Power View の画像

画像は、Excel の Power View シートまたは SharePoint の Power View シートに視覚的な魅力を追加するのに最適です。 次の操作を実行できます。

  • 透かしなどの背景として、または会社のロゴなどのデザイン要素として静的な画像を追加します。

  • レポートに表示しているデータにリンクされたデータバインド画像を追加します。

Power View シートに背景画像が表示される

この記事の内容

Power View に静的な画像を追加する

背景画像を追加する

画像を追加する

Power View でデータバインド画像を使用する

タイルコンテナーのタブとしての画像

カード内の画像

画像をスライサーの値として指定する

Power Pivot で Power View で使用する画像のプロパティを設定する

Power Pivot で既定の画像を設定する

並べ替え順序を制御する

データバインド画像のソース

外部サイトの画像

データモデルに保存されている画像

SharePoint フォルダーの画像

Power View に静的な画像を追加する

デザインまたは識別の目的で、画像や背景画像を追加できます。 画像および背景画像は、ブックやレポートの各シートまたはビューで繰り返し表示されません。 各シートまたはビューで、一意の画像を使用したり、それらを再利用したりすることができます。

背景画像を追加する

  1. Excel を使用している場合は、Power View シートを表示していることを確認します。 表示されていない場合は > Power View挿入] を選びます。

  2. [ Power View ] タブの [背景画像] セクションで > [イメージの設定] を > ます。

    画像を配置するには、[引き伸ばし]、[並べて表示]、[中央] のいずれかを使用します。

  3. 透明度を設定します。 パーセンテージが高くなるほど、画像の透明度が高くなり、見えやすくなります。

画像を追加する

  1. Power View シートの空白のキャンバスで、[ Power view ] タブの [> の画像挿入] > ます。

  2. 画像に移動して、[開く] をクリックします。

  3. 画像がシートに表示されたら、次の操作を実行できます。

    • 移動: ポインターを選択し、端をポイントして、カーソルが手の形に変わります。

      Power View の手の形のカーソル

    • サイズを変更する: 選択した後、端の中央と角のサイズ変更ハンドルの上にマウスポインターを置き、二重矢印のカーソルが表示されたらその位置をポイントします。

      Power View の双方向矢印のサイズ変更カーソル

ページの先頭へ

Power View でデータバインド画像を使用する

データバインド画像は、データモデル内のデータの一部です。 たとえば、会社または製品の社員の写真を作成できます。

Power View では、以下の画像を使用して、レポートをよりわかりやすく、魅力的なものにすることができます。

Power View での画像の使用については、 Power Pivot でプロパティを設定する必要がある場合があります。 データバインド画像は、データモデルの内部または外部にある場合があります。 それらのソースによって、使用方法が異なります。

タイルコンテナーのタブとしての画像

各種スポーツの画像を表示する Power View のタイル コンテナー

Power View のタイルには、動的なナビゲーションストリップが含まれています。 タイルはフィルターとして機能し、タブ ストリップで選んだ値でタイル内のコンテンツがフィルター処理されます。 画像をタイルのタブとして使うと効果的です。

  1. Power View シートまたはビューで、タイルに表示する視覚エフェクトを作成します。

  2. [画像] フィールドを [タイル] ボックスにドラッグします。

タブストリップに画像を含むタイルが作成されます。

タイルを使うと、さらに多くのことができます。 詳しくは、「Power View のタイル」をご覧ください。

カード内の画像

Power View の国旗の画像があるカード
  1. Power View シートで、カードに必要なフィールドを追加します。

  2. [デザイン] タブで >テーブル>カード] を選びます。

Power View では、フィールドが [フィールド] ボックスと同じ順序で配置され、次の2つの例外があります。

  • 既定のフィールドは見出しとして表示されます。

  • 既定の画像は、大きく目立つように表示されます。

画像をスライサーの値として指定する

Power View の画像付きのスライサーで他の表示項目をフィルター処理する
  1. Power View シートまたはビューで、空白のキャンバスをクリックします。

  2. [フィールドリスト] で、画像を含むフィールドのチェックボックスをオンにします。

  3. これらの画像を含むテーブルが作成されます。

  4. [デザイン] タブの [スライサー] をクリックします。

    ヒント: [スライサー ] が淡色表示されている場合は、テーブル内に複数のフィールドがあるかどうかを確認します。 スライサーは、1つのフィールドがあるテーブルからのみ作成できます。

  5. これで、スライサーの画像をクリックすると、その画像に関連付けられている値でシートがフィルター処理されます。

詳しくは、「Power View のスライサー」をご覧ください。

ページの先頭へ

PowerPivot で Power View で使用する画像のプロパティを設定する

PowerPivotで既定の画像を設定する

データが Excel にある場合は、 PowerPivot に既定の画像を設定することができます。 既定の画像は、カードに追加すると大きくなり、目立つように配置されます。 既定の画像として設定するには、画像 (または画像へのリンク) が固有のものである必要があります。つまり、各行に異なる画像が含まれています。

