校正、マルチタスク、理解と学習の向上など、メールを聞く理由は多数あります。 Outlookは、デバイスのテキスト読み上げ (TTS) 機能を使用して、書き込まれたテキストを音声として再生することで、リスニングを可能にします。  

Outlookでメールをリッスンするためのツールは複数あります。 

  • 読み上げは、メールの全部または一部を読み上げます。

  • 選択したテキストのみが読み上げられます。 Speak はWindowsでのみ使用できます。 読み上げの詳細については、「音声読み上げ機能を使用してテキストを読み上げる」を参照してください。

  • Speech は MacOS の組み込みのアクセシビリティ機能です。 Mac システム環境設定で Speech 環境設定を設定するときに、テキストを選択し、定義したキーボードの組み合わせを押して読み上げられます。

Outlookで読み上げをオンまたはオフにする

  1. [ ファイル > オプション ] > [アクセシビリティ] を選択します。

  2. [ アプリケーションの表示オプション] で、[ 読み上げの表示 ] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

    読み上げのオプション

メッセージOutlook読み上げたい

[ ホーム ] タブで、[ 読み上げ] を選択します。 読み上げコントロールは右上に表示され、既定で再生されます。

読み上げを選択する

  • 読み上げを一時停止するには、[ 一時停止] を選択します。

  • 1 つの段落から別の段落に移動するには、[ 前へ ] または [次へ] を選択します。

  • 読み上げを終了するには、[ 停止 ] (x) を選択します。

読み上げ設定を変更する 

右上のコントロールで歯車アイコンを選択します。

読み上げの設定

  • 読み取り速度スライダーを使用して読み取り速度を変更します。

  • [ 音声の選択] で、目的の音声を選択します。

キーボード ショートカット 

Windowsの次のキーボード ショートカットを使用して、読み上げを簡単に制御できます。 

CTRL + Alt + Space

読み上げを開始する

CTRL + Space

読み上げを再生または一時停止する

Ctrl + 左矢印

前の段落の先頭にスキップする

Ctrl + 右矢印

次の段落の先頭に進む

Alt + 左矢印

読み取り速度を下げる

Alt + 右矢印

読み取り速度を上げる

読み取り速度を上げる 

Speak を使用してドキュメントを聞く 

[読み上げ] は、Word、Outlook、PowerPoint および OneNote の組み込み機能です。 読み上げを読み上げるには、選択したテキストのみを読み上げます。 読み上げでは、オーディオブックなどのカーソル位置から始まるドキュメント全体が読み上げられます。  

Speak を使用するには:  

  1. 文書内のテキストの単語またはブロックを選択します。

  2. クイック アクセス ツール バーで、[選択したテキストを読み上げる] アイコンを選択します。

ヒント: クイック アクセス ツール バーに [読み上げ] アイコンを追加する方法については、ヘルプ記事「 テキスト読み上げ機能を使用してテキストを読み上げる」を参照してください。 

サポートされている言語 

Read Aloud では、ドキュメントの校正言語セットが使用されます。 言語を変更するには、ヘルプ記事「間違った言語でのテキスト読み上げを修正する」を参照してください。  

声 

プラットフォームに応じて、テキスト読み上げ (TTS) では、デバイスまたは Microsoft サービスに組み込まれているソフトウェアが使用されます。 利用可能な音声は TTS サービスによって異なります。 イマーシブ リーダーを使用している場合は、ヘルプ記事「イマーシブ リーダー、読み取りモード、読み上げ用の音声をダウンロードする」を参照してください。 

私たちのチームは、音声をより自然に聞こえるように取り組んでいます。そのため、改善点を探し続けます。 

トラブルシューティング 

使用可能な読み上げが表示されない場合は、Microsoft 365 アカウントにサインインしていることを確認してから、Outlookの再起動またはログアウトを試して、もう一度ログインしてください。 

プライバシー 

読み上げでは、コンテンツやオーディオ データは保存されません。 Microsoft は、お客様のコンテンツをオーディオの結果を提供するためにのみ使用します。 コンテンツを分析するエクスペリエンスの詳細については、「Officeの接続エクスペリエンス」を参照してください。

