Lync 2010 のキーボード ショートカット

Office 2010 のサポートはまもなく終了します

Microsoft 365 にアップグレードすると、あらゆるデバイスでどこでも作業を行うことができ、サポートを引き続き受けることができます。

今すぐアップグレード

キーボード ショートカットは、複数のキーを同時に押すことで、通常はマウスなどのポインティング デバイスを必要とする操作を実行できる機能です。キーボード ショートカットによって、Windows オペレーティング システムと Microsoft Lync 2010 通信ソフトウェアで作業するときの時間と労力を削減することができます。 また、メニューをチェックして、メニューやその他のコマンドで実行する操作に使用できるキーボード ショートカットがあるかどうかを確認できます。

この記事で説明するキーボード ショートカットは、Lync ユーザー インターフェイス (UI) の機能領域別に分類されています。キー (Del キーや Esc キー) は、環境のコンテキストに応じて機能します。たとえば、連絡先カードを閉じるには連絡先カードで Esc キーを押しますが、ビデオを閉じたり全画面のビデオを終了するにはビデオ画面で Esc キーを押す必要があります。

注:  Alt + C キーおよび Alt + D キーは、招待を承諾または辞退するために使用します。これらには、オーディオ、ビデオ、通話、および共有要求が含まれます。

この記事の内容

一般 (任意のウィンドウ)

Lync のメイン ウィンドウ

連絡先リスト

連絡先カード

[会話] ウィンドウ

通話コントロール ([会話] ウィンドウ)

ビデオ ([会話] ウィンドウ)

IM ([会話] ウィンドウ)

会話または会議ステージ

会話環境

一般 (任意のウィンドウ)

フォーカスがあればどのウィンドウでも、次のキーボード ショートカットを使用できます。

キーまたは
キーの組み合わせ

操作内容

Windows ロゴ キー + Q

Lync 2010 が最小化されているときに、メインのユーザー インターフェイスを開きます。

Windows ロゴ キー + A

受信した招待を承諾します。

Windows ロゴ キー + X

招待を辞退し、状態を [応答不可] に変更します。

Windows ロゴ キー + Esc

招待を辞退します。

Ctrl + Shift + Space

フォーカスをアプリケーション共有ツール バーに移します。

Ctrl + Alt + Space

画面を共有しているときに、制御を取り戻します。

Ctrl + Shift + S

画面の共有を停止します。

Lync のメイン ウィンドウ

Lync のメイン ウィンドウが前面に表示されているときは、次のキーボード ショートカットを使用します。

キーまたは
キーの組み合わせ

操作内容

Ctrl + 1

[連絡先リスト] タブに移動します。

Ctrl + 2

[アクティビティ フィード] タブに移動します。

Ctrl + 3

[会話リスト] タブに移動します。

Ctrl + 4

[電話] タブに移動します。

Alt + A

[会話リスト] タブを表示しているときに、すべての会話を表示します。

Alt + D

[会話リスト] タブを表示しているときに、不在着信した会話を表示します。

Alt + C

[会話リスト] タブを表示しているときに、不在着信を表示します。

Ctrl + 1 または Ctrl + Shift + 1

代理人として、別の人の勤務先電話に通話を転送します。

連絡先リスト

連絡先リストを表示しているときは、次のキーボード ショートカットを使用します。

キーまたは
キーの組み合わせ

操作内容

Del

選択したカスタム グループまたは連絡先を削除します。

Alt + Space

[システム] メニューを開きます。

Alt + F4

Lync を閉じます。

Alt + ↑

選択したグループを上へ移動します。

Alt + ↓

選択したグループを下へ移動します。

Alt + Enter

ショートカット メニュー: 選択した連絡先またはグループの連絡先カードを開きます。

Ctrl + C

ショートカット メニュー: コピーします。

Ctrl + V

ショートカット メニュー: 貼り付けます。

Ctrl + Tab

連絡先カードの下部にあるタブ間を移動します。

Ctrl + Shift + Tab

連絡先カードのタブ間を逆の順序で移動します。

Ctrl + ←

選択したグループを折りたたみます。

Ctrl + →

選択したグループを展開します。

Ctrl + Enter

選択した連絡先に電話をかけます。

Shift + Del

選択した連絡先を連絡先リストから削除します (非配布グループのメンバーのみ)。

Shift + Tab

ユーザー インターフェイス (UI) 内を逆の順序で移動します。

Shift + Enter、Ctrl + Enter

改行コードを追加します。

Shift + ↑

1 つ上の連絡先を選択します。キーボードでは、隣接していない連絡先を複数選択することはできません。

Shift + ↓

1 つ下の連絡先を選択します。

連絡先カード

連絡先カードを表示しているときは、次のキーボード ショートカットを使用します。Alt キーを押しながら Enter キーを押すと、連絡先カードが開きます。

キーまたは
キーの組み合わせ

操作内容

Esc

連絡先カードを閉じます。

Ctrl + Enter

既定の番号に電話をかけます。

連絡先カードが最小化されている場合、[IM]、[通話]、[ビデオ]、および [共有] アイコン間を移動します。

連絡先カードが最小化されている場合、[IM]、[通話]、[ビデオ]、および [共有] アイコン間を元に戻ります。

[会話] ウィンドウ

[会話] ウィンドウを表示しているときは、次のキーボード ショートカットを使用します。

キーまたは
キーの組み合わせ

操作内容

F1

ヘルプのホーム ページ ([ヘルプ] メニュー) を開きます。

Esc

全画面表示にしている場合は全画面表示を終了します。それ以外の場合、音声、ビデオ、または共有が使用されている場合にのみ会話ウィンドウが閉じます。

Alt + l

既存の会話に連絡先を招待します。

Alt + F4

会話ウィンドウを閉じます。

Alt + D

送信されたファイルを辞退します。

Alt + P

受信したファイルを開きます。

Alt + R

会議で音声を有効にして再参加します。

Alt + S

[会話] ウィンドウで送信されたファイルの [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを開きます。

