PowerPoint の 3D アニメーション効果

3D グラフィックにアニメーション効果を追加することができます。

  • 到着または出発

  • ターンテーブルスウィング

  • ジャンプしてターン

お知らせで大きなインパクトを与える

持続時間:58 秒

アニメーション効果の使用に関する詳細な手順については、「テキストまたはオブジェクトにアニメーションを設定する」を参照してください。

タスク、チェックリスト、計画記号

これは、サブスクライバーのみの Microsoft 365 の機能です。 詳細については、後述の「要件」を参照してください。

  1. 3D モデルでクリエイティブに」で説明されているように、3D モデルを挿入および配置します。

  2. リボンの [アニメーション] タブで、3D アニメーション効果のいずれかを選択します。

  3. 必要なアニメーション効果を選択します。

  4. リボンで、[効果オプション] を選択し、メニューを開きます。 移動の、[方向]、[強度]、[回転の軸] に関連するプロパティを選択できます。

  5. アクションの効果を表示するには、リボンの [プレビュー] を選択します。

3D アニメーション効果の要件

タスク、チェックリスト、計画記号

これは、サブスクライバーのみのMicrosoft 365の機能です。

適用対象:

Microsoft 365のPowerPoint :

現在のチャネル:バージョン1712またはそれ以降の
半期エンタープライズチャネル (Preview):バージョン1803以降
半半期エンタープライズチャネル:バージョン1803以降では
、使用している Office のバージョンを確認する        

タスク、チェックリスト、計画記号

この機能は、Windows タブレットで動作します。 詳細については、後述の「要件」を参照してください。

  1. 3D モデルでクリエイティブに」で説明されているように、3D モデルを挿入および配置します。

  2. リボンの [アニメーション] タブで、[強調効果] などの効果カテゴリを選択します。

    使用可能な 3D アニメーションは、リストの上部にあります。

  3. 必要なアニメーション効果を選択します。

  4. リボンで、[効果のオプション - プロパティ] を選択し、メニューを開きます。 移動の、[方向]、[強度]、[回転の軸] に関連するプロパティを選択できます。

  5. アクションの効果を表示するには、リボンの [スライド ショー] タブに切り替えて、[現在のスライド] から選択します。

3D アニメーション効果の要件

タスク、チェックリスト、計画記号

この機能は、Windows タブレットで動作します。

適用対象:

PowerPoint Mobile: バージョン17.9226.20751 以降
の Office バージョンを検索する  

Web 用 PowerPoint は、PowerPoint の別のバージョンで挿入された 3D アニメーションを再生できますが、3D アニメーション効果の挿入自体はサポートしていません。

3D アニメーション効果の再生の要件

タスク、チェックリスト、計画記号

これは、 Microsoft 365ビジネスユーザー向けのサブスクライバーのみの機能です。

適用対象:

職場または学校の OneDrive または SharePointに保存されているファイルをWeb 用 PowerPoint する

ブラウザー サポート:

Microsoft Edge、Chrome、Firefox がサポートされています

Internet Explorer はサポートされていません

関連項目

3D モデルでクリエイティブに

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×