最終更新日: 2010 年 10 月

目次

Microsoft Lync 2010 のプライバシーに関する補足情報

このページは、「Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明」の補足情報です。 特定の Microsoft Lync 製品またはサービスに関するデータ収集と利用の方法について理解するためには、Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明と、この補足情報の両方を参照する必要があります。

このプライバシーに関する補足情報は、お客様または企業のネットワークに展開される Microsoft Lync 2010 通信ソフトウェアの展開と使用に対処します。 Microsoft Lync Server 2010 をサービスとして使用している場合 (つまり、サードパーティ (Microsoft など) がソフトウェアを実行するサーバーをホストしている場合)、情報はそのサード パーティに送信されます。 サード パーティに送信されるデータの使用に関する詳細については、エンタープライズ管理者またはサービス プロバイダーに問い合わせてください。

アーカイブ

この機能の機能: アーカイブを使用すると、管理者はインスタント メッセージングの会話、会議アクティビティとコンテンツ、ユーザー サインインや会話の開始や参加などの使用特性をアーカイブできます。

収集、処理、または送信された情報: アーカイブには、インスタント メッセージングの会話のコンテンツ、インスタント メッセージングの使用状況に関する情報、会議のコンテンツ、管理者が構成するサーバー上の会議情報が格納されます。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: 管理者は、この情報を使用して、企業による Lync 2010 の使用を管理できます。

選択/制御: アーカイブは既定でオフになっており、エンタープライズ管理者が有効にする必要があります。 会社のデータ使用状況と監視ポリシーを確認して、アーカイブを有効にできるかどうかを判断する必要があります。

アクティビティ フィード

この機能の機能: アクティビティ フィードを使用すると、連絡先リストで連絡先から "ソーシャル更新プログラム" を表示できます。 最新の個人用メモ、画像の変更、タイトルまたはオフィスの場所の変更を他のユーザーに表示できます。

収集、処理、または送信された情報: Lync でプレゼンスを通じて、次の情報を公開します。

  • 会社の画像の更新時刻 (Active Directory Domain Servicesなど、企業の企業ディレクトリから)

  • 更新された時刻の Web 画像 (アップロードして他のユーザーに表示させたいもの)

  • 会社の役職が変更された時刻

  • 会社のオフィスの場所が変更された時刻

  • 投稿した最後のいくつかの個人メモの履歴

  • Microsoft Exchange ServerからのメモのOffice

Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: この情報は、アクティビティ フィードを表示している連絡先と共有され、家族と友人、ワークグループ、同僚、または外部連絡先のプライバシー関係にあります。

選択/コントロール:

上記の情報を共有するかどうかを制御するには、次の手順を実行します。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [ 個人用 ] タブの [ アクティビティ フィード] で、これらの更新プログラムの共有をオンまたはオフに切り替えます。 現在の個人用メモと現在の不在時のメモが設定されている場合は、アクティビティ フィードに表示されます。 個人のメモに情報を表示しない場合は、メモ フィールドを空白のままにするだけです。

  3. [OK] をクリックします。

音声テスト サービス

この機能の機能: [通話品質の確認] ボタンを使用すると、Lync でテスト通話を行い、通話の音声品質を確認できます。 これにより、実際の通話でどのように聞こえるかを聞き取ります。 テスト呼び出しを行うと、音声テスト サービスから、ビープ音の後に音声サンプルを録音するように求められます。 音声サンプルは、定義済みの期間 (たとえば 5 秒) に記録され、その後、自分に再生されます。 ネットワークが最適でない場合、または適切なデバイス設定がない場合は、記録再生からこれを検出します。

収集、処理、または送信された情報: テスト呼び出しを行うと、音声テスト サービスはプロンプトの後に音声サンプルを記録します。 通話を終了すると、音声サンプルが削除されます。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: 音声サンプルは、実際の通話でのサウンドを確認し、デバイスが適切に設定されており、通話の準備ができていることを示すために使用します。 ユーザーは、この録音された音声サンプルを聞いて、デバイスが正常に動作し、オーディオが適切にレンダリングされていることを確認することで、実際の通話を行う準備ができているかどうかを判断できます。

選択/制御: 音声サンプルを録音したくない場合は、テスト通話を行わなくてもかまいません。 次のようにテスト呼び出しを行うことができます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [オーディオ デバイス] タブで [通話品質の確認] をクリックし、指示に従います。

  3. [OK] をクリックします。

通話ログ

この機能の機能: 通話履歴を使用すると、Lync 音声通話のレコードを Microsoft Outlook フォルダーに格納できます。

収集、処理、または送信された情報: 音声通話に関する情報 (開始時刻、終了時刻、継続時間、通話参加者など) は、Outlookの会話履歴フォルダーに格納されます。 また、ユーザーまたはエンタープライズ管理者は、[オプション] ダイアログ ボックスの [個人用] タブでOutlookを個人情報マネージャーとして使用することを選択して、会議の件名と場所を記録することもできます。 通話ログには、音声通話の内容は保存されません。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: この情報を使用して、音声通話履歴を確認できます。

選択/制御: 通話ログ機能は既定でオンになっています。 管理者が通話ログを制御する機能を無効にしていない場合は、次のように設定を変更できます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [個人用] タブで、[ Outlook会話履歴フォルダーに通話ログを保存する] チェック ボックスをオフにします。

  3. [OK] をクリックします。

通話呼び出し

この機能の機能: 通話委任を使用すると、1 つまたは複数の代理人を割り当て、代理人に代わって通話を発信して応答し、代理でオンライン会議に参加することができます。

収集、処理、または送信された情報: 代理人が代理で通話に応答すると、このイベントについて通知する電子メール通知が届きます。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: この機能を使用して、代理人と連携して、スケジュールや会議を管理したり、代理人が行った通話や応答 (または代理) に関する代理人とのフォローアップを行うことができます。

