Mac でワークシートを保護する

他のユーザーが誤って、または意図的にデータを変更、移動、または削除することを防ぐために、Excel ワークシートのセルをロックし、さらにシートをパスワードで保護することができます。 たとえば、自分が所有者であるチームの進捗レポートのワークシートがあり、このワークシートを、チームのメンバーが特定のセルだけにデータを追加でき、それ以外の変更ができないようにする必要があるとします。 ワークシートを保護すると、シートの特定の部分だけを編集可能にすることができ、ユーザーはシートの他の領域のデータを変更できなくなります。

注意: Excel for Mac のパスワードには 15 文字までの制限があります。 そのため、Windows 版の Excel または Word で 15 文字を超えるパスワードによって保護されているブックまたは文書を開くことができません。 そのファイルを Office for Mac で開く場合は、Windows 版の作成者にパスワードの長さを調整するように依頼します。 シートとブックの要素の保護は、ブックレベルのパスワードセキュリティと混同しないようにしてください。 要素の保護は、悪意のあるユーザーからブックを保護することはできません。 セキュリティの追加レイヤーとして、パスワードを使用してブックのファイル全体を保護する必要があります。

シートの要素を保護する

ワークシートの保護するプロセスには 2 つの手順があります。最初の手順では、他のユーザーによる編集を可能にするセルのロックを解除します。その後、パスワードありまたはなしでワークシートを保護できます。

  1. 保護するシートを開きます。

  2. [レビュー]、[シートの保護] の順にクリックします。

    リボンの [シートの保護] オプション

  3. [ このシートのユーザーに許可する 操作] ボックスの一覧で、ユーザーが変更できるようにする要素を選択します。

    シート内で保護できる要素

    オプション

    許可するユーザーの操作

    ロックされたセル範囲の選択

    [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [保護] タブで、[ロック] チェック ボックスがオンになっているセルにポインターを移動すること。 既定では、ユーザーはロックされたセルを選択できます。

    ロックされていないセル範囲の選択

    [セルの書式設定] ダイアログボックスの [保護] タブで、[ロック] ボックスがオフになっているセルにポインターを移動します。 既定では、ユーザーはロックされていないセル範囲を選択でき、Tab キーを押して保護されたワークシート上のロックされていないセル間を移動できます。

    セルの書式設定

    [セルの書式設定] または [条件付き書式] ダイアログ ボックスのオプションのどれかを変更すること。 シートを保護する前に条件付き書式を適用した場合は、別の条件に合う値を入力して書式を変更することができます。

    列の書式設定

    列幅の変更や列の非表示など、列の書式設定コマンドを使うこと ([ホーム] タブ、[セル]、[書式] の順に選択)。

    行の書式設定

    行の高さ変更や行の非表示など、行の書式設定コマンドを使うこと ([ホーム] タブ、[セル]、[書式] の順に選択)。

    列の挿入

    列を挿入すること。

    行の挿入

    行を挿入すること。

    ハイパーリンクの挿入

    新しいハイパーリンクを挿入すること (ロックされていないセルへの挿入も含む)。

    列の削除

    列を削除すること。

    注: [列の削除] が保護されていて、[列の挿入] は保護されていない場合、ユーザーは列を挿入できますが、削除はできません。

    行の削除

    行を削除すること。

    注: [行の削除] を禁止して [行の挿入] を許可すると、ユーザーは自分が挿入した行を削除できなくなります。

    並べ替え

    任意のコマンドを使用してデータを並べ替えます。

    注: ユーザーは、この設定に関係なく、保護されたワークシート上のロックされたセルを含む範囲は、並べ替えできません。

    フィルター​​

    任意のコマンドを使用してデータをフィルター処理します。

    ピボットテーブル レポートを使用する

    書式設定、レイアウトの変更、更新、またはピボットテーブル レポートの変更を行うことや、新しいレポートを作成すること。

    オブジェクトの編集

    次のいずれかの操作を行うこと。

    • ワークシートを保護する前にロック解除しなかったマップ、埋め込みグラフ、図形、テキスト ボックス、コントロールなどのグラフィック オブジェクトを変更すること。 たとえば、ワークシートにマクロを実行するボタンがある場合、そのボタンをクリックしてマクロを実行することはできますが、そのボタンを削除することはできません。

