Microsoft Query を使用して、外部ソースからデータを取得できます。 Microsoft Query を使用して企業のデータベースやファイルからデータを取得することで、分析するデータを Excel で再入力する必要がExcel。 また、データベースが新しい情報Excel更新されるたびに、元のソース データベースからレポートと概要を自動的に更新することもできます。

Microsoft Query を使用すると、外部データ ソースに接続し、それらの外部ソースからデータを選択し、そのデータをワークシートにインポートし、必要に応じてデータを更新して、ワークシートのデータを外部ソースのデータと同期することができます。

アクセスできるデータベースの種類     Access、Microsoft Office、OLAP サービスなどの複数の種類Microsoft SQL ServerデータMicrosoft SQL Server取得できます。 また、ブックやテキスト ファイルExcelデータを取得することもできます。

Microsoft Officeは、次のデータ ソースからデータを取得するために使用できるドライバーを提供します。

  • Microsoft SQL ServerAnalysis Services (OLAP プロバイダー)

  • Microsoft Office Access

  • dBASE

  • Microsoft FoxPro

  • Microsoft Office Excel

  • Oracle

  • Paradox

  • テキスト ファイル データベース

他の製造元の ODBC ドライバーまたはデータ ソース ドライバーを使用して、ここに記載されていないデータ ソース (他の種類の OLAP データベースを含む) から情報を取得することもできます。 ここに記載されていない ODBC ドライバーまたはデータ ソース ドライバーのインストールについては、データベースのドキュメントを確認するか、データベース ベンダーにお問い合わせください。

データベースからのデータの選択     外部データベースに格納されているデータについて質問するクエリを作成して、データベースからデータを取得します。 たとえば、データが Access データベースに格納されている場合は、リージョン別の特定の製品の売上高を知りたい場合があります。 分析する製品と地域のデータのみを選択することで、データの一部を取得できます。

Microsoft Query を使用すると、必要なデータの列を選択し、そのデータのみをその列にExcel。

1 回の操作でワークシートを更新する     Excel ブックに外部データが作成された後は、データベースが変更されるたびに、 更新 データを使用して分析を更新できます。サマリー レポートとグラフを作成し変える必要があります。 たとえば、月次売上の概要を作成し、新しい売上高が表示された場合に毎月更新できます。

Microsoft Query でデータ ソースを使用する方法     特定のデータベースのデータ ソースを設定した後は、すべての接続情報を再入力することなく、そのデータベースからデータを選択して取得するクエリを作成する場合にいつでも使用できます。 Microsoft Query では、データ ソースを使用して外部データベースに接続し、使用可能なデータを表示します。 クエリを作成し、Excel にデータを返した後、Microsoft Query はクエリとデータ ソースの両方の情報を含む Excel ブックを提供し、データを更新するときにデータベースに再接続できます。

クエリでデータ ソースを使用する方法の図

Microsoft Query を使用してデータをインポートする     Microsoft Query を使用して外部データExcelインポートするには、次の基本的な手順に従います。各手順については、次のセクションで詳しく説明します。

データ ソースとは     データ ソースは、データ ソースと Microsoft Query Excel外部データベースに接続できる、格納された情報のセットです。 Microsoft Query を使用してデータ ソースを設定する場合は、データ ソースに名前を付け、データベースまたはサーバーの名前と場所、データベースの種類、ログオン情報とパスワード情報を指定します。 この情報には、OBDC ドライバーまたはデータ ソース ドライバーの名前も含まれます。これは、特定の種類のデータベースに接続するプログラムです。

Microsoft Query を使用してデータ ソースを設定するには:

  1. [データ] タブの[外部データの取り込み] グループで、[その他のソースから] をクリックし、[Microsoft Query から]をクリックします

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • データベース、テキスト ファイル、またはブックのデータ ソースを指定するには、[Excel] タブをクリックします。

    • OLAP キューブ データ ソースを指定するには 、[OLAP キューブ] タブをクリック します。 このタブは、Microsoft Query を実行した場合にのみExcel。

  3. [新しいデータ<] をダブルクリック>。

    または

    [< 新しいデータ ソース] をクリック>、[OK] をクリックします

    [ 新しいデータ ソースの作成] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. 手順 1 で、データ ソースを識別する名前を入力します。

  5. 手順 2 で、データ ソースとして使用しているデータベースの種類のドライバーをクリックします。

    注: 

    • アクセスする外部データベースが、Microsoft Query と一緒にインストールされている ODBC ドライバーでサポートされていない場合は、データベースの製造元など、サード パーティベンダーから Microsoft Office と互換性のある ODBC ドライバーを入手してインストールする必要があります。 インストール手順については、データベース ベンダーにお問い合わせください。

