Internet Explorer 10 ドキュメントモードでクラシック SharePoint サイトを表示する

Internet Explorer 10 ドキュメントモードでクラシック SharePoint サイトを表示する

注: Microsoft 365 アプリとサービスは、2021年8月17日以降 Internet Explorer 11 をサポートしていません。 詳細はこちらをご覧ください。 Internet Explorer 11 はサポートされているブラウザーにとどまりますのでご注意ください。 Internet Explorer 11 は Windows オペレーティングシステムのコンポーネントであり、インストールされている製品の ライフサイクルポリシー に従います。 

ユーザーが Internet Explorer 11 で Microsoft SharePoint サイトを参照すると、サイトが新しいリストとライブラリのエクスペリエンスを使用しているかどうかに関係なく、既定のドキュメントモードはまもなく 11 (エッジモード) になります。 以前のバージョンの互換モード10は強制されなくなります。 これにより、ほとんどのページのパフォーマンスと信頼性が向上します。 ただし、一部のカスタムマスターページまたはカスタム web パーツには、以前の Internet Explorer 10 ドキュメントモードに依存するカスタムコードが含まれている場合があります。

この変更は、既定の uncustomized マスターページにのみ適用されます。 カスタマイズされたマスターページは、目的のドキュメントモードを指定する必要があります。

エッジドキュメントモードでサイトが動作するかどうかを確認する

サイトのカスタマイズが Edge モードで機能するかどうかを判断するには、次の手順を実行します。

  1. Internet Explorer 11 でサイトを開き、F12 キーを押して [開発者ツール] を開きます。

  2. [ エミュレーション ] タブを選び、[ ドキュメントモード] で [ 11] を選びます。

サイトコレクションを Internet Explorer 10 ドキュメントモードに戻す

エッジドキュメントモードでは動作しないカスタマイズがサイトコレクションにあることがわかった場合は、サイトコレクションを Internet Explorer 10 ドキュメントモードに戻すことができます。 これを行うには、CSOM (クライアント側オブジェクトモデル) ラッパーと共に Microsoft PowerShell スクリプトを使用する必要があります。 変更するサイトコレクションのサイトコレクション管理者である必要があります。

たとえば、Internet Explorer 11 モードでは、ActiveX は既定で無効になっているため、これらのコントロールを利用する機能を使うには、サイトコレクションを Internet Explorer 10 ドキュメントモードに戻す必要があります。

  1. 最新の SharePoint 管理シェルをダウンロードしてインストールし、 SharePointに接続します。 詳細については、「 SharePoint 管理シェルの概要」を参照してください。

  2. PowerShell の 実行ポリシーを確認します。

  3. 次のコードをコピーして、メモ帳などのテキストエディターに貼り付けます。

            
            

    # #the スクリプトの最初の2行に CSOM モデルが読み込まれます。

    $loadInfo 1 = [システムリフレクション]:: LoadWithPartialName ("Microsoft. Client")

    $loadInfo 2 = [system.object. アセンブリ]:: LoadWithPartialName ("Microsoft. Client. Runtime")

    $webUrl = ' https:/{domain}. .com/[省略可能なサブ web へのパス] '

    $username = Read-Host-Prompt "サイトコレクション管理者の完全な O365 メールを入力または貼り付けます (例: name@domain.onmicrosoft.com")

    $password = 読み取り専用のパスワード $username "-AsSecureString

    [() $ClientContext = New-Object (Microsoft) = New-Object ($webUrl)

    $clientContext。資格情報 = New-Object SharePointOnlineCredentials ($username, $password)

    サイトコレクションにスクリプトを適用する (Edge を無効にする) には、次の4行のコメントを解除します (エッジを無効にする)。 #To

    # $site = $clientContext

    # $featureguid = new-オブジェクトシステム. Guid "80e4777 7-D21C44 6E0-21139-7C7741EB4B54"

    # $site機能. Add ($featureguid, $true, [Microsoft] の FeatureDefinitionScope]:: なし)

    # $clientContext.ExecuteQuery ()

    スクリプトをサイトコレクションに適用する (Edge を有効にする) #To、次の4行のコメントを解除します。

    # # $site = $clientContext

    # # $featureguid = new-object System. Guid "80e4777 7-D21C44 6E0-9139-7C7741EB4B54"

    # # $site。機能。削除 ($featureguid, $true);

    # # $clientContext.ExecuteQuery ()

  4. コードのコメント行を削除し (# # で始まります)、ファイルを拡張子として ANSI エンコードのテキストファイルとして保存します。 この例では、スクリプトファイルに "IEMode.ps1" という名前を指定します。

  5. ファイルを保存したディレクトリに変更します。

  6. PowerShell コマンドプロンプトで、次のように入力します。

    ./IEMode.ps1

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×