    • 埋め込みグラフに対し、書式設定などの変更を加えること。 グラフは、ソース データが変更されると更新されます。

    • コメントを追加または編集すること。

    シナリオの編集

    非表示にしたシナリオの表示、変更できないように設定したシナリオの変更、およびシナリオの削除。 セルが保護されていない場合は、そのセルの値を編集したり、新規シナリオを追加したりすることができます。

  4. オプション-シートのパスワードを入力し、[ 確認] でパスワードをもう一度入力します。

    注: パスワードは省略可能です。 パスワードを設定しない場合は、すべてのユーザーがシートの保護を解除したり、保護された内容を変更したりできます。 パスワードを入力する場合は、覚えやすいパスワードを選ぶか、パスワードをメモして安全な場所に保管してください。 パスワードをなくした場合、シート上の保護されたパーツにアクセスすることはできません。

  5. [OK] をクリックします。

ワークシートを保護すると、リボンの [シートの保護] オプションが [シート保護の解除] に変わります。

[シート保護の解除]

  1. 保護されたシートを選択します。

  2. [校閲] タブの [シート保護の解除] をクリックします。

    [シート保護の解除]
  3. メッセージが表示されたら、保護されたシートのパスワードを入力します。

ワークシートの保護を解除すると、グラフィック、オブジェクト、および数式のロックを解除することができます。 詳細については、後続のセクションを参照してください。

ワークシートの保護を解除すると、グラフィックス、オブジェクト、範囲、および数式のロックを解除することができます。 詳細については、次を参照してください。

目的

操作

ユーザーが変更できるようにするセルのロックを解除する

各セルまたは範囲を選択します。 [ 書式 ] メニューの [ セル] をクリックし、[ 保護 ] タブをクリックして、[ ロック ] チェックボックスをオフにします。

ユーザーが変更できるようにするグラフィックのロックを解除する

グラフィックを選択し、[ 書式 ] メニューで、ロックを解除するグラフィックの種類 ( 図形テキスト、または 画像) のコマンドをクリックします。 ナビゲーションウィンドウで、[ プロパティ] をクリックし、[ ロック ] チェックボックスをオフにします。

ユーザーが変更できるようにするオブジェクトまたはコントロールのロックを解除する

オブジェクトまたはコントロールを選択し、[書式] メニューで [オブジェクトまたはコントロール書式設定] をクリックします。 [ 保護 ] タブをクリックし、[ ロック ] チェックボックスをオフにします。 [ テキストをロック する] チェックボックスが表示されている場合はオフにします。

ユーザーに表示しない数式を非表示にする

数式が入力されているセルを選択します。 [ 書式 ] メニューの [ セル] をクリックし、[ 保護 ] タブをクリックして、[ 隠し オブジェクト] チェックボックスをオンにします。

シートの要素を保護する

ワークシートの保護するプロセスには 2 つの手順があります。最初の手順では、他のユーザーによる編集を可能にするセルのロックを解除します。その後、パスワードありまたはなしでワークシートを保護できます。

  1. 保護するシートを開きます。

  2. [ 校閲 ] タブの [ 保護] で、[ シート] をクリックします。

  3. [ このシートのユーザーに許可する 操作] ボックスの一覧で、ユーザーが変更できるようにする要素を選択します。

    シート内で保護できる要素

    オプション

    許可するユーザーの操作

    ロックされたセル範囲の選択

    [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [保護] タブで、[ロック] チェック ボックスがオンになっているセルにポインターを移動すること。 既定では、ユーザーはロックされたセルを選択できます。

    ロックされていないセル範囲の選択

    [セルの書式設定] ダイアログボックスの [保護] タブで、[ロック] ボックスがオフになっているセルにポインターを移動します。 既定では、ユーザーはロックされていないセル範囲を選択でき、Tab キーを押して保護されたワークシート上のロックされていないセル間を移動できます。

    セルの書式設定

    [セルの書式設定] または [条件付き書式] ダイアログ ボックスのオプションのどれかを変更すること。 シートを保護する前に条件付き書式を適用した場合は、別の条件に合う値を入力して書式を変更することができます。

