You have multiple accounts
Choose the account you want to sign in with.

ファイルは、ハード ディスク ドライブ、ネットワークの場所、クラウド、DVD、デスクトップ、またはフラッシュ ドライブ上のフォルダーに保存できます。 保存先を特定する必要がありますが、既定のフォルダーと異なる場合は、選択した保存先に関係なく、保存プロセスは同じです。 既定では、Office プログラムは 既定の作業フォルダーにファイルを保存します。

さらに、RTF、CSV、PDF などの別のファイル形式でファイルを保存することもできます。

ファイルを OneDrive または SharePoint に保存すると、任意のデバイスでファイルにアクセスでき、 自動保存バージョン履歴などの機能が有効になります。これにより、ファイルが予期せず閉じた場合のデータ損失を防ぐことができます。

ファイルを保存するには:

  1. キー Ctrl + S または、[ ファイル >保存] を選択します

    ヒント:  クイック アクセス ツール バーで [保存[保存] アイコン ] を選択することもできます。

  2. ファイルを初めて保存する場合は、ファイルの名前を入力する必要があります。

ヒント: ファイルをクラウドの場所 ( OneDrive や SharePointなど) に保存して、どこからでもアクセスしたり、他のユーザーとリアルタイムで共同作業したり、バージョン履歴にアクセスしたりできます。

既定では、サインインしている場合、ファイルは OneDriveに保存されます。 現在のファイルを別の場所に保存する場合は、[ 場所] ドロップダウンをクリックして、最近使用したその他の場所を表示します。 目的の場所がない場合は、[ その他の保存オプション] を選択して、完全な [名前を付けて保存] ウィンドウを開くことができます。

Office 365 の Microsoft Excel の [保存] ダイアログ ボックス

ヒント: ファイルを OneDrive または SharePointに保存すると、 自動保存が既定で有効になるため、移動中に保存する必要はありません。

これらの保存の既定の場所を最近使用した他のフォルダーのいずれかに変更する場合は、[ 場所] ドロップダウンを選択し、既定として設定するフォルダーの場所を右クリックし、[ 既定の場所として設定] を選択します。 

新しいファイルの保存中に Word で既定の場所を設定する方法のスクリーンショット

最近使用したフォルダー以外の場所に保存する場合は、[ その他の場所] を選択します。 この更新プログラムをまだ受け取っていない場合、Office アプリケーションは引き続き [ファイル] メニューを使用して保存します。

ヒント: 

  • F12 キーを押すか、[ ファイル > 名前を付けて保存] を選択して [ファイル] メニューを開くこともできます。

  • Alt + F4 など、文書を閉じるときにキーボード ショートカットを使用する場合は、そのボタンのキーボード アクセラレータ キー (Alt + N) を使用して、ファイルをすぐに "保存しない" ように選択できます。

コピーを新しいファイルとして保存する (名前を付けて保存)

ヒント: 既存のファイルに基づいて新しいファイルを作成するが、変更を新しいファイルに保存するだけの場合は、変更を加える前に コピーを保存 することをお勧めします。 こうすることで、元のファイルは変更されず、すべての編集内容が新しいコピーに反映されます。 元のファイルを右クリックし、[ コピーを開く] を選択することもできます。

  1. キー F12 または、[ファイル>コピーの保存] をクリックします。

  2. 既定では、Office はコピーを元の場所と同じ場所に保存します。 既存の場所に問題がなければ、手順 3 に進みます。 新しいコピーを別の場所に保存する場合は、この時点で選択します。

    場所

    説明

    サイト – [会社名]

    SharePoint または Office 365 グループドキュメント ライブラリ

    OneDrive – [会社名]

    OneDrive for Business

    OneDrive – 個人用

    Microsoft アカウント経由のコンシューマー向け OneDrive

    この PC

    接続されているハード ドライブやフラッシュ ドライブなど、ローカル デバイス

    閲覧する

    コンピューター上の任意の場所に移動できるように、エクスプローラーを開きます。

  3. 新しいコピーに名前を付けて、[ 保存] をクリックします。

元のファイルが閉じられ、作成した新しいコピーで作業できるようになります。

ヒント: 既存のファイルに基づいて新しいファイルを作成することが多い場合は、テンプレートを使用してプロセスを簡単かつ安全にすることもできます。 詳細については、「 テンプレートの作成 」を参照してください。

