Microsoft Edge で Netflix を実行した時の "D7361-1253" エラー

Microsoft Edge で Netflix ビデオが表示されないエラーを回避する方法について説明します。

現象

Microsoft Edge で Netflix ビデオを再生すると、"D7361-1253" エラーが発生することがあります。 この問題は、Netflix の再生用のブラウザーのタブを別のディスプレイからドラッグしているときに発生します。 特にこの問題は、2 つのディスプレイに異なるビデオ カードがインストールされている場合に発生します。

以前のバージョン (バージョン89.0.715.0 より前) の Microsoft Edge を実行している場合、この問題はブラウザーのデジタル著作権管理 (DRM) デコード バグが原因で発生します。 Microsoft Edge の最新バージョンにアップグレードし、"回避策" のセクションを参照してください。

回避策

Microsoft Edge バージョン89.0.715.0 以降を実行している場合は、ブラウザー タブを 2 台目のディスプレイにドラッグした後、この問題を回避するには、そのディスプレイ上でタブを閉じて、もう一度開きます。

ヒント: Microsoft Edge の [スタートアップ] の設定が [前回の場所から続行する] に設定されていない場合は、Netflix を実行していたタブの URL をコピーして、タブを閉じて、もう一度開き、開いたタブのアドレス バーに URL を貼り付けます。

注: 現在、この問題の完全な解決方法について調査中です。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×