選択/制御: 通話委任は既定でオフになっていますが、エンタープライズ管理者はオンまたはオフにできます。 有効になっている場合は、次のようにデリゲートを設定できます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [ 通話転送 ] タブで、[ 通話の同時呼び出しまたは転送] をクリックし、ドロップダウン リストで [ 自分の代理人 ] をクリックします。

  3. 代理人が構成されていない場合は、[ 追加] をクリックし、代理人として設定するユーザーを選択します。

  4. [デリゲート] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

  5. [通話転送] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

    注: 

    • 代理人として設定されているユーザーには、Lync で代理人として設定されていることを通知する通知が表示されます。

    • Enterprise管理者は、Lync Server 2010 Exchange予定表デリゲートの同期を設定できます。 有効にすると、適切なアクセス許可を持つExchange予定表代理人 (非編集作成者のアクセス許可以上) が Lync の代理人として自動的に追加されます。 ただし、通話転送の設定は変更されません。

着信の転送オプションを設定する

この機能の機能: 通話転送を使用すると、不在時または不在時に通話を転送する別のユーザーまたは番号を指定できます。

収集、処理、または送信される情報: Microsoft には一切情報は送信されません。

情報の使用: この機能を使用すると、利用できない場合、または自分の主要な場所にない場合に、別のユーザーまたは番号に通話を転送できます。

選択/制御: 通話転送オプションは、エンタープライズ管理者が組織で有効にしている場合にのみ使用できます。 エンタープライズ管理者が組織でこの機能を有効にしている場合、Lync デスクトップ クライアントでは既定でオフになっています。 次の手順を使用して、通話転送を構成します。

  1. [ツール] メニューの [通話転送] 設定クリックするか、[オプション] をクリックして [通話転送] をクリックします。

  2. [ 通話転送] で [ 通話の転送先] をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • [ボイス メール] を選択し、[OK] をクリックします

    • [ 新しい番号] または [連絡先] を選択します。 [ 連絡先または電話番号の選択 ] ダイアログ ボックスで、連絡先をクリックするか、連絡先を検索するか、新しい電話番号を入力して通話を転送し、[OK] をクリック します。 [OK] をもう一度クリックします。

    • [ 自分の代理人] を選択します。 [ 通話転送 - 代理人 ] ダイアログ ボックスで、このドキュメントの [呼び出し委任] セクションの手順に従って代理人を構成し、[OK] をクリック します。 [OK] をもう一度クリックします。

重要:  Lync 2010 で通話転送を構成すると、着信通話は設定した番号に転送されます。 通話が接続されると、通話を転送した番号が呼び出し元に表示されます。 これは、Lync から Lync への呼び出しでのみ発生します。

会議リストの発信者番号

この機能の機能: 参加者リスト (名簿) には、会議のすべての参加者の一覧が表示されます。

収集、処理、または送信された情報: 電話会議にダイヤルインすると、すべての参加者に対して発信元の電話番号 (発信者 ID) が表示されます。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: 会議のユーザーは、この情報を使用して、会議に参加したさまざまな参加者を電話で区別できます。

選択/コントロール:

発信者番号は既定で表示され、電話会社から取得されます。 電話をかけるときに発信者番号をブロックすることで、電話番号を共有しないように選択できます。

  • 常に発信者番号をブロックするには、地元の電話会社にご連絡ください。

  • お住まいの地域で機能が提供されている場合、特殊なコードを電話番号の前に押すことにより、その発信について自分の発信者番号をブロックすることができます。 方法については、地元の電話会社にご連絡ください。

クライアント側ログ

この機能の機能: Client-Side ログ記録を使用すると、ユーザー プロファイル内のコンピューターに Lync 使用状況情報を記録できます。 この情報は、発生する可能性がある Lync の問題のトラブルシューティングに使用できます。

収集、処理、または送信された情報: ユーザーまたは管理者がClient-Sideログ記録を有効にしている場合、会議の件名、場所、セッション開始プロトコル (SIP) メッセージ、Lync の招待への応答、各 Lync メッセージの送信者と受信者、メッセージが受け取ったルート、連絡先リスト、連絡先リストなどの情報がコンピューターに保存されます。 プレゼンス情報、共有するすべてのプログラムの名前、共有するすべての添付ファイルの名前、共有する Microsoft PowerPoint ファイルの名前、共有するホワイトボードの名前、共有するすべての投票の名前、共有された質問の投票、投票したオプションのインデックス。 Lync 会話の内容は保存されません。 情報は自動的に Microsoft に送信されませんが、手動で情報を送信することもできます。

情報の使用: クライアント側のログは、Lync の問題のトラブルシューティングに使用できます。

選択/制御: Client-Side ログ記録は既定でオフになっており、エンタープライズ管理者が有効にする必要があります。 管理者がログ記録を制御する機能を無効にしていない場合は、次のように設定を変更できます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [全般] タブで、[Lync でログを有効にする] をクリックし、Lync の [イベント ログWindows有効にする] をクリックします。

  3. [OK] をクリックします。

ログの収集

この機能の機能: ログを収集すると、Microsoft が発生する可能性のあるオーディオ、ビデオ、または接続の問題を調査できるように、Lync ログを収集できます。

収集、処理、または送信された情報: [ ログの収集] をクリックすると、次の情報が収集されます。

  • Lync ログ。連絡先リストと、以前の会話セッションに関する情報が含まれています。 Lync ログには、インスタント メッセージング会話の内容は含まれません。

  • 音声信号レベルやノイズ レベルなどのオーディオ パラメーター

  • ネットワークの条件

  • デバイスのセットアップ

  • オペレーティング システムのバージョンと情報

  • OutlookやWindows Internet Explorer などのコンピューターで実行されているプログラム

選択した場合は、次の情報も収集されます。

  • 最新の通話の 30 秒の録音

  • デスクトップのスクリーンショット

エンタープライズ管理者の指示に従って、ログを手動でアップロードする必要があります。 エンタープライズ管理者は、トラブルシューティングを目的として Microsoft に送信します。