音声コンテンツを使用して、メール、Web サイト、Word 文書などのテキストを読み上げます。 音声コンテンツをオンまたはオフにするには、次の手順に従います。 

  1. Apple ロゴを選択します。

  2. [アクセシビリティ>音声コンテンツ> システム環境設定] を選択します。

  3. ユーザー設定に従って設定を調整します。

Outlookで読み上げのオン/オフを切り替える

読み上げをオンにする

  1. [表示] を選択します。

  2. イマーシブ リーダー右クリック>み上げを選択します。

すべてのメールまたは 1 つのメールに読み上げを使用する

読み上げは、オーディオブックなどのカーソル位置からサイト全体を読み上げます。 読み上げをオンにすると、特定のメールを選択するまで、各メールの送信者、件名、日付、時刻が読み上げられます。

読み上げをオフにする   

  1. [表示] を選択します。

  2. イマーシブ リーダー 右クリック>読み上げを閉じるを選択します。

 読み上げを一時停止して移動する   

 読み上げがオンになっていると、一時停止コントロールとナビゲーション コントロールがサイトの中央の上部に表示されます。

Outlook Web 読み上げコントロール

[イマーシブ リーダー] のドロップダウン メニューを使用して、ドキュメントの読み上げを移動することもできます。

読み上げナビゲーションの [Web のOutlook] ドロップダウン メニュー

  • 読み上げを一時停止するには、[読み上 げの一時停止] を選択します。

  • 1 つの段落から別の段落に移動するには、[前の段落の読み取り] または [次の段落の読み取り] を選択します

  • 読み上げを終了するには、[読 み上げを閉じる] を選択します。                                                                                                                                                                                                                                               

注: Web のOutlookには、読み上げのキーボード ショートカットはありません。                                                                        読み上げ音声を調整する 

音声速度と音声の種類を調整する

音声速度

1. [音声オプション] を選択します。

2. [速度] で、[低速] と [高速] の間でスライダーを調整します。                                                                                                            

Web 読み上げ音声オプションドロップダウンのOutlook

音声の選択

1. [音声オプション] を選択します。

2. [速度] で、音声、言語、および国の名前で音声を選択します。

注: 音声をさらに追加する方法については、「イマーシブ リーダー、読み取りモード、読み上げ用の音声をダウンロードする」を参照してください。

サポートされている言語 

Read Aloud では、ドキュメントの校正言語セットが使用されます。 言語を変更するには、ヘルプ記事「間違った言語でのテキスト読み上げを修正する」を参照してください。  

声 

プラットフォームに応じて、テキスト読み上げ (TTS) では、デバイスまたは Microsoft サービスに組み込まれているソフトウェアが使用されます。 利用可能な音声は TTS サービスによって異なります。 イマーシブ リーダーを使用している場合は、ヘルプ記事「イマーシブ リーダー、読み取りモード、読み上げ用の音声をダウンロードする」を参照してください。 

私たちのチームは、音声をより自然に聞こえるように取り組んでいます。そのため、改善点を探し続けます。                                                                                                                               

トラブルシューティング 

使用可能な読み上げが表示されない場合は、Microsoft 365 アカウントにサインインしていることを確認してから、Outlookの再起動またはログアウトを試して、もう一度ログインしてください。 

プライバシー 

読み上げでは、コンテンツやオーディオ データは保存されません。 Microsoft は、お客様のコンテンツをオーディオの結果を提供するためにのみ使用します。 コンテンツを分析するエクスペリエンスの詳細については、「Officeの接続エクスペリエンス」を参照してください。                                                                                                                                                                                                                                                                                           

自分のメールを再生する概要

  1. アカウントの画像を選択してサイド メニューを開きます。

  2. [ 再生] をタップします。

  3. セットアップ手順を完了します。

  4. Cortanaからの音声アシスタンスを使用します。

Cortana を使用する

  1. Play My Emails でCortanaを使用するには、「ねえCortana」と言います。

  2. 次のいずれかのアクションを言います。

  • スキップ

  • フラグ

  • アーカイブ

  • 削除

メール メッセージの再生をカスタマイズする

[アカウント]、[メール メッセージの再生] の順に選択します。

次のいずれかを選びます。 

  • スワイプ オプションのカスタマイズ

  • メールを未読のままにする

  • Cortana の音声を選ぶ

  • Siri にメール メッセージの再生を実行させる

さらに詳しく

iOSとAndroidに関する FAQ のOutlook

関連項目

Office アクセシビリティ センター

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×