数式の中で最も一般的なExcel関数の 1 つは VLOOKUP です。 ただし、 では VLOOKUP を使用 PowerPivot。 これは主に、 PowerPivotでは、データ分析(DAX) 関数は、VLOOKUP が Excel で行うので、セルまたはセル範囲を参照として受け取らないためです。 DAX 関数は、参照として列またはテーブルのみを受け取る。

で PowerPivotリレーショナル データ モデルを使用している場合に注意してください。 別のテーブルの値の参照は非常に簡単で、多くの場合、数式を作成する必要は一切必要ない場合があります。

たとえば、データ モデルで売上データを分析するための Excel ワークシートにピボットテーブルが存在し、Geography テーブルの [地域] 列の地域データに基づいてスライスするとします。 ピボットテーブルには、単にフィールドとして [地域] を追加できます。 ルックアップや数式は必要ありません。 この単純なソリューションには、いくつかの要件があります。ルックアップ列の [地域] は関連テーブルに含まれる必要があります。また、Geography テーブルをピボットテーブルのフィールド リストから非表示にすることはできません。

PowerPivot では、計算の一環として別のテーブルの値を参照する必要がある場合があります (集計列やメジャーなど)。 これらには、DAX を使用して作成されたカスタム数式が必要です。これには、同様のルックアップを実行する複数の関数が含まれています。 選択する内容は、数式の実行に必要な内容によって異なります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

RELATED 関数 を使用 して、関連テーブルの値を参照します。

RELATEDTABLE 関数を使用して、現在の行に関連するすべての行を含むテーブルを参照します。

LOOKUPVALUE 関数を使用して、フィルター条件で値を返します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×