情報の使用: コンピューターから収集された情報は、発生した問題のトラブルシューティングや Lync の改善に役立ちます。

選択/制御: 既定では、Lync はコンピューターからログを収集しません。 代わりに、[ログの収集] ボタンをクリックした場合にのみ ログが収集 されます。 ログは、コンピューター (%USERPROFILE%\tracing\) でローカルに収集されます。 エンタープライズ管理者の指示に従って、ログを手動でアップロードする必要があります。 [ ログの収集 ] をクリックしても、リモート サーバーにログが自動的に送信されることはありません。

連絡先カード

この機能の機能: 連絡先カードは、企業内の他のユーザーに関する静的で動的な情報を収集し、その情報を Lync および最近のバージョンのOutlookの連絡先に表示します。 連絡先カードには、電子メールの送信、通話の発信、インスタント メッセージの送信、会議のスケジュールなどのワンクリック アクションが用意されています。

収集、処理、または送信された情報: 連絡先カード内の静的情報は、企業の企業ディレクトリ (Active Directory など) から収集され、Lync Server を介して他のユーザーと共有されます。 電話番号やプレゼンスなど、収集される動的な情報は、ユーザーが入力した後、Lync Server を介して他のユーザーと共有できます。 カードに表示される予定表の空き時間情報は、Microsoft Exchange Serverから取得されます。 連絡先カードに表示される位置情報は、「場所」セクションで説明されているように取得されます。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: 連絡先情報を他のユーザーと共有できるように、連絡先カード情報が表示されます。

選択/制御: 次の制御オプションがあります。

プライバシー関係: 特定の連絡先を異なるプライバシー関係 (家族と友人、ワークグループ、同僚、外部連絡先、ブロックされた連絡先) に配置することを選択できます。 これにより、どの情報がどの連絡先と共有されるかが制御されます。 プライバシー関係を次のように設定します。

  1. 連絡先を右クリックします。

  2. [プライバシー関係の変更] をクリックします。

  3. 情報を共有する方法に適用される選択肢をクリックします。

予定表情報: Outlookオプションから "空き時間情報を表示するためのアクセス許可" を制御できます。

場所: 場所機能については、「選択/制御」セクションを参照してください。

会話履歴

この機能の機能: Lync 会話履歴は、Exchange Serverからユーザーの会話履歴を取得し、[Lync 会話] タブに表示します。

収集、処理、または送信された情報: 会話履歴ログを有効にした場合、インスタント メッセージング会話の内容と音声会話に関する統計情報 (日付、時刻、期間、発信者情報など) がExchange アカウントに保存されます。 エンタープライズ管理者が定義した会話履歴ログ記録が Lync でユーザーまたはポリシーによって無効になっている場合、これらのアイテムは収集または表示されません。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: Lync は、メイン ユーザー インターフェイスの [会話] タブにこの情報を表示します。これにより、ユーザーは過去の会話を表示して続行できます。

選択/制御: インスタント メッセージングの会話、通話、またはその両方のログ記録を無効にすることができます。 これらの設定は次のように変更できます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] を選択します。

  2. [個人用] タブで、[ Outlook会話履歴フォルダー] チェック ボックスで [インスタント メッセージの会話を保存する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  3. [OK] をクリックします。

会話履歴を有効にした場合は、インスタント メッセージングの会話が保存されることをユーザーに通知する必要があります。

カスタマー エクスペリエンス向上プログラム

この機能の機能: 参加を選択した場合、カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) は、お使いのハードウェア構成に関する基本情報と、Microsoft のソフトウェアとサービスを使用して傾向と使用パターンを特定する方法を収集します。 また、CEIP では、お客様が遭遇したエラーの種類と数、ソフトウェアやハードウェアのパフォーマンス、サービスの速度も収集します。 Microsoft は、お客様の名前、住所など、連絡先の情報は収集しません。

収集、処理、または送信される情報: CEIP の情報は、機能が有効になっている場合、自動的に Microsoft に送られます。 CEIP によって収集、処理、または送信される情報の詳細については、 Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラムのプライバシーに関する声明を参照してください。

情報の用途: Microsoft はこの情報を、Microsoft のソフトウェアとサービスの品質、信頼性、パフォーマンスを向上させるために使用します。

選択/制御: エンタープライズ管理者が有効にすることを選択していない限り、CEIP は既定でオフになっています。 Lync インストーラーにサインアップするように求められます。 管理者がコントロールを無効にしていない限り、CEIP 設定はいつでも次のように変更できます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] を選択します。

  2. [ 全般 ] タブで、[ Microsoft が Lync の使用方法に関する情報を収集することを許可 する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  3. [OK] をクリックします。

注:  ユーザーが Lync を既に使用している間に、管理者が CEIP を有効または無効にするように設定を変更した場合、新しい設定は、ユーザーが Lync を終了してサインインし直した後にのみ有効になります。

デスクトップ/プログラム共有

この機能の機能: デスクトップ/プログラム共有を使用すると、Lync 会話の他の参加者とコンピューターの画面または実行している特定のプログラムのビューを共有できます。

収集、処理、または送信された情報: 共有を開始すると、共有内容に応じて、すべての会話参加者がモニター、デスクトップ全体、または選択したプログラムをコンピューターの画面に表示できるようになります。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: デスクトップ/プログラム共有を使用して、会話や参加者と共同作業できます。

選択/コントロール:

新しい Lync 会話でデスクトップ共有を開始するには:

  1. 連絡先の一覧で、連絡先の画像またはプレゼンス アイコンをポイントして、連絡先カードを表示します。

  2. [ このユーザーと対話するためのその他のオプションを表示 する] ボタンをクリックします。

  3. [ 共有 ] メニューをクリックし、[ デスクトップ] をクリックします。

進行中の Lync 会話中にデスクトップ/プログラム共有を開始するには:

