Outlook 2013 や Outlook 2016 と Windows Internet Explorer 9 以降を使用している場合は、どちらのプログラムからでも、同じ RSS フィード購読リストを表示および管理できます。 この場合、Microsoft Windows の共通フィード リストにより、同じ RSS フィード購読リストを共有します。

共通フィード リストは、Outlook や Internet Explorer などのプログラムで RSS フィード情報の共通の場所として使用されます。 共通フィード リストを使用しているいずれかのプログラムに RSS フィードを追加すると、その RSS フィードが自動的にすべてのプログラムで有効になります。 RSS フィードが共通フィード リストから削除される場合、Outlook からも削除されます。

注: Outlook で RSS フィードを削除しても、共通フィード リストや共通フィード リストを使用する他のプログラムから RSS フィードが削除されることはありません。

Outlook に RSS フィードを初めて追加すると、Outlook と共通フィード リストの間で RSS フィード購読リストを同期するかどうかを確認するメッセージが表示されます。 選んだオプションにかかわらず、後で設定を変更できます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. [RSS フィード] で、[RSS フィードを Windows の共通フィード リスト (CFL) と同期させる] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

    [オプション] ダイアログ ボックスの [RSS フィード] セクション

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×