  1. Excel の [ PowerPivot ] タブで、[データモデルの管理] を > ます。

    [ PowerPivot ] タブが表示されない場合 Power Pivot を有効にします。

  2. [詳細設定]、[テーブルの動作] の順にクリックします。

  3. 行識別子(一意の ID を含む列など) を設定します。 行識別子列の値は一意である必要があります。

  4. [既定の画像] を画像の列の名前に設定します。

ヒント: 既定のラベルを設定すると、タイルコンテナーの画像の下に表示されます。

詳しくは、「 Power View レポートのテーブル動作プロパティの構成」をご覧ください。

並べ替え順序を制御する

既定の画像を設定するもう1つの利点は、画像の並べ替え順序を制御できることです。 既定では、スライサーやタイルの画像は画像のファイル名によって並べ替えられますが、既定の画像として画像を指定した場合は、行識別子の列に従って並べ替えられます。 既定のラベル列として別の列を指定した場合、その列の値に従って画像が並べ替えられます。

データが Excel にあり、その行が一意ではないテーブルに画像がある場合は、その並べ替え順序を別のフィールドに設定することができます。

  1. [PowerPivot] タブで [データ モデルの管理] をクリックします。

    [ PowerPivot ] タブが表示されない場合 Power Pivot を有効にします。

  2. 画像または画像の Url を含む列をクリックします。

  3. [ホーム] タブの [列で並べ替え] >ます。

  4. [画像] 列は [並べ替え] ボックスにあります。

  5. [単位] ボックスで、画像の並べ替えに使っている列の名前を選択します。

  6. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

データバインド画像のソース

Power View レポートの画像は、いくつかのソースから取得できます。

外部サイトの画像

画像が外部サイトにある場合、Power View は、画像に匿名でアクセスします。そのため、画像は匿名アクセスを許可する必要があります。 したがって、レポートの閲覧者が画像を表示する権限を持っている場合でも、画像が表示されない場合があります。

外部サイトの画像の手順は、sharepoint サイトではなく外部サイトを対象としている場合を除いて、SharePoint 上の画像に対しても動作します。

外部サイトの一連の画像にアクセスできるとします。 Excel では、画像名が含まれているテーブルに列があるとします。 画像へのリンクを管理するための最も柔軟な方法は、画像名と URL を外部サイトの画像の場所に移動するために、計算列を作成することです。

  1. 外部サイトの URL をコピーします。

  2. Excel の [ PowerPivot ] タブで、[データモデルの管理] を > ます。

    [ PowerPivot ] タブが表示されない場合 Power Pivot を有効にします。

  3. [列の追加] 列の空のセルをクリックし、等号 (=)、引用符で囲まれた URL ("")、および画像の列名を角かっこ ([]) で入力します。 例えば:

    = "http://contoso.com/images" & [画像名]

  4. PowerPivot は、列のすべてのセルに URL と画像の名前を入力します。

  5. 列見出しをクリックし、右クリックして [列名の変更] をクリックし、列にわかりやすい名前を付けます。

  6. 有効であることを確認するには、いずれかの値をコピーして、ブラウザーの [アドレス] ボックスに貼り付けます。 画像が表示されます。

注: Microsoft 365の Power View シートに外部画像を表示することはできません。 画像は、データモデルのテーブルに格納する必要があります。

データモデルに保存されている画像

データモデルの画像には、次のような利点があります。

  • ブックが完成しました。 オフラインでも画像を表示できます。

  • Microsoft 365の Power View シートに画像が表示されます。

画像は、バイナリデータ型の列に含まれている必要があります。 PowerPivotで画像を表示することはできません。列内の各フィールドは、"バイナリデータ" を読み取ります。 ただし、Power View にフィールドを追加すると、画像が表示されます。

重要: バイナリ列の画像は、基になるテーブルに行識別子列がある場合にのみ、Power View のフィールドリストに表示されます。 詳しくは、「 Power View レポートのテーブル動作プロパティの構成」をご覧ください。

SQL Server にアクセスできる場合は、画像を SQL Server に取り込み、それをモデルにアップロードすることができます。 詳細については、「 Power Pivot を使った画像の追加2013オリンピック」を参照してください。

注: Power View では、OLE オブジェクトは画像としてサポートされません。

つまり、access から画像をモデルにインポートすることはできません。 Access からは画像が OLE オブジェクトとして保存されるためです。

SharePoint フォルダーの画像

Power View in SharePoint (Excel の Power View ではありません) を使用している場合、SharePoint フォルダー内の画像へのリンクは、外部サイトの場合と同じ方法で行うことができます。

注: デスクトップの Excel では、画像に匿名アクセスを許可している場合にのみ、Power View シートに SharePoint サイトに保存されている画像を表示できます。ほとんどの SharePoint 構成では許可されていません。 したがって、自分とブックの閲覧者が、SharePoint サイトで直接画像を表示する権限を持っている場合でも、Excel の Power View では表示できないことがあります。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×