  1. 会話ウィンドウで、[ 共有] をクリックします。

  2. メニューから[ デスクトップ]、[モニター (複数の場合)]、または [プログラム] をクリックして、1 つ以上のプログラムを選択します。

デスクトップ/プログラムの共有を停止するには:

  1. 画面の一番上にある共有バーの [共有の停止] をクリックします。

重要:  Digital Rights Management ソフトウェアによって保護されているデスクトップで開いているドキュメントや画像は、Lync 会話でデスクトップを共有している他のユーザーに表示されることがあります。

デスクトップ/プログラム共有コントロール

この機能の機能: 共有コントロールを使用すると、別のコンピューターで Lync クライアントを使用している他のユーザーにデスクトップまたはプログラムの制御を付与できます。

収集、処理、または送信された情報: 他のユーザーに制御を付与すると、そのユーザーはコンピューターまたは選択したプログラムを制御し、キーボードとマウスで直接コンピューターを使用しているかのように変更を加えることができます。 自分と Lync 会話の他の参加者は、行われた変更を表示できます。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: 共有コントロールを使用すると、共有している内容に応じて、他のユーザーがデスクトップまたはプログラムを制御できるようになります。また、他の会話参加者も観察できます。

選択/制御: デスクトップのコントロールを会話のユーザーと共有するには、次の操作を行います。

  1. 会話ウィンドウで [ 共有 ] ボタンをクリックし、目的の内容 (デスクトップなど) を共有します。

  2. 画面の上部にある共有バーの [コントロールの付与] メニューから、 コントロールを付与 するユーザーを選択します。

デスクトップの制御をリモートから開始するには、次の操作を行います。

  1. 画面の上部にある共有バーの [ 制御を与える ] メニューをクリックします。

  2. [制御を取り戻す] をクリックします。

緊急サービス (911)

この機能の機能: エンタープライズ管理者の Emergency Services によって使用可能になった場合、Lync は緊急サービス番号 (米国の 911 など) にダイヤルされたときに緊急対応者に場所を送信できます。 エンタープライズ管理者は、緊急通報機能を職場の場所に制限できるため、緊急通報機能が使用可能な範囲について管理者に確認する必要があります。 有効にすると、緊急サービス担当者に送信される位置情報は、エンタープライズ管理者が場所に割り当てて場所データベースに入力した場所(たとえば、オフィス番号)、またはそのような場所が利用できない場合は、[場所] フィールドに手動で入力した場所です。 Lync をワイヤレス インターネット接続経由で使用している間に緊急サービスにダイヤルする場合、作業場所にいる間に緊急対応者に送信される位置情報は、コンピューターが通信している特定のワイヤレス エンドポイントの場所であるため、おおよその場所に過ぎません。 さらに、そのワイヤレス エンドポイントの位置情報はエンタープライズ管理者によって手動で入力されるため、緊急サービス担当者に送信される位置情報が実際の場所ではない可能性があります。 この機能を完全に機能させるには、エンタープライズが認定ソリューション プロバイダーによって提供されるルーティング サービスを保持する必要があり、サービスは米国内でのみ使用できます。

収集、処理、または送信された情報: Lync によって取得される位置情報は、位置情報サーバーによって設定された自動位置情報、または [場所] フィールドに手動で入力した位置情報によって決まります。 この情報はユーザーのコンピューターのメモリに保存され、緊急サービスの番号が入力されると、適切な緊急サービス プロバイダーへのルーティングと、ユーザーのおおよその場所を知らせる目的のために、この場所情報が通話と共に送信されます。 ユーザーの場所は、インスタント メッセージを使用して地域のセキュリティ デスクに送信することもできます。 緊急通話の場合、通話の詳細記録にはユーザーの場所情報が含まれます。 情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: 場所は、通話を適切な緊急サービス プロバイダーにルーティングし、緊急時対応スタッフを派遣するために使われます。 また、この情報を発信者の場所とコール バック情報と共に、通知として社内のセキュリティ デスクに送ることもできます。

選択/コントロール:

この機能は既定でオフになっており、エンタープライズ管理者が有効にする必要があります。 この機能を使用できるかどうかは、エンタープライズ管理者にお問い合わせください。 緊急通話が行われたときに場所情報が自動的に取得されるかどうか、または緊急時対応者に送信されるかどうかは、ユーザー自身がコントロールすることはできません。

ただし、場所が自動的に取得されない場合は、通知を受け取って手動で場所を入力する機会が与えられる場合があります。 通知は無視される場合がありますが、ポリシーに基づいて、場所を入力しないことを選択したことを確認する必要がある場合があります。

場所

この機能の機能: 場所とタイム ゾーンの情報は、プレゼンス機能を介して計算され、他のユーザーと共有されます。 さらに、上の「緊急サービス」セクションで説明したように、緊急サービスに位置情報を使用できます。 プライバシー モードを有効にした場合 ([プライバシー モード]セクションで説明されているように)、場所の情報はプライバシー モードセクションで説明されているように共有されます。

収集、処理、または送信された情報: 地理的位置情報データは、データを手動で入力するか、エンタープライズ位置情報サーバーが Lync に位置情報データを提供する 2 つのメカニズムのいずれかで収集されます。 収集される場所データは、"説明" 文字列と、書式設定された住所情報から構成されています。 説明は任意の文字列で、他のユーザーにとってお客様の場所をわかりやすくするためのものです ("自宅"、"職場" など)。 一方、書式設定された住所は、お客様を特定するための公的アドレスです ("5678 Main St, Buffalo, NY, 98052" など)。 情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の使用: 場所の説明とタイム ゾーン のデータは、プレゼンスのプライバシーの構成方法に基づいて、Lync プレゼンス経由で共有されます。 この情報は、ユーザーの連絡先カードに表示されます。 書式設定された住所 (公的アドレス) は、プレゼンスを通じて共有されることはありません。

