メイン コンテンツへスキップ
Support
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

ここでは、Microsoft Excel の FISHER 関数の書式および使用法について説明します。

説明

x に対するフィッシャー変換の値を返します。 この関数を使うと、非対称分布を正規分布に変換することができます。 この関数は、相関係数の仮説検定を行うときに使用します。

書式

FISHER(x)

FISHER 関数の書式には、次の引数があります。

  • X    必ず指定します。 変換の対象となる数値を指定します。

解説

  • x に数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • x ≦ -1 または x ≧ 1 の場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • フィッシャー変換は、次の数式で表されます。

    数式

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。 必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

数式

説明

結果

=FISHER(0.75)

0.75 に対するフィッシャー変換の値を求めます

0.9729551

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×