    • OLAP データベースでは、ODBC ドライバーは必要とされません。 Microsoft Query をインストールすると、Analysis Services を使用して作成されたデータベースのドライバー Microsoft SQL Serverされます。 他の OLAP データベースに接続するには、データ ソース ドライバーとクライアント ソフトウェアをインストールする必要があります。

  6. [Connect]をクリックし、データ ソースに接続するために必要な情報を指定します。 データベース、Excel、テキスト ファイルの場合、指定する情報は、選択したデータ ソースの種類によって異なります。 ログオン名、パスワード、使用しているデータベースのバージョン、データベースの場所、またはデータベースの種類に固有のその他の情報を指定する必要があります。

    重要: 

    • 大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた強力なパスワードを使用してください。 これらの文字を混在させていないパスワードは強固とはいえません。 たとえば、Y6dh!et5 は安全性の高いパスワードです。 House27 は推測されやすいパスワードです。 パスワードは、8 文字以上にする必要があります。 理想は 14 文字以上のパス フレーズです。

    • パスワードは忘れないようにしてください。 パスワードを忘れた場合、Microsoft でパスワードを回復することはできません。 紙に記録したパスワードを、保護する必要がある情報から離れた安全な場所に保管してください。

  7. 必要な情報を入力したら 、[OK] または [完了 ] をクリック して、[新しいデータ ソースの作成] ダイアログ ボックス 戻します。

  8. データベースにテーブルが含まれていますが、クエリ ウィザードで特定のテーブルを自動的に表示する場合は、手順 4 のボックスをクリックし、必要なテーブルをクリックします。

  9. データ ソースを使用するときにログオン名とパスワードを入力しない場合は、[データ ソース定義にユーザー ID とパスワードを保存する] チェック ボックスをオンにします。 保存されたパスワードは暗号化されません。 このチェック ボックスが使用できない場合は、データベース管理者に問い合わせて、このオプションを使用できるかどうかを確認してください。

    セキュリティ メモ: データ ソースに接続するときは、ログオン情報を保存しないでください。 この情報はプレーン テキストとして格納されることがあり、悪意のあるユーザーが情報にアクセスしてデータ ソースのセキュリティを侵害する可能性があります。

これらの手順を完了すると、[データ ソースの選択] ダイアログ ボックスにデータ ソース の名前が 表示されます。

ほとんどのクエリでクエリ ウィザードを使用する     クエリ ウィザードを使用すると、データベース内の異なるテーブルやフィールドのデータを簡単に選択してまとめます。 クエリ ウィザードを使用して、含めるテーブルとフィールドを選択できます。 ウィザードが 1 つのテーブルの主キー フィールドと 2 つ目のテーブルの同じ名前のフィールドを認識すると、内部結合 (2 つのテーブルの行を同じフィールド値に基づいて結合することを指定するクエリ操作) が自動的に作成されます。

ウィザードを使用して結果セットを並べ替え、簡単なフィルター処理を実行することもできます。 ウィザードの最後の手順では、データを新しいクエリに返Excel、Microsoft Query でクエリをさらに絞り込みます。 クエリを作成した後は、クエリを Excel または Microsoft Query で実行できます。

クエリ ウィザードを開始するには、次の手順に従います。

  1. [データ] タブの[外部データの取り込み] グループで、[その他のソースから] をクリックし、[Microsoft Query から]をクリックします

  2. [データ ソースの選択 ] ダイアログ ボックスで、[クエリ ウィザードを使用してクエリを作成 / 編集する] チェック ボックスがオンに設定されています。

  3. 使用するデータ ソースをダブルクリックします。

    または

    使用するデータ ソースをクリックし 、[OK]をクリックします。

他の種類のクエリに対して Microsoft Query で直接作業する     クエリ ウィザードで許可されているよりも複雑なクエリを作成する場合は、Microsoft Query で直接作業できます。 Microsoft Query を使用して、クエリ ウィザードで作成を開始するクエリを表示および変更したり、ウィザードを使用せずに新しいクエリを作成することができます。 次の操作を実行するクエリを作成する場合は、Microsoft Query で直接作業します。

  • フィールドから特定のデータを選択する     大規模なデータベースでは、フィールド内のデータの一部を選択し、不要なデータを省略することができます。 たとえば、多くの製品の情報を含むフィールドに 2 つの製品のデータが必要な場合は、 抽出条件 を使用して、目的の 2 つの製品のデータのみを選択できます。