選択/コントロール:

エンタープライズ管理で場所の共有が有効になっており、完全な場所のユーザー インターフェイスを表示できるように構成されている場合は、Lync メイン ウィンドウの上部にある [場所] フィールドとメニューを使用して、次のコントロールを使用できます。

  1. 場所の設定: プレゼンスと共有されているテキスト文字列 (場所の説明) を手動で編集できます。

  2. 連絡先の自分の場所を表示する: プレゼンス経由で位置情報データを共有するかどうかを制御するオン/オフ切り替え。 これは、緊急サービスの場所の共有には影響しません。

会議の添付ファイル

この機能の機能: 添付ファイルとしてアップロードすることで、会議の参加者とファイルを共有できます。

収集、処理、または送信された情報: 添付ファイルは、エンタープライズ管理者が定義した会議コンテンツの有効期限ポリシーに従って Lync Server に保存されます。 添付ファイルのアップロードを選択できます。 添付ファイルは、会議で自分または他のユーザーによってダウンロードされます。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: アップロードされた会議の添付ファイルに含まれる情報は、Lync 会議の他の参加者と共有されます。

選択/制御: 発表者は、会議参加者の役割 (開催者、発表者、全員) に応じて添付ファイルの利用を制限できます。 添付ファイルを使用できない場合は、添付ファイルの一覧に添付ファイルを表示できません。

会議のダイヤルアウト

この機能の機能: 会議のダイヤルアウト機能を使用すると、会議に出席している Lync ユーザーは、既存のオーディオ ビデオ (AV) 会議に公衆交換電話網 (PSTN) 番号を追加できます。

収集、処理、または送信された情報: AV 会議に招待されている PSTN ユーザーが通話を受け取ると、AV 会議の開催者の発信者番号 (および会議に追加する相手の発信者 ID とは限りません) を受け取ります。 PSTN ユーザーは、着信に応答すると直ちに会議に参加できます。

情報の使用: 開催者の発信者番号は、会議に招待されている PSTN ユーザーに送信されます。

選択/制御: この機能に対するユーザーまたはエンタープライズ管理者の制御はありません。 可能であれば、PSTN ユーザーを追加する前に、インスタント メッセージまたは電子メールを PSTN ユーザーに送信して、AV 会議に参加しても問題ないかを尋ねることができ、会議に参加していることを認識できます。 PSTN ユーザーは、通話を受け入れないことを選択することもできます。

Lync 2010 マネージド API

この機能の機能: Lync 2010 マネージド API を使用すると、サード パーティのプログラムが Lync クライアントにアクセスし、Lync ユーザー エクスペリエンスを拡張する方法で操作できます。 サード パーティ製プログラムには、ベンダーの作成したプログラムや、Microsoft のプログラムが含まれます (たとえば、Microsoft Office スイート内の Outlook などのアプリケーション)。

収集、処理、または送信された情報: Lync Managed API を介してサードパーティ アプリケーションに提供される情報には、Lync ユーザー インターフェイス内で表示できる個人情報が含まれます。 この情報には、ユーザーの場所、電話番号、役職名、連絡先リスト (電話番号などの詳細)、個人メモ、アクティビティ状態、現在の会話とその内容が含まれます。

情報の使用: Lync Managed API を使用するプログラムは、Lync セッション内の情報を利用して、エンドユーザーに強化された機能または補完的な機能を提供します。 しかし、この情報の用途はサードパーティ製プログラム側の動作に基づくものであり、この情報をどのように使用する予定であるかについては、そのプログラム側で独自にプライバシーに関する声明を提供する必要があります。

選択/コントロール:

Lync Managed API を使用するサード パーティのプログラムは、デスクトップ (つまり、ローカルにインストールされた) プログラムの 3 つのカテゴリに分類されます。web ホステッド プログラム。および Lync 拡張機能プログラム (Lync 会話ウィンドウのユーザー インターフェイス内に埋め込まれているプログラム)。 お客様の情報に対するサード パーティのアクセスを制御する方法は、シナリオごとに次のように異なります。

デスクトップ (ローカルにインストール) プログラム: デスクトップ プログラムは、ユーザーまたはローカル コンピューターの管理者によってインストールされ、Lync Managed API を使用してユーザーの情報に常にアクセスできます。 原則どおり、信頼できないプログラムはインストールしないでください。

Web ホステッド プログラム: インターネットまたはイントラネットでホストされているプログラムは、Lync Managed API を使用してユーザーの情報にアクセスすることもできます。 自分にとって望ましくないプログラムが、知らない間にお客様の情報にアクセスすることを避けるには、そのようなプログラムをホストするドメイン/URL を、ローカル コンピューター管理者が Internet Explorer の [信頼済みサイト] の一覧に追加します。

Lync 拡張機能プログラム: Lync では、開発者は Lync 会話ウィンドウ内にプログラムを埋め込むことによって、Lync エクスペリエンスを拡張できます。 このプログラムは、Lync Managed API を使用して Lync 情報にアクセスすることもできます。 この場合、拡張プログラムは、ローカル コンピューター管理者によって Lync クライアントに登録されている必要があります。 この登録する行為によって、プログラムによる Lync Managed API へのアクセスも許可されます。

場所名の特別な制御: 追加の予防措置として、システム管理者は、エンド ユーザー (ユーザー) が Lync 内の [場所名] フィールドにアクセスできるかどうかを決定することを許可、ブロック、または許可するオプションを持っています。 既定では、サードパーティ製プログラムは場所にアクセスすることができます。 これらの設定をコントロールするには、次の操作を行います。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [ 個人用 ] タブで、[ 個人情報マネージャー] に移動します。