Ctrl + S

IM 履歴の内容を保存します。1 対 1 の会話で使用できます。

Crtl + M

ビデオを一時停止または再開します (ビデオが再生中の場合のみ)。

Ctrl + J

[操作] メニュー: 会話の件名を変更します。[会話オプションの設定] ダイアログ ボックスを開きます。

Ctrl + W

インスタント メッセージ領域の表示/非表示を切り替えます。

Ctrl + F

ファイルを送信します。

Ctrl + N

Microsoft OneNote メモ作成プログラムを使用してメモを作成します。OneNote を起動します。

Ctrl + R

参加者リストの表示/非表示を切り替えます。

Ctrl + Shift + Enter

電話の通話を開始または終了します。

Ctrl + Shift + H

進行中の会話を保留または再開します。

Ctrl + Shift + l

会話の重要度を高としてマークします。1 対 1 の会話では使用できますが、会議では使用できません。

Ctrl + Shift + Y

共有ステージが表示される場合、左側の領域の表示/非表示を切り替えます。

通話コントロール ([会話] ウィンドウ)

通話コントロールでは次のキーボード ショートカットを使用します。

キーまたは
キーの組み合わせ

操作内容

Alt + Q

通話を終了します。

Ctrl + Shift + T

転送: 連絡先の選択リストを開きます。

Ctrl + Shift + H

通話を保留にします。

Ctrl + Shift + D

ダイヤル パッドを表示します。

ビデオ ([会話] ウィンドウ)

[会話] ウィンドウでビデオを使用しているときは、次のキーボード ショートカットを使用します。

キーまたは
キーの組み合わせ

操作内容

F5

ビデオを全画面で表示します。[会話] ウィンドウにステージ領域が表示されるときは、F5 キーを押してもビデオは全画面表示になりません。

Esc

全画面表示のビデオを終了します。

Ctrl + M

ビデオを開始または一時停止します。

Ctrl + D

会話中にビデオを追加するか、ビデオを終了します。

IM ([会話] ウィンドウ)

他の人とインスタント メッセージを行っている場合は、次のキーボード ショートカットを使用します。

キーまたは
キーの組み合わせ

操作内容

F1

ヘルプを開きます。

F12

IM 会話を保存します。

Shift + Ins または Shift + V

貼り付けます。

Ctrl + G

リンクを開きます。

Ctrl + A

すべてのコンテンツを選択します。

Ctrl + B

選択したテキストを太字にします。

Ctrl + C

選択したテキストをコピーします。

Ctrl + X

選択したテキストを切り取ります。

Ctrl + l

選択したテキストを斜体にします。

Ctrl + T

選択したテキストに取り消し線を付けます。

Ctrl + U

選択したテキストに下線を付けます。

Ctrl + Y

直前の操作をやり直します。

Ctrl + Z

直前の操作を元に戻します。

Ctrl + ]

選択したフォントを 1 サイズ大きくします。

Ctrl + [

選択したフォントを 1 サイズ小さくします。

Ctrl + Shift + F

フォントの色を変更します (自分で入力したフォントの色のみ変更され、他の人が入力したフォントの色は変更されません)。

Ctrl + Shift + B

会話の開始に使用された項目を検索します。

Ctrl + Shift + < + Shift + >

インスタント メッセージ テキストで選択したテキストのフォント サイズを増減します。

会話または会議ステージ

キーまたは
キーの組み合わせ

操作内容

F5

[会話] ウィンドウの会議ステージを全画面で表示します。

Esc

全画面になっている場合、全画面を終了します。

Ctrl + Shift + S

デスクトップまたはプログラムの共有を停止します。これによって、PowerPoint プレゼンテーション、ホワイトボード、または投票を行う機能の共有は停止されません。

Ctrl + Shift + E

フォーカスをコンテンツ ビンに移動します。ステージが表示可能であることが必要です。

Ctrl + Shift + Y

会議ウィンドウの左ペインなど、名簿や IM 領域などの項目を含むペインを開いたり、閉じたりします。

Ctrl + Shift + Space

フォーカスを共有バーに移動します。

Ctrl + Alt + Space

デスクトップまたはアプリケーションを共有するときに、制御を取り戻します。

会話環境

会話環境では、次のキーボード ショートカットを使用します。ピボットのフィルターは、[会話] アイコンを選択しているときにアイコン領域の下に表示されます。すべてのフィルターでは、最新の 100 の会話が表示され、不在着信のフィルターでは、時間枠内で不在着信した会話が表示され、通話のフィルターでは時間枠内のすべての通話が表示されます。

操作内容

Alt + A

"すべて" のピボット フィルターを選択します。

Alt + S

"不在着信" のピボット フィルターを選択します。

Alt + C

"通話" のピボット フィルターを選択します。

Del

選択した項目を削除します。

PageUp

1 ページ上に移動します。

PageDown

1 ページ下に移動します。

Home

リストの先頭に移動します。

End

リストの末尾に移動します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×