Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

さらに強調したり、情報を段階的に表示したりするには、 SmartArt グラフィックまたは SmartArt グラフィック 内の個々の図形にアニメーションを追加します。 たとえば、画面の片側からすばやくスライドインする図形や、ゆっくりとフェード インする図形を作成できます。

アニメーションを追加する

SmartArt グラフィックをアニメーション化するには、アニメーション化する SmartArt グラフィックに移動し、[ アニメーション] をクリックし、[ アニメーション ] グループで目的のアニメーションの種類をクリックします。 [ その他の [その他] ボタン ] をクリックすると、その他の選択肢が表示されます。 (アニメーションを削除するには、[ なし] をクリックします)。

[アニメーション] タブの [その他] ボタン

次の見出しを選択して開き、詳細な手順を表示します。 

アニメーションを追加したら、個々の図形をアニメーション化できます。

  1. [アニメーション] タブ [ アニメーション ] グループで、[ 効果オプション] をクリックし、[ 1 つずつ] をクリックします。

    [アニメーション] グループの [効果のオプション] ボタン

  2. [ アニメーションの詳細設定 ] グループ で、[アニメーション ウィンドウ] をクリックします。

    アニメーション ウィンドウ

  3. [ アニメーション ウィンドウ] の 一覧で、展開するシェブロン 展開記号 をクリックして、SmartArt グラフィック内のすべての図形を表示します。

  4. アニメーション化しないすべての図形を選択し (Ctrl キーを押しながら各図形を順番にクリック)、[アニメーション] グループで [なし] をクリックします。 (これにより、図形からアニメーション効果が削除されます。 SmartArt グラフィックから図形は削除されません)。

    [アニメーション] グループの [なし] (アニメーション効果を指定しない) のオプション

  5. 残りの図形ごとに、 アニメーション ウィンドウで図形を右クリックし、目的のアニメーション オプションを選択します。

ヒント: アニメーションを SmartArt グラフィックから別の SmartArt グラフィックにすばやくコピー するには、 アニメーションペインター ([アニメーション] タブの [アニメーション ] グループ) を使用します。

  1. 反転するアニメーションを含む SmartArt グラフィックに移動します。

  2. [アニメーション] タブ [ アニメーション ] グループで、ダイアログ ボックス起動ツール リボンにあるダイアログ ボックス起動ツールのボタンをクリックします。

    [アニメーション] タブのダイアログ ボックス起動ツール

  3. [ SmartArt アニメーション ] タブをクリックし、[ 逆注文 ] チェック ボックスをオンにします。

    [SmartArt アニメーション] タブの [順序を逆にする] チェック ボックスの部分

効果オプションを使用してアニメーションを微調整できます。

重要: SmartArt グラフィックスでは使用できない一部のアニメーション効果は、図形で使用できます。 これらの効果を SmartArt に適用するには、その効果を右クリックし、[ 図形に変換] をクリックします。

  1. 調整するアニメーションを使用して SmartArt グラフィックに移動します。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定] グループで [アニメーション ウィンドウ] をクリックします。

    アニメーション ウィンドウ

  3. [ アニメーション ウィンドウ] の一覧で、変更するアニメーションの右側にある矢印をクリックし、[ 効果オプション] をクリックします。

    ドロップダウン メニューに [効果オプション] が表示されている

  4. ダイアログ ボックスの [ SmartArt アニメーション ] タブの [ グループ グラフィック ] リストで、次のいずれかのオプションを選択します。

    オプション

    説明

    1 つのオブジェクトとして

    SmartArt グラフィック全体を 1 つの大きな画像またはオブジェクトとしてアニメーション化します。

    一度にすべて

    各図形を個別に同時にアニメーション化します。 このアニメーションと As オブジェクト の違いは、図形が回転または拡大するアニメーションで最も顕著です。 [すべて] を一度に使用すると、各図形が個別に回転または拡大します。 1 つのオブジェクトとして、SmartArt グラフィック全体が回転または拡大します。

    1 つずつ

    各図形を 1 つずつアニメーション化します。

    一度にレベルを設定する

    すべての図形を同じレベルで同時にアニメーション化します。 たとえば、レベル 1 のテキストを含む 3 つの図形とレベル 2 のテキストを含む 3 つの図形がある場合、レベル 1 の図形は最初に一緒にアニメーション化され、次にレベル 2 の図形は一緒にアニメーション化されます。

    レベル 1 バイ ワン

    次のレベルの図形に移動する前に、各レベル内の各図形を 1 つずつアニメーション化します。 たとえば、レベル 1 のテキストを含む 4 つの図形と、レベル 2 のテキストを持つ 3 つの図形がある場合、レベル 1 の各図形は、3 つのレベル 2 図形が 1 つずつアニメーション化される前に、1 つずつアニメーション化されます。