  3. 必要に応じてチェック ボックスを変更します。

  4. [OK] をクリックします。

Outlook 用オンライン会議アドイン

この機能の機能: これは、Lync と共にインストールされ、ユーザーがオンライン会議をスケジュールおよびカスタマイズできるOutlook アドインです。

収集、処理、または送信された情報: 次の情報がコンピューターに格納されます。 情報が Microsoft に送信されることはありません。

  • 開催者名

  • 出席者の名前

  • 発表者の名前

  • メール アドレスのリスト

  • 会議の件名、および会議に関するその他の情報 (例、開始/終了時刻、電話会議 ID、パスコード、ユーザーの電話会議の自動案内プロバイダー情報/電話会議のプロバイダー情報)

  • Microsoft Exchange のユーザーのすべてのプロキシ アドレス (X.400-X500 アドレス、Exchange ユニファイド メッセージング (UM) アドレス、SIP および電話/Exchange UM ボイス メールの URI)

  • 会議の場所情報

情報の使用:

上記の情報は、「Client-Sideログ」セクションで説明されているように、会議と関連するログのスケジュール設定にのみ使用されます。 スケジュール設定のために、情報はメモリ内で処理され、すばやくアクセスできるようにローカル コンピューターのレジストリに保存されます。

注:  情報は、Lync Managed API と Lync Server と共有されます。

選択/コントロール:

ログ記録は既定でオフになっています。 エンタープライズでログ記録が許可されている場合は、[オプション] -> [ログ] セクションでログを有効または無効にできます。

ピアツーピア ファイル転送

この機能の機能: Lync ユーザーは、(会議ではなく) 2 パーティのインスタント メッセージング会話でファイルを相互に転送できます。

収集、処理、または送信された情報: ファイルは Lync クライアント間で直接転送されます。 ユーザーは、ファイル転送を開始し、転送するファイルを選択します。 ファイルの受信者は、ファイルを受け取ることに明示的に合意する必要があります。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: ピアツーピア ファイル転送機能を使用すると、ユーザーはインスタント メッセージングの会話中にファイルをリアルタイムで相互に送信できます。

選択/コントロール:

エンタープライズ管理者は、すべてのユーザーに対してこの機能を有効または無効にすることができます。 別のユーザーからのファイル転送要求を受け入れるか拒否するかを選択できます。

個人用写真

この機能の機能: 個人用画像には、自分の写真と、企業内の他のユーザーの画像が表示されます。

収集、処理、または送信された情報: 個人用画像の共有設定は、Web アドレスを含む画像の表示と共有の両方に対して収集されます。 情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: 情報は、操作をカスタマイズしたり、写真を他のユーザーと共有するために使用されます。

選択/コントロール:

エンタープライズ管理者には、次の制御があります。

  • ユーザーが既定の初期状態で写真を共有するかどうか。 これは無効にすることができます。

  • ユーザーがダウンロードする写真の最大サイズ。

  • 許可される写真の種類。

[プライベートな写真] の設定では、以下を制御できます。

  • 連絡先の写真を表示する: Lync に画像を表示するかどうかを制御します。

  • 自分の画像を表示しない: プレゼンスを表示する他のユーザーが自分の画像を表示するかどうかの原因となる値を表示します。 連絡先がこの値を取得できない場合は、管理者の既定値に戻ります (上記を参照)。

  • 既定の企業図: 企業が Active Directory の画像を編集するメカニズムを提供している場合は、Active Directory で画像を変更し、48 時間以内に Lync で変更を表示できます。 Lync には Microsoft SharePoint MySite プロファイルへのリンクも含まれており、管理者の構成によっては、その図に対する変更が Active Directory に影響を与える可能性があります。

プレゼンスと連絡先情報

この機能の機能: プレゼンスと連絡先情報を使用すると、他のユーザーに関して公開された情報 (組織内と外部の両方) にアクセスでき、他のユーザーは自分に関して公開された情報 (状態、タイトル、電話番号、場所、メモなど) にアクセスできます。 管理者はOutlookやExchangeとの統合を構成して、不在時のメッセージやその他の状態情報を表示することもできます (たとえば、Outlook予定表で会議がスケジュールされている場合)。

収集、処理、または送信される情報: Lync Server への接続にサインイン アドレスとパスワードを使用します。 ユーザーと管理者は、サインインに関連付けられるプレゼンス状態と連絡先情報に関する情報を公開できます。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: 他の Lync ユーザーとプログラムは、プレゼンスと連絡先情報にアクセスして、公開された状態と情報を判断して、より適切なコミュニケーションを取ることができます。

選択/制御: 公開する情報を選択できます。 管理者は、自分の代わりに発行された情報を構成することもできます。 管理者が公開情報を制御する機能を無効にしていない場合は、次のようにいつでも設定を変更できます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [ 個人用 ] タブで、[ マイ アカウント] にサインイン アドレスを入力します。 [詳細設定] ボタンを使用して、接続先のサーバーの名前を入力できます。

  3. [ 電話 ] タブで、管理者が発行した電話番号に関する情報を表示します。 さらに数値を入力し、他のユーザーに公開する内容を決定することもできます。

  4. エンタープライズ管理者がプライバシー モードを有効にしている場合は、[ 状態 ] タブで適切な選択を行って、連絡先リストの連絡先とプレゼンスを共有するように設定を変更できます。

  5. [OK] をクリックします。

また、プライバシー関係を設定して、プレゼンス レベルと情報に関して各ユーザーが表示できる内容を指定することもできます。 そのためには、次を実行します。

  1. 連絡先を右クリックします。

  2. [プライバシー関係の変更] をクリックします。

  3. ユーザーの適切なアクセス レベルをクリックします。

投票

この機能の機能: Lync ユーザーは、投票を実施し、オンライン会議や会話中に参加者から匿名の応答を収集できます。

収集、処理、または送信される情報: 個別の投票は匿名です。 集約された投票結果は、すべての発表者に対して表示され、どの発表者もそれをすべての出席者に見せることができます。 アンケートは、エンタープライズ管理者が定義した会議コンテンツの有効期限ポリシーに従って Lync Server に保存されます。 情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: 投票機能は、発表者が出席者の希望を短時間で判断できるようにすることで、グループ作業を促進します。

