意味します。 この数字は、小数点の前後の任意の組み合わせで指定できます。 15桁の数字の右側には0が表示されます。 たとえば、1234567.890123456 は16桁の数字 (前後の7桁の数字) を持ち、小数点の後に9桁の数字を表示します。 Excel では、1234567.89012345 として保存され、表示されます (この数式バーとセルに表示されます)。 セルに数値の表示形式を設定して、すべての桁が表示されるようにすると (1.23457 E + 06 などの指数形式ではなく)、数値が1234567.890123450 として表示されます。 末尾の 6 (16 桁目) が削除され、0に置き換えられます。 有効桁数は15桁に制限されているため、次の桁数は0です。

コンピューターには、複数のプロセッサが搭載されている (複数の物理プロセッサが含まれている) 場合や、ハイパースレッド対応になっている (複数の論理プロセッサが含まれている) 場合があります。 このようなコンピューターでは、再計算に使用するプロセッサの数を設定することで、多数の数式を含むブックの再計算にかかる時間を短縮または制御することができます。 多くの場合、再計算のワークロードの各部分は、同時に実行することができます。 このワークロードを複数のプロセッサに分散することで、再計算の完了までにかかる全体の時間を短縮できます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。[オプション] をクリックし、[詳細設定] をクリックします。

    Excel 2007 では、 Microsoft Office ボタンをクリックし、[ Excel のオプション] をクリックして、[ 詳細設定 ] カテゴリをクリックします。

  2. 計算時の複数のプロセッサの使用を有効または無効にするには、[数式] の [マルチスレッド計算を行う] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

        このチェック ボックスは既定で有効になっており、計算中にすべてのプロセッサが使用されます。 コンピューターのプロセッサの数は自動的に検出され、[このコンピューターのすべてのプロセッサを使用する] オプションの横に表示されます。

  3. 必要に応じて、[マルチスレッド計算を行う] を選択した場合は、コンピューターの使用するプロセッサの数を制御できます。 たとえば、使用しているコンピューター上で、専用の処理時間を必要とする他のプログラムが動作している場合、再計算に使用するプロセッサの数を制限することが必要な場合があります。

  4. プロセッサの数を制御するには、[計算スレッドの数] で [手動] をクリックします。 使用するプロセッサの数 (最大数は 1024) を入力します。

以前のバージョンのブックを正しく計算できるようにするため、現在のバージョンで作成したブックを開くときと以前のバージョンの Excel で保存したブックを最初に開くときとでは Excel の動作が異なります。

  • 現在のバージョンで作成したブックを開くと、変更したセルの数式のみが再計算されます。

  • 以前のバージョンの Excel で作成したブックを開くと、ブック内のすべての数式 (変更されたセルに依存する数式や、そうでない数式) が再計算されます。 これにより、ブックは現在の Excel のバージョン用に最適化されます。 例外は、ブックが、手動などの異なる計算モードに設定されている場合です。

  • 完全な再計算には部分的な再計算よりも時間がかかる場合があるため、現在の Excel バージョンで保存されていないブックを開くと、通常より長い時間がかかることがあります。 現在のバージョンの Excel でブックを保存すると、開くまでの時間が短縮されます。

Web 用 Excelでは、数式で使用されているセルのデータを変更すると、数式の結果が自動的に再計算されます。 この自動再計算をオフにして、手動で数式の結果を計算することができます。 その方法は次のとおりです。

注: ブックの [計算方法の変更] オプションを変更すると、現在のブックにのみ影響し、ブラウザーで開いている他のブックは変更されません。

  1. Web 用 Excel スプレッドシートで、[ 数式 ] タブをクリックします。

  2. [ 計算方法の設定] の横にあるドロップダウンリストで、次のいずれかのオプションを選びます。

    • 値、数式、または名前を変更するたびに、すべての依存数式を再計算するには、[ 自動] をクリックします。 既定の設定です。

    • 値、数式、または名前を変更するたびに、 データテーブル 以外のすべての依存する数式を再計算するには、[ データテーブル以外自動] をクリックします。

    • 自動再計算をオフにして、開いているブックのみを再計算するには、[ 手動] をクリックします。

    • ブック (データテーブルを含む) を手動で再計算するには、[ ブックの計算] をクリックします。

注:  Web 用 Excelでは、特定の数値条件が満たされるまで再計算する回数を変更することはできません。また、数式が再計算されるときに、保存されている値ではなく、表示されている値を使用して計算の精度を変更することはできません。 ただし、Excel デスクトップアプリケーションでこれを行うことができます。 [ Excel で開く ] ボタンを使用して、ブックを開いて 計算オプションを指定し、数式の再計算、反復計算、または精度を変更します。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×