Outlook.com での暗号化されたメッセージについて

Microsoft 365 Family または Microsoft 365 Personal サブスクリプションをお持ちである場合、 Outlook.com には機密情報と個人情報を共有できる暗号化機能が含まれるので、電子メール メッセージが暗号化されたままで、 Microsoft 365が残らな#x3。 この機能は、受信者のメール プロバイダーがセキュリティで保護されていると信頼できない場合に役立ちます。

暗号化オプションは、メッセージを作成するときにリボンで使用できます。

Outlookボタンが強調表示された Outlook.com リボン

使用できる暗号化オプション

サブスクリプション Outlook.com またはサブスクリプションを持 Microsoft 365 Family ユーザー Microsoft 365 Personal 、次の情報が表示されます。

  • 暗号化: メッセージは暗号化されたままで、メッセージは Microsoft 365。 Outlook.com アカウントと Microsoft 365 アカウントを持つ受信者は、 Outlook.com、Outlook モバイル アプリ、または Windows 10 のメール アプリから暗号化なしで添付ファイルをダウンロードできます。 別のメール クライアントまたは他のメール アカウントを使用している場合は、一時的なパスコードを使用して、Message Encryption ポータルの Microsoft 365 から添付ファイルをダウンロードできます。

  • 暗号化と転送防止: メッセージは暗号化された Microsoft 365 、コピーまたは転送を行う必要があります。 Microsoft Office、Word、Excel、PowerPointファイルなどの添付ファイルは、ダウンロード後も暗号化されたままです。 PDF ファイルや画像ファイルなどの他の添付ファイルは、暗号化なしでダウンロードできます。

暗号化されたメール メッセージを送信する方法

暗号化を使用してメッセージを送信するには、[暗号化] ボタンで使用できる 2つのオプションのいずれかを選択します。[暗号化] または [暗号化] と [転送の防止] です

Outlookオプションが強調表示された閲覧ウィンドウ

暗号化されたメール メッセージを読む方法 (I'm using Outlook.com or Microsoft 365)

Outlook.com または Microsoft 365 を使用し、 Outlook.com Web サイト、Outlook モバイル アプリ、または Windows 10 のメール アプリを使用している場合は、暗号化されていないメッセージと同じように、暗号化されたメッセージを読んで返信できます。

Windows、Outlook for Mac、またはサード パーティのメール アプリに Outlook を使用している場合は、暗号化されたメッセージを読む方法を示す電子メール メッセージが送信されます。 Microsoft アカウントまたはアカウントを使用してアクセス Microsoft 365 できます。

暗号化されたメール メッセージを読む方法 (I'm not using Outlook.com or Microsoft 365)

暗号化されたメッセージを読む方法を示す電子メール メッセージが送信されます。 暗号化されたメッセージが Google または Yahoo メール アカウントに送信された場合は、Google または Yahoo アカウントを使用するか、一時的なパスコードを使用して認証できます。 メッセージが別のアカウント (Comcast や AOL など) に送信された場合は、一時的なパスコードを使用できます。 一時パスコードがメールで送信されます。

暗号化されたメッセージを開く際に受信したメッセージ

添付ファイルも暗号化されますか?

すべての添付ファイルが暗号化されます。 Office Message Encryption ポータルを使用して暗号化されたメールにアクセスする受信者は、ブラウザーで添付ファイルを表示できます。

添付ファイルは、使用される暗号化オプションに応じて、ダウンロード後の動作が異なります。

  • [暗号化]オプションを選択した場合、 Outlook.com アカウントと Microsoft 365 アカウントを持つ受信者は、 Outlook.com、Outlook モバイル アプリ、または Windows 10 のメール アプリから暗号化せずに添付ファイルをダウンロードできます。 別のメール クライアントを使用する他のメール アカウントでは、一時的なパスコードを使用して、Message Encryption ポータルから添付ファイル Microsoft 365 ダウンロードできます。

  • [暗号化と転送 を防止する] オプションを 選択した場合、次の 2 つの方法があります。

    • Microsoft Office、Word、Excel、PowerPointファイルなどの添付ファイルは、ダウンロード後も暗号化されたままです。 つまり、受信者が添付ファイルをダウンロードして他のユーザーに送信した場合、その添付ファイルを転送したユーザーは、添付ファイルを開くアクセス許可を持たないので開くことができません。

      ファイルの受信者が Outlook.com アカウントを使用している場合は、Office アプリで暗号化された Office 添付ファイルを開Windows。 ファイルの受信者が複数のアカウントを使用 Microsoft 365 、複数のプラットフォームのアプリでファイルOffice開く可能性があります。

    • PDF ファイルや画像ファイルなどの他のすべての添付ファイルは、暗号化なしでダウンロードできます。

これは、現在の暗号化レベルの暗号化とどのように異なる Outlook.com?

現時点では Outlook.com トランスポート層セキュリティ (TLS) を使用して、受信者のメール プロバイダーとの接続を暗号化しています。 ただし、TLS では、メッセージが受信者のメール プロバイダーに到達した後も、メッセージが暗号化されたが続かねない場合があります。 つまり、TLS はメッセージではなく接続を暗号化します。

さらに、TLS 暗号化では、転送を防止する機能が提供してくれなかった。

暗号化されたメッセージ Microsoft 365 暗号化されたままであり、 内に残 Microsoft 365 Personal。 これにより、受信したメールをセキュリティで保護できます。

関連項目

Office 365 の高度な保護機

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×