選択/コントロール:

  • 発表者は、投票がすべての参加者に表示されない場合、参加者ロール (開催者、発表者、全員) に応じて投票の可用性を制限できます。 投票が利用できない場合、現在共有されていない場合はコンテンツ リストに表示されず、投票をローカル コンピューターに保存できません。

  • 発表者は投票の投票を開いたり閉じたりして、投票結果をいつでもクリアできます。

PowerPoint での共同作業

この機能の機能: Lync ユーザーは、オンライン会話や会議中にプレゼンテーションPowerPoint表示、表示、注釈を付けることができます。

収集、処理、または送信された情報:

アクションは、プレゼンテーションのアップロード、移動、注釈付けなど、この機能のすべての用途を推進 PowerPointします。 会話または会議中に発表されたファイルは、すべての出席者に送信され、出席者は自分のコンピューターのフォルダーから直接ファイルを取り出すことができます。 ファイルの所有者または発表者は、他の出席者がファイルを保存することを禁止できますが、ファイルの取得や表示を禁止することはできません。

PowerPoint ファイルは、エンタープライズ管理者によって定義された会議内容の期限切れポリシーに応じて Lync Server に保存されます。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の用途: PowerPoint でのグループ作業により、会話の出席者は効果的なプレゼンテーションを行ってフィードバックを受けることができます。

選択/コントロール:

  • 発表者は、次の手順に従って、参加者ロールに従って注釈特権を制限できます (発表者のみ、全員、なし)。

    1. 会話ウィンドウの [ 参加情報と会議のオプション ] ダイアログ ボックスで、[ 会議のオプション] をクリックします。

    2. [ 権限] の [ 注釈特権 ] ドロップダウン リストで、目的のオプションをクリックします。

    3. [OK] をクリックします。

  • 発表者は、次の手順を実行して、発表されていないスライドの表示を参加者に制限できます。

    1. [ 参加情報と会議のオプション ] ダイアログ ボックスで、[ 会議のオプション] をクリックします。

    2. [ 特権] の [ プライベートビュー ] ドロップダウン リストで、目的のオプションをクリックします。

    3. [OK] をクリックします。

注:  アラートを選択し、ここにテキストを入力します。 AlertPosition プロパティを設定することもできます。

注: この特権は、参加者ロール (発表者のみ、全員、またはなし) に従って設定できます。

  • 発表者は、PowerPoint プレゼンテーションが共有されていないとき、参加者のロール (開催者、発表者、すべてのユーザー) に応じて PowerPoint プレゼンテーションを利用できるかどうかを制限できます。 PowerPoint プレゼンテーションを利用できない場合、プレゼンテーションはそれが共有されていない限りコンテンツ リストに表示されず、自分のコンピューターに保存することはできません。

プライバシー モード

この機能の機能: プライバシー モードは、プレゼンス情報 (使用可能、ビジー、応答不可など) を連絡先リストに一覧表示されている連絡先とのみ共有できる設定です。

収集、処理、または送信された情報: プライバシー モードを有効にすると、Lync はユーザー設定を切り替えて、プレゼンス情報を連絡先リスト内の連絡先とのみ共有できるモードに入ります。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: このモードの設定によって、プレゼンス データの共有方法が決まります。

選択/コントロール:

  • サーバーでプライバシー モードが有効になっている場合は、管理者設定を使用して、[オプション] ダイアログ ボックスの [状態] タブで、すべてのユーザーにプレゼンス (標準モード) を表示するか、連絡先のみにプレゼンス (プライバシー モード) を表示するかを選択できます。

  • 管理者設定を使用してサーバーで標準モードが有効になっている場合、実際にプライバシー モードに切り替えることはできません。 ただし、管理者が後でプライバシー モードに切り替える場合は、Lync へのサインイン時に切り替えないように、プライバシー モードを "事前にオプトアウト" することができます。

レコーディング

この機能の動作:

この機能により、発表者は、会議、音声、ビデオ、コンテンツに参加したユーザー (インスタント メッセージング会話、プログラム共有、PowerPointプレゼンテーション、ポーリング、配布資料、ホワイトボードなど) を含む、Lync セッションのすべての側面を記録できます。 開催者または他の発表者が録音を一時停止または停止すると、進行中の他の録音は影響を受けません。

収集、処理、または送信された情報:

発表者が録音を選択した場合、記録はコンピューターに保存されます。 記録から生成された追加のビデオ ファイルは、既定で発表者のローカル コンピューターに保存されますが、記録する発表者が指定した場合は、別のコンピューターに保存することもできます。 ユーザーが会議にコンテンツをアップロードすると、そのユーザーまたは他のユーザーが作成した記録にそのコンテンツを追加する権限が付与されます。

記録の発行フェーズ中にエラーが発生した場合、一時停止した記録状態の間にキャプチャされたデータが意図せずに記録に含まれる可能性があります。 発行フェーズのいずれかの部分が失敗した場合 (「警告..」については、「レコーディング マネージャー」を参照してください)。状態)、記録は、何らかの形式で再生できる場合でも、他のユーザーに配布しないでください。

情報の使用:

記録は、記録が保存されている場所にアクセスできるすべてのユーザーが再生できます。

選択/コントロール:

既定では、記録する機能はオフになっており、エンタープライズ管理者が有効にする必要があります。 この機能が会議に対して有効になっている場合、会議の発表者は、記録を開始できます。 発表者が録音をオンにすると、録音が開始されたことを通知して、互換性のあるクライアントとデバイスを持つ参加者にブロードキャストされます。 次の互換性のないクライアントまたはデバイスのいずれかを使用している録画セッションの参加者は記録されますが、記録通知は受け取りません。

互換性のないクライアントは次のとおりです。

  • Microsoft Office Communicator 2007 R2

  • Microsoft Office Communicator 2007

  • Microsoft Office Communicator Web Access (2007 R2 リリース)

  • Microsoft Office Communicator Web Access (2007 リリース)

  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Attendant

互換性のないデバイスは次のとおりです。

  • Microsoft Office Communicator 2007 R2 Phone Edition

  • Microsoft Office Communicator 2007 Phone Edition

また、デバイスまたはクライアントが使用されているかどうかにかかわらず、会議または会話中に全画面表示モードでビデオを使用している参加者は、会話ウィンドウに戻るまで記録が開始されたことを通知されません。

スキル検索

この機能の機能: この機能を使用すると、Microsoft SharePoint サービスに一覧表示されているプロパティ (名前、電子メール、スキル、専門分野など) を使用して、企業内のユーザーを検索できます。この機能は、エンタープライズ管理者がSharePointを展開し、Lync とSharePoint統合を有効にしている場合にのみ使用できます。

収集、処理、または送信された情報: Lync に入力された検索クエリは、企業のSharePoint サーバーに送信されます。 SharePoint からの応答が Lync によって処理され、検索結果および関連情報が表示されます。 Microsoft に情報が送られることはありません。

情報の用途: ユーザーによって入力される情報は、検索結果を得るために SharePoint に送信され、その結果は Lync 内で表示されます。

選択/コントロール:

この機能は、Lync Server 管理者によって有効または無効になっています。

統合連絡先ストア

この機能について: 統合連絡先ストアは、次の 3 つの主要な機能から構成されています。

  • 検索差し込み印刷 – この機能により、グローバル アドレス一覧 (GAL) と個人用のOutlook連絡先がマージされるため、連絡先を検索すると検索結果に 1 つのエントリのみが表示されます。

  • 連絡先の結合: この機能は、Outlook と GAL のエントリの間でメールやサインイン ID を照合することにより、連絡先情報を集約します。 一致が見つかると、Lync は 3 つのデータ ソース (Outlook、GAL、プレゼンス) からデータを集約します。 集約されたこのデータは、検索結果、連絡先リスト、連絡先カードなど、さまざまなユーザー インターフェイス コンポーネントに表示されます。

  • Lync 連絡先のOutlook連絡先を作成する (連絡先の同期) – ユーザーが 2010 以降のバージョンのメールボックスを持っている場合、Lync は既定の連絡先フォルダー内のすべてのユーザーの連絡先の Microsoft Exchange Server Outlook連絡先を作成します。 すべての Lync 連絡先に Outlook 連絡先が用意されることで、ユーザーは Outlook、Outlook Web Access のほか、Exchange と連絡先を同期しているモバイル デバイスからも Lync の連絡先情報にアクセスできます。

収集、処理、または送信される情報: Lync は、プレゼンス、Active Directory、Outlook の連絡先情報を集約します。 この情報は Lync 内部で使用されます。 Lync は Outlook 連絡先を作成する際、プレゼンス、Active Directory、および Outlook の連絡先情報を Exchange に書き込みます。 情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: プレゼンス、Active Directory、Outlook の連絡先情報は、Lync のユーザー インターフェイス (連絡先リスト、連絡先カード、検索結果など) に表示されます。 この情報は、連絡先の同期 (前に示した一覧の 3 番目の項目) を使用することによって Exchange に書き込むこともできます。

選択/コントロール:

連絡先同期は、次のように有効または無効にすることができます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [ 個人用 ] タブの [ 個人情報マネージャー] で、必要に応じてチェック ボックスを変更します。

  3. [OK] をクリックします。

ユーザー オプション – Microsoft Exchangeまたは Microsoft Outlookのユーザー オプションは、[Lync - オプション] ダイアログ ボックスの [個人情報マネージャー] で使用できます。

音声品質の改善

この機能の機能: Lync は、通話中にデバイス、ネットワーク、またはコンピューターの問題を検出した場合に通話の品質を向上させるための通知を提供します。

収集された情報、処理された情報、または送信された情報: 通話に低品質の音声 (エコーやノイズなど) を追加するデバイスのセットアップがある場合、Lync から通知が送信され、通話の品質が低下していることを通話の最後にデバイスが設定されたために他のユーザーにも通知されます。 他のユーザーには、お客様が使用しているデバイスが音声品質の低下を引き起こしているという通知が表示されるだけです。 お客様の使用しているデバイスは知らされません。 情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: 通話中に他のユーザーに送信される情報は、相手が通話品質を向上させるのに役立ちます。 たとえば、通話をリッスンしているだけの場合、発表者は行をミュートできます。

選択/制御: Lync では通話品質通知をオフにすることはできません。

ホワイトボードでのグループ作業

この機能の機能: この機能を使用すると、Lync で仮想ホワイトボードを共有し、オンライン会議や会話中に注釈を付けることができます。

収集、処理、または送信される情報: ホワイトボードに書き込んだコメントは、すべての出席者に表示されます。 ホワイトボードは、会議コンテンツの有効期限ポリシーに従って Lync Server に保存されます。 情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: ホワイトボード機能により、会議の出席者が意見交換や、ブレインストーミング、メモの作成などを行うことができ、グループ作業が促進されます。

選択/コントロール:

発表者は、ホワイトボードがすべての参加者に表示されない場合、参加者ロール (開催者、発表者、全員) に応じてホワイトボードの可用性を制限できます。 ユーザーがホワイトボードを使用できない場合は、そのホワイトボードをコンテンツ リストに表示できず、自分のコンピューターに保存できません。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×