別の形式として保存する

別の形式でファイルを保存し、他のユーザーが別のプログラムまたは以前のバージョンでファイルを開くことができるようにすることができます。 たとえば、 Word ドキュメントをリッチ テキスト ファイル (RTF) として保存したり、 Excel ブックを Comma-Separated Values (CSV) ファイルとして保存したりできます。

重要: Open XML 形式 (.DOCX、.XLSX、.PPTXなど) 以外の形式で Office ファイルを保存した場合、接続されているエクスペリエンスや 、自動保存アクセシビリティ チェック などの最新機能は、そのファイルでは機能しません。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. OneDrive やこの PC などのファイルの場所を選択して、ファイルを保存します。

  4. [ ファイル名 ] ボックスに、ファイルの新しい名前を入力します。

  5. [ 名前を付けて保存] の種類 の一覧で、ファイルを保存するファイル形式をクリックします。 たとえば、リッチ テキスト形式 (.rtf)、Word 97-2003 (.doc)、Web ページ (.htmまたは.html)、コンマ区切り (.csv) の順にクリックします。

    ファイルの種類のドロップ ダウンをクリックして、ドキュメントの別のファイル形式を選択します。

    PDF (.pdf) または XPS (.xps) 形式でファイルを保存する方法の詳細については、「PDF または XPS に保存または変換する」を参照してください。

  6. [保存] をクリックします。

ファイルのバックアップと回復

ファイルをバックアップおよび回復する方法は、ファイルを保存した場所とタイミングによって異なります。 サポートされている Office のバージョンを含む機能の詳細については、次の表で機能の名前を選択してください。

OneDriveに保存

機能

自動保存

AutoSave では、ファイルが OneDrive または Microsoft 365 の SharePointに保存されると、ファイルが自動的に保存されます。

バージョン履歴

バージョン履歴を使用すると、 OneDrive または Microsoft 365 の SharePointに格納されている以前のバージョンのファイルを表示および復元できます。

OneDrive を使用したバックアップ

Windows PC では、PC フォルダーのバックアップを使用して、デスクトップ、ドキュメント、画像のフォルダー OneDrive バックアップできます。 Windows 10では、既定で OneDrive にファイルを保存する方法についても参照してください。

OneDrive を復元する (サブスクリプションのみ)

OneDrive ファイルが削除、上書き、破損、またはマルウェアに感染している場合は、 OneDrive 全体を以前の時刻に復元できます。

OneDrive で削除したファイルまたはフォルダーを復元する

OneDriveから削除したファイルとフォルダーを復元できます。

デバイスに保存する

AutoRecover がオンになっていて、ファイルが予期せず閉じると、次回 Office アプリを開いたときに Document Recovery が開きます。 以前のバージョンの Office ファイルを回復することもできます。

重要: AutoRecover がオンになっている場合でも、予期しない電源障害やその他の問題が原因でデータが失われるのを防ぐために、作業中にファイルを頻繁に保存する必要があります。

コピーは、新しいファイルとして、または別の形式で保存することも、 Office 2016内の別の場所に保存することもできます。

コピーを新しいファイルとして保存する (名前を付けて保存)

ヒント: 既存のファイルに基づいて新しいファイルを作成するが、変更を新しいファイルに保存するだけの場合は、まずコピーの保存プロセスを実行することをお勧めします。変更を加えた前に、次の手順に進みます。 こうすることで、元のファイルは変更されず、すべての編集内容が新しいコピーに反映されます。

  1. キー F12 または、[ファイル>コピーの保存] をクリックします。

  2. 既定では、Office はコピーを元の場所と同じ場所に保存します。 新しいコピーを別の場所に保存する場合は、この時点で選択します。 既存の場所に問題がなければ、手順 3 に進みます。

  3. 新しいコピーに名前を付けて、[ 保存] をクリックします。

元のファイルが閉じられ、作成した新しいコピーで作業できるようになります。

ヒント: 既存のファイルに基づいて新しいファイルを作成することが多い場合は、テンプレートを使用してプロセスを簡単かつ安全にすることもできます。 詳細については、「 テンプレートの作成 」を参照してください。

別の場所を選択してファイルを保存する

上記の保存またはコピーの保存プロセス中に、ファイルを保存する別の場所を選択できます。

  1. ファイルを保存するクラウド、Web サイト、またはデバイスの場所を選択します。

    場所

    説明

    サイト – [会社名]

