Microsoft Exchange アカウントは、職場または学校のメール アカウントです。 Exchange メール アカウントを提供した組織は、 Microsoft Exchange Serverを実行している、またはメールを Microsoft 365 を使用 Exchange Server を使用しています。

通常は、Exchange サーバーの名前を知る必要がなされません。 その場合は、Exchange メール アドレスを指定したユーザーに連絡し、Exchange サーバーの名前 を確認します。

モバイル デバイスを設定すると、自動検出機能によって、自動的に Exchange Server 名とメールボックスが検索され、Outlook が構成されます。 サーバーの検索には、指定したメール アカウントのドメイン名が使用されます。 自動検出が失敗した場合にのみ、Exchange サーバーの名前を求めるメッセージが表示されます。 このような場合、通常は何か問題が起きているので、メール アドレスを割り当てた担当者に問い合わせる必要があります。 Exchange サーバーの名前が表示され、アカウントのセットアップ Outlook。

Exchange アカウントを使用すると、メール メッセージは Exchange サーバー上のメールボックスに配信され、保存されます。 連絡先と予定表もメールボックスに保存されます。

企業または学校が Exchange サーバーをセットアップするときに、Exchange アカウントがサーバー上のメールにアクセスするために使用する方法を選択します。 これにより、メールの動作が決定されます。 可能性は次のとおりです。Exchange アカウントの設定方法を企業または学校に問い合う:

  • Exchange ActiveSync;MAPI/HTTP は 、通常、ノート PC、電話、タブレットから Exchange メールにアクセスする方法です。 メールにアクセスまたは読んだ場合、実際にはモバイル デバイスにメールをダウンロードしたり保存したりしているのではない。代わりに、次の方法でExchange Server。 インターネットに接続していない場合でもメールにアクセスできます。

  • IMAP(Exchange ActiveSync) は、どこにいても、どのデバイスからでもメールにアクセスする方法です。 IMAP を使用してメール メッセージを読んだ場合、実際にはメール メッセージをコンピューターにダウンロードまたは保存しているわけではありません。代わりに、次の方法でExchange Server。

    IMAP の場合、受信トレイ、削除済みのアイテム、送信済みのアイテムの各フォルダーにあるメールは、デバイスとサーバー間で同期されます。 IMAP を使用すると、予定表の記憶域を少なくすることができますが、他のユーザーとの予定表の共同作業はサポートされません

  • POP メールは、Exchange Server からユーザーのコンピューターにダウンロードされます。 メールをユーザーのコンピューターにダウンロードすると、メールはサーバーから削除されます。 ダウンロード後のメールにアクセスするには、同じコンピューターを使用する必要があります。 別のコンピューターまたはデバイスからメールにアクセスすると、以前にダウンロードしたメッセージの一部が削除されたように見えます。

Exchange メール アカウントを使用すると、会社の IT 部門が管理する Exchange Server に接続していなくても、メール メッセージを利用できます。 これは、オフラインでの使用、または Exchange キャッシュ モードの使用と呼ばれます。

メール アイテムと予定表アイテムのコピーは、ユーザーのコンピューターのオフライン Outlook データ ファイル (.ost) に保存されます。 このファイルは、会社の IT 部門が管理する Exchange Server に接続しているときに、Exchange Server 上のアイテムと定期的に同期されます。 これは、Exchange Server 上にあるユーザーのメールボックスのコピーです。

データは会社の Exchange Server 上にあるので、ファイルをバックアップしなくても、新しいコンピューターでこのオフライン Outlook データ ファイル (.ost) を再作成できます。

オフライン Outlook データ ファイル (.ost) を開くには、作成したコンピューター上の Outlook プロファイルを使用する必要があります。

Outlook のアカウント設定 を確認して 、Outlook プロファイルのメール アカウントの種類を確認できます。

  1. メニューで、[ファイル]、次に[アカウント設定]、および [アカウント設定] の順に選択します

  2. [電子 メール] タブ の [ 種類] 列には、各エントリのアカウントの種類が一覧表示されます。

    アカウント設定

注: 一部の Outlook 機能にアクセスするには、アカウントが特定のバージョンのアカウントにインストールされている必要Exchange Server。 アカウントが接続する Exchange Server のバージョンを確認する方法については、「アカウントが接続する Microsoft Exchange のバージョンを確認する」を参照してください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×