    列の書式設定

    列幅の変更や列の非表示など、列の書式設定コマンドを使うこと ([ホーム] タブ、[セル]、[書式] の順に選択)。

    行の書式設定

    行の高さ変更や行の非表示など、行の書式設定コマンドを使うこと ([ホーム] タブ、[セル]、[書式] の順に選択)。

    列の挿入

    列を挿入すること。

    行の挿入

    行を挿入すること。

    ハイパーリンクの挿入

    新しいハイパーリンクを挿入すること (ロックされていないセルへの挿入も含む)。

    列の削除

    列を削除すること。

    注: [列の削除] が保護されていて、[列の挿入] は保護されていない場合、ユーザーは列を挿入できますが、削除はできません。

    行の削除

    行を削除すること。

    注: [行の削除] を禁止して [行の挿入] を許可すると、ユーザーは自分が挿入した行を削除できなくなります。

    並べ替え

    任意のコマンドを使用してデータを並べ替えます。

    注: ユーザーは、この設定に関係なく、保護されたワークシート上のロックされたセルを含む範囲は、並べ替えできません。

    フィルター​​

    任意のコマンドを使用してデータをフィルター処理します。

    ピボットテーブル レポートを使用する

    書式設定、レイアウトの変更、更新、またはピボットテーブル レポートの変更を行うことや、新しいレポートを作成すること。

    オブジェクトの編集

    次のいずれかの操作を行うこと。

    • ワークシートを保護する前にロック解除しなかったマップ、埋め込みグラフ、図形、テキスト ボックス、コントロールなどのグラフィック オブジェクトを変更すること。 たとえば、ワークシートにマクロを実行するボタンがある場合、そのボタンをクリックしてマクロを実行することはできますが、そのボタンを削除することはできません。

    • 埋め込みグラフに対し、書式設定などの変更を加えること。 グラフは、ソース データが変更されると更新されます。

    • コメントを追加または編集すること。

    シナリオの編集

    非表示にしたシナリオの表示、変更できないように設定したシナリオの変更、およびシナリオの削除。 セルが保護されていない場合は、そのセルの値を編集したり、新規シナリオを追加したりすることができます。

  4. オプション-シートのパスワードを入力し、[ 確認] でパスワードをもう一度入力します。

    注: パスワードは省略可能です。 パスワードを設定しない場合は、すべてのユーザーがシートの保護を解除したり、保護された内容を変更したりできます。 パスワードを入力する場合は、覚えやすいパスワードを選ぶか、パスワードをメモして安全な場所に保管してください。 パスワードをなくした場合、シート上の保護されたパーツにアクセスすることはできません。

  5. [OK] をクリックします。

シートが保護されている場合、リボンの [ シート ] オプションが有効になります。

シートが保護されている場合は、シートアイコンが有効になります。

  1. 保護されたシートを選択します。

  2. [ 校閲 ] タブの [ 保護] で、[ シート] をクリックします。

    シートが保護されている場合は、シートアイコンが有効になります。
  3. メッセージが表示されたら、保護されたシートのパスワードを入力します。

ワークシートの保護を解除すると、グラフィック、オブジェクト、および数式のロックを解除することができます。 詳細については、後続のセクションを参照してください。

ワークシートの保護を解除すると、グラフィックス、オブジェクト、範囲、および数式のロックを解除することができます。 詳細については、次を参照してください。

目的

操作

ユーザーが変更できるようにするセルのロックを解除する

各セルまたは範囲を選択します。 [ 書式 ] メニューの [ セル] をクリックし、[ 保護 ] タブをクリックして、[ ロック ] チェックボックスをオフにします。

ユーザーが変更できるようにするグラフィックのロックを解除する

グラフィックを選択し、[ 書式 ] メニューで、ロックを解除するグラフィックの種類 ( 図形テキスト、または 画像) のコマンドをクリックします。 ナビゲーションウィンドウで、[ プロパティ] をクリックし、[ ロック ] チェックボックスをオフにします。

ユーザーが変更できるようにするオブジェクトまたはコントロールのロックを解除する

オブジェクトまたはコントロールを選択し、[書式] メニューで [オブジェクトまたはコントロール書式設定] をクリックします。 [ 保護 ] タブをクリックし、[ ロック ] チェックボックスをオフにします。 [ テキストをロック する] チェックボックスが表示されている場合はオフにします。

ユーザーに表示しない数式を非表示にする

数式が入力されているセルを選択します。 [ 書式 ] メニューの [ セル] をクリックし、[ 保護 ] タブをクリックして、[ 隠し オブジェクト] チェックボックスをオンにします。

Excel の機能を向上させるためのお願い

次のバージョンの Excel の改善に関して、ご提案はございませんか。 その場合は、Excel の [ユーザーの ] のトピックを確認してください。

関連項目

ブックを保護

ファイル内のコンテンツへのアクセスを制限する

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×