    SharePoint または Office 365 グループドキュメント ライブラリ

    OneDrive – [会社名]

    OneDrive for Business

    OneDrive – 個人用

    Microsoft アカウント経由のコンシューマー向け OneDrive

    この PC

    接続されているハード ドライブやフラッシュ ドライブなど、ローカル デバイス

    閲覧する

    コンピューター上の任意の場所に移動できるように、エクスプローラーを開きます。

  2. [ 最近 使ったフォルダー] の一覧からフォルダーを選択するか、目的の場所が表示されない場合は [ 参照 ] をクリックします。

  3. 使用するファイル名を確認し、[ 保存] をクリックします。

別の形式または古い形式で保存する

別の形式でファイルを保存し、他のユーザーが別のプログラムまたは以前のバージョンでファイルを開くことができるようにすることができます。 たとえば、 Word 2016 ドキュメントをリッチ テキスト ファイル (RTF) として保存したり、 Excel ブックを Comma-Separated Values (CSV) ファイルとして保存したりできます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. OneDrive やこの PC などのファイルの場所を選択して、ファイルを保存します。

  4. [ ファイル名 ] ボックスに、ファイルの新しい名前を入力します。

  5. [ 名前を付けて保存] の種類 の一覧で、ファイルを保存するファイル形式をクリックします。 たとえば、リッチ テキスト形式 (.rtf)、Word 97-2003 (.doc)、Web ページ (.htmまたは.html)、コンマ区切り (.csv) の順にクリックします。

    ファイルの種類のドロップ ダウンをクリックして、ドキュメントの別のファイル形式を選択します。

    注: PDF (.pdf) または XPS (.xps) 形式でファイルを保存する方法の詳細については、「PDF または XPS に保存または変換する」を参照してください。

  6. [保存] をクリックします。

コピーとして保存するか、 Office 2013の別の場所に保存します。

  1. ファイルを保存するクラウド、Web サイト、またはデバイスの場所を選択します。

    場所

    説明

    サイト – [会社名]

    SharePoint Server 2013 以前のドキュメント ライブラリ

    OneDrive – [会社名]

    職場または学校の OneDrive

    OneDrive – 個人用

    Microsoft アカウントを使用したコンシューマーのOneDrive

    その他の Web の場所

    ファイル ストレージにアクセスできるその他の Web サイト。

    コンピューター

    ローカル デバイス

  2. [ 最近 使ったフォルダー] の一覧からフォルダーを選択するか、目的の場所が表示されない場合は [ 参照 ] をクリックします。

  3. 使用するファイル名を確認し、[ 保存] をクリックします。

[ 名前を付けて保存 ] ダイアログ ボックスを使用する場合は、[ ナビゲーション] ウィンドウを使用してファイルを新しい場所に保存することもできます。

Windows Vista と Windows 7 の [名前を付けて保存] ダイアログ ボックス

  1. フォルダーを選択するか、フォルダーへのパスを入力するには、アドレス バーを使用します。

  2. よく使用する場所をすばやく表示するには、[ナビゲーション] ウィンドウを使用します。

  3. その他のファイルの種類を表示するには、矢印をクリックします。

[ 名前を付けて保存 ] ダイアログ ボックスを使用して、ファイルの名前を変更したり、別のフォルダーをクリックしてファイルを保存する場所を変更したりすることもできます。

別の形式でファイルを保存し、他のユーザーが別のプログラムまたは以前のバージョンでファイルを開くことができるようにすることができます。 たとえば、 Word ドキュメントをリッチ テキスト ファイル (RTF) として保存したり、 Excel ブックを Comma-Separated Values (CSV) ファイルとして保存したりできます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. OneDrive やこの PC などのファイルの場所を選択して、ファイルを保存します。

  4. [ ファイル名 ] ボックスに、ファイルの新しい名前を入力します。

  5. [ 名前を付けて保存] の種類 の一覧で、ファイルを保存するファイル形式をクリックします。 たとえば、リッチ テキスト形式 (.rtf)、Web ページ (.htmまたは.html)、またはコンマ区切り (.csv) をクリックします。

    ファイルの種類のドロップ ダウンをクリックして、ドキュメントの別のファイル形式を選択します。

    注: PDF (.pdf) または XPS (.xps) 形式でファイルを保存する方法の詳細については、「PDF または XPS に保存または変換する」を参照してください。

