RTD 関数

ここでは、Microsoft Excel の RTD 関数の書式および使用法について説明します。

説明

COM オートメーションに対応するプログラムからリアルタイムのデータを取得します。

書式

RTD(プログラム ID, サーバー, トピック 1, [トピック 2], ...)

RTD 関数の書式には、次の引数があります。

  • プログラム ID    必ず指定します。 ローカル コンピューターにインストールされている登録された COM オートメーション アドインのプログラム ID の名前です。 名前は単一引用符で囲みます。

  • サーバー    必ず指定します。 アドインを実行する必要があるサーバーの名前。 サーバーがない場合、プログラムがローカルで実行されている場合は、引数を空白のままにします。 それ以外の場合は、サーバー名の周囲に引用符 ("") を入力します。 Visual Basic for Applications (VBA) 内で RTD を使用する場合、サーバーがローカルで実行されている場合でも、サーバーには二重引用符または VBA NullString プロパティが必要です。

  • トピック 1, トピック 2,...    トピック 1 は必ず指定し、以降のトピックは省略可能です。 リアルタイム データの一部を指定する 1 ~ 253 個の引数を指定します。

解説

  • RTD COM オートメーション アドインは、ローカルのコンピューターで作成し、登録する必要があります。 リアルタイム データ サーバーをインストールしていない場合は、RTD 機能を使用しようとするとセルにエラー メッセージが表示されます。

  • Excel が自動計算モードのとき、結果を更新し続けるようにサーバーをプログラムした場合には、他の関数とは異なり、RTD の数式の内容が変わります。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。 必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

数式

説明 (計算結果)

結果

=RTD("mycomaddin.progid",,"Server_name","Price")

COM オートメーションをサポートするプログラムからリアルタイムのデータを取得します。

#NAME?

RTD COM オートメーション アドインは、ローカルのコンピューターで作成し、登録する必要があります。 リアルタイム データ サーバーをインストールしていない場合は、RTD 関数を使用しようとするとセルにエラー メッセージ #NAME? が表示されます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×