OneNote でファイルを挿入する

挿入されたファイルは、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、その他のソースからの情報を簡単に参照できます。 このような情報を複数の場所で複製する代わりに、必要な情報を直接 OneNote に取り込む必要があります。リンクされたクラウド ファイル、独立した添付ファイル、またはページを表示して注釈を付け、より多くのコンテキストや意味を得る仮想印刷資料として使用できます。

OneDrive にアップロードしてリンクを挿入する

このオプションを選択すると、選択した 1 つ以上のファイルのコピーが OneDrive アカウント (現在の OneNote ノートブックを保存しているアカウントと同じアカウント) にアップロードされます。 各ファイルへのリンクは、ノートブックの現在のページに挿入されます。 このオプションを使用すると、OneDrive にソース ファイルを保存してノートブックのサイズを小さめ、他のユーザーを簡単に招待してそれらのファイルを表示および投稿することができます。

  1. 現在のページの任意の場所にカーソルを置き、[ファイルの挿入] >クリックします

  2. 表示されるダイアログ ボックスで、挿入するファイルを見つけて選択し、[開く] をクリック します

  3. 表示されるダイアログ ボックスで、[OneDrive にアップロードしてリンク を挿入] をクリックします

ヒント: クラウド ファイルへのリンクは、コンテンツの重複を回避し、ノートブックのファイル サイズを小さめ、同じ場所で他のユーザーと簡単に共同作業を行う便利な方法です。 ただし、OneNote をオフラインで頻繁に使用する必要がある場合 (たとえば、出張中にインターネットにアクセスしない場合など)、このオプションを選択すると、このような期間中にすべての情報へのアクセスを維持する機能が制限される場合があります。

アップロードされたファイルごとに、OneNote はクリック可能なリンクを挿入し、OneDrive 上のソース ファイルをポイントします。 挿入したファイルが Microsoft Office アプリ (Word 文書、Excel スプレッドシート、PowerPoint プレゼンテーションなど) に関連付けられている場合、OneNote では、ファイルの内容のライブ プレビューがページに表示されます。 これにより、関連付けられたアプリでファイルを開かなくても、ファイルの内容をすばやく簡単に表示および参照できます。

添付ファイルとして挿入する

このオプションを選択すると、1 つ以上のソース ファイルのコピーが個別の添付ファイルとして OneNote に挿入されます。 挿入後、添付ファイルにはソース ファイルへのリンクは含めないので、OneNote でそれらのファイルに加えた変更はそこにのみ存在します。 このオプションは、複数のソースから情報の静的な "スナップショット" を収集する場合 (たとえば、プロジェクトの調査中)、またはオフラインで作業している場合でも OneNote で情報を利用できる状態を維持する場合に最適です。

  1. [挿入]、[ファイル] の順に選びます。

  2. 表示されるダイアログ ボックスで、挿入するファイルを見つけて選択し、[開く] をクリック します

  3. 表示されるダイアログ ボックスで、[添付ファイルとして挿入] をクリックします

  4. 表示されるボックスで、ファイルを選んで [開く] を選びます。

    PDF のサイズが大きい場合、ノートに埋め込まれるまでに少し時間がかかることがあります。

注: 添付ファイルは、元のソース ファイルのリンクされていないコピーです。 ソース ファイルまたはコピーした添付ファイルに加えた変更は、他のファイルには適用されません。

添付ファイルごとに、OneNote によってノートにファイル アイコンが挿入されます。 アイコンをダブルクリックすると、関連付けられたアプリ (Word 文書を開くと Microsoft Word など) で編集する内容が開きます。

印刷出力として挿入する

このオプションを選択すると、ファイルの内容を一連の画像 ("ページ" ごとに 1 つの画像) としてインポートすることで、ファイルの内容が仮想 "印刷イメージ" として挿入されます。 ノートに配置すると、各印刷イメージを選択、サイズ変更、移動、注釈を付けできますが、通常のテキストのように編集したりはできます。 このオプションは、書式設定を保持する必要がある情報 (複雑なテーブルやグラフ、大きな図、豊富に書式設定されたリストなど) をインポートする場合に最適です。

  1. [挿入]、[ファイル] の順に選びます。

  2. 表示されるダイアログ ボックスで、挿入するファイルを見つけて選択し、[開く] をクリック します

  3. 表示されるダイアログ ボックスで、[印刷結果として挿入 ] をクリックします

    ソース ファイルが大きい場合、印刷イメージがノートに表示されるのに少し時間がかかる場合があります。

印刷イメージがノートに配置されている場合は、画像をクリックしてサイズを変更するか、ページ上の別の場所に移動するか、画像を右クリックして切り取り、コピー、貼り付け、保存、または削除します。

また、印刷イメージの上にテキストを入力したり、手書き入力したりして、印刷イメージに注釈を付け出す方法があります。 これを行うには、注釈を付ける画像を右クリックし、[図を背景に設定] ボタンをクリックして、画像を入力するか、画像の上に書き込みます。

ヒント: 印刷イメージ内のテキストを編集したい場合は、テキストをコピーし、ノート内の別の場所に貼り付け、編集することができます。 詳細については 、「OneNote で画像からテキストをコピーする」を参照してください

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×