  6. [保存] をクリックします。

Office 2010を使用している場合は、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [名前を付けて保存] の種類 の一覧でバージョンを選択すると、以前のバージョンの Office でファイルを 保存 できます。 たとえば、 Word 2010 ドキュメント (.docx) を 97 - 2003 ドキュメント (.doc) として保存できます。

注: 

  • Office 2010 は、 2007 Office リリースで導入された XML ベースのファイル形式 (.docx、.xlsx、.pptxなど) の使用を継続します。 そのため、 Microsoft Word 2010、 Microsoft Excel 2010、 Microsoft PowerPoint 2010 で作成されたファイルは、特別なアドインや機能の喪失を伴わずに、 2007 Office リリース プログラムで開くことができます。 詳細については、「Open XML Formats とファイル名拡張子」を参照してください。

  • 異なるリリースのファイル間の互換性の詳細については、「 互換性チェックを使用する」を参照してください。

Microsoft Access 2010 の保存の詳細については、次を参照してください。ACCDB ファイルを古い .MDB 形式については、「 .accdb データベースを以前のファイル形式に変換する」を参照してください。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [ ファイル名 ] ボックスに、ファイルの新しい名前を入力します。

  4. [保存] をクリックします。

[ 名前を付けて保存 ] ダイアログ ボックスを使用する場合は、[ ナビゲーション] ウィンドウを使用してファイルを新しい場所に保存することもできます。

Windows Vista と Windows 7 の [名前を付けて保存] ダイアログ ボックス

  1. フォルダーを選択するか、フォルダーへのパスを入力するには、アドレス バーを使用します。

  2. よく使用する場所をすばやく表示するには、[ナビゲーション] ウィンドウを使用します。

  3. その他のファイルの種類を表示するには、矢印をクリックします。

[ 名前を付けて保存 ] ダイアログ ボックスを使用して、ファイルの名前を変更したり、別のフォルダーをクリックしてファイルを保存する場所を変更したりすることもできます。

別の形式でファイルを保存し、他のユーザーが別のプログラムまたは以前のバージョンでファイルを開くことができるようにすることができます。 たとえば、 Word ドキュメントをリッチ テキスト ファイル (RTF) として保存したり、 Excel ブックを Comma-Separated Values (CSV) ファイルとして保存したりできます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. OneDrive やこの PC などのファイルの場所を選択して、ファイルを保存します。

  4. [ ファイル名 ] ボックスに、ファイルの新しい名前を入力します。

  5. [ 名前を付けて保存] の種類 の一覧で、ファイルを保存するファイル形式をクリックします。 たとえば、リッチ テキスト形式 (.rtf)、Web ページ (.htmまたは.html)、またはコンマ区切り (.csv) をクリックします。

    ファイルの種類のドロップ ダウンをクリックして、ドキュメントの別のファイル形式を選択します。

    注: PDF (.pdf) または XPS (.xps) 形式でファイルを保存する方法の詳細については、「PDF または XPS に保存または変換する」を参照してください。

  6. [保存] をクリックします。

Office 2010を使用している場合は、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [名前を付けて保存] の種類 の一覧でバージョンを選択すると、以前のバージョンの Office でファイルを 保存 できます。 たとえば、 Word 2010 ドキュメント (.docx) を 97 - 2003 ドキュメント (.doc) として保存できます。

注: 

  • Office 2010 は、 2007 Office リリースで導入された XML ベースのファイル形式 (.docx、.xlsx、.pptxなど) の使用を継続します。 そのため、 Microsoft Word 2010、 Microsoft Excel 2010、 Microsoft PowerPoint 2010 で作成されたファイルは、特別なアドインや機能の喪失を伴わずに、 2007 Office リリース プログラムで開くことができます。 詳細については、「Open XML Formats とファイル名拡張子」を参照してください。

  • 異なるリリースのファイル間の互換性の詳細については、「 互換性チェックを使用する」を参照してください。

Microsoft Access 2010 の保存の詳細については、次を参照してください。ACCDB ファイルを古い .MDB 形式については、「 .accdb データベースを以前のファイル形式に変換する」を参照してください。

ご意見をお待ちしています。

この記事は、コメントの結果として 2020 年 1 月 29 日に更新されました。 役に立つ場合、特に役に立たない場合は、以下のフィードバック コントロールを使用して、改善方法をお知らせください。

関連項目

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×