  • クエリを実行するごとに異なる条件に基づいてデータを取得する     同じ外部データ内の複数の領域 (リージョンごとに個別の売上レポートなど) に同じ Excel レポートまたはサマリーを作成する必要がある場合は、 パラメーター クエリを作成できます。 パラメーター クエリを実行すると、クエリがレコードを選択するときに条件として使用する値を求めるメッセージが表示されます。 たとえば、パラメーター クエリで特定の地域の入力を求め、このクエリを再利用して各地域の売上レポートを作成できます。

  • さまざまな方法でデータを結合する     クエリ ウィザードで作成される内部結合は、クエリの作成に使用される最も一般的な結合の種類です。 ただし、別の種類の結合を使用したい場合があります。 たとえば、製品の売上情報のテーブルと顧客情報のテーブルがある場合、内部結合 (クエリ ウィザードによって作成された種類) では、購入していない顧客の顧客レコードが取得されません。 Microsoft Query を使用すると、すべての顧客レコードを取得し、購入した顧客の売上データと共に、これらのテーブルを結合できます。

Microsoft Query を開始するには、次の手順に従います。

  1. [データ] タブの[外部データの取り込み] グループで、[その他のソースから] をクリックし、[Microsoft Query から]をクリックします

  2. [データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、[クエリ ウィザードを使用してクエリを作成 / 編集する] チェック ボックスがオフに設定されている必要があります。

  3. 使用するデータ ソースをダブルクリックします。

    または

    使用するデータ ソースをクリックし 、[OK]をクリックします。

クエリの再利用と共有     クエリ ウィザードと Microsoft Query の両方で、クエリを変更、再利用、共有できる .dqy ファイルとして保存できます。 Excel.dqy ファイルを直接開くことができるので、ユーザーまたは他のユーザーは、同じクエリから追加の外部データ範囲を作成できます。

保存したクエリを次の場所から開Excel。

  1. [データ] タブの[外部データの取り込み] グループで、[その他のソースから] をクリックし、[Microsoft Query から]をクリックします。 [ データ ソースの選択] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、[クエリ] タブをクリック します。

  3. 開く保存済みクエリをダブルクリックします。 クエリが Microsoft Query に表示されます。

保存したクエリを開き、Microsoft Query が既に開いている場合は、[Microsoft クエリ ファイル] メニューをクリックし、[開く] をクリックします

.dqy ファイルをダブルクリックするとExcel開き、クエリを実行して、結果を新しいワークシートに挿入します。

外部データに基づく Excel の概要またはレポートを共有する場合は、外部データ範囲を含むブックを他のユーザーに提供するか、 テンプレートを作成できます。 テンプレートを使用すると、外部データを保存せずに概要またはレポートを保存して、ファイルを小さくすることができます。 ユーザーがレポート テンプレートを開くと、外部データが取得されます。

クエリ ウィザードまたは Microsoft Query でクエリを作成した後、データをワークシートのExcelできます。 その後、データは 外部データ範囲 または ピボットテーブル レポート 更新できるデータになります。

取得したデータの書式設定     このExcel、グラフや自動小計などのツールを使用して、Microsoft Query によって取得されたデータの表示と集計を行います。 データの書式を設定できます。外部データを更新すると、書式設定は保持されます。 フィールド名の代わりに独自の列ラベルを使用し、行番号を自動的に追加できます。

Excel、範囲の最後に入力した新しいデータを、前の行と一致する書式を自動的に設定できます。 Excel行で繰り返された数式を自動的にコピーし、追加の行に拡張することもできます。

注: 範囲内の新しい行に拡張するには、前の 5 行のうち少なくとも 3 行に書式と数式を表示する必要があります。

このオプションは、いつでもオン (または再びオフ) できます。

  1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

    [ Excel 2007: [Microsoft Officeボタン] を Office ボタンの画像、[Excelオプション] をクリックし、[詳細設定] カテゴリをクリックします。

  2. [編集 オプション] セクション で、[データ範囲の書式と数式 を拡張する] チェック ボックスをオン にします。 データ範囲の自動書式設定を再度オフにする場合は、このチェック ボックスをオフにします。

<c0>外部データの更新</c0>。     外部データを更新すると、クエリを実行して、仕様に一致する新規または変更されたデータを取得します。 Microsoft Query と Microsoft クエリの両方でクエリを更新Excel。 Excelには、クエリを更新するためのオプションがいくつか用意されています。たとえば、ブックを開くたびにデータを更新し、一定の間隔で自動的に更新します。 データの更新中Excel、データの更新中も状態を確認できます。 詳細については、「外部データ接続を更新する」を参照Excel。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×