注: 

  • 一度にすべてアニメーションは、As One Object アニメーションとは異なる動作をします。 たとえば、[ 一度にすべて] オプションと [フライ イン ] アニメーションを選択した場合、飛ぶ距離が遠い図形は高速で飛び、すべての図形が同時に目的地に到着します。 この同じアニメーションと [1 つのオブジェクトとして] オプションを選択すると、すべての図形が同じ速度で飛びます。

  • [1 つのオブジェクトとして] 以外のアニメーションを選択すると、SmartArt グラフィックの背景がスライドに表示されます。 背景をアニメーション化できないため、スライドが混乱している場合は、SmartArt グラフィックの塗りつぶしと線を None に設定してみてください。

  1. 削除するアニメーションを含む SmartArt グラフィックに移動します。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定] グループで [アニメーション ウィンドウ] をクリックします。

    アニメーション ウィンドウ

  3. [ アニメーション ウィンドウ] の一覧で、変更するアニメーションの右側にある矢印をクリックし、[ 削除] をクリックします。

最も効果的なアニメーションを決定するには、SmartArt グラフィック テキスト ウィンドウの情報を見てください。ほとんどのアニメーションは[テキスト] ウィンドウの先頭の箇条書きで始まり、そこから下に移動するためです。 または、アニメーションを逆の順序で再生することもできます (上記の「アニメーションの順序を反転する」セクションを参照してください)。 [テキスト] ウィンドウが表示されない場合は、[SmartArt ツールのデザイン] タブの [グラフィックの作成] グループで [テキスト ウィンドウ] をクリックします。

使用できるアニメーションは SmartArt グラフィックのレイアウトによって異なりますが、すべての図形を一度にアニメーション化することも、一度に 1 つの図形をアニメーション化することもできます。

SmartArt グラフィックに適用するアニメーションは、次の方法で図形、テキスト、ワードアートに適用できるアニメーションとは異なります。

  • 図形間の接続線は、常に 2 番目の図形に関連付けられているので、個別にアニメーション化されません。

  • SmartArt グラフィック内の図形にアニメーションを適用すると、図形が表示される順序でアニメーションが再生されます。 この順序は、全体としてのみ取り消すことができます。

    例:     図形が 6 つあり、それぞれに 1 文字の A から F が含まれている場合は、アニメーションを A から F または F から A に再生できます。A から C、F から D などの順序でアニメーションを再生することはできませんが、複数のスライドを作成してこの順序を模倣できます。 この例では、図形 A から C をアニメーション化する 1 つのスライドと、図形 F から D をアニメーション化する 2 つ目のスライドを作成できます。

  • SmartArt グラフィック レイアウトを切り替えると、追加したすべてのアニメーションが新しいレイアウトに転送されます。

アニメーションを追加する

重要:  カラー タイプライターの入口効果や Flip Exit 効果などの追加のアニメーション効果は、図形でのみ使用できます。 SmartArt グラフィックスで使用できない効果は淡色表示されます。 SmartArt グラフィックスで使用できないアニメーション効果を使用する場合は、 SmartArt グラフィックを個々の図形に変換してから、 アニメーション効果を追加します。

  1. アニメーション化する SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [アニメーション] タブ [ アニメーション ] グループで、[ アニメーション ] リストから目的のアニメーションを選択します。

    [アニメーション] タブの画像

  1. アニメーション化する SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [アニメーション] タブ [ アニメーション ] グループで、[分岐ごとに 1 つずつ ] または [ レベル 1 ずつ] を選択します。

    [アニメーション] タブの画像

  3. [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで、[アニメーション​​の設定] をクリックします。

    [アニメーション] グループの画像

  4. カスタム アニメーション リストで、展開シェブロン 展開記号 をクリックして、SmartArt グラフィック内のすべての図形を表示します。

  5. [カスタム アニメーション] リストで、アニメーション化しないすべての図形を選択します。Ctrl キーを押しながら各図形を順番にクリックします。

  6. [削除] をクリックします。 これにより、図形からアニメーション効果が削除されます。 SmartArt グラフィックから図形自体は削除されません。

  7. 残りの図形ごとに、目的のアニメーション オプションを選択するには、[カスタム アニメーション] リストで図形を選択し、図形を右クリックするか 、[変更] をクリックします。

  8. 目的のアニメーション オプションの選択が完了したら、[カスタム アニメーション] ウィンドウを閉じます。

注: SmartArt グラフィックスで使用できない効果は淡色表示されます。 SmartArt グラフィックスで使用できないアニメーション効果を使用する場合は、 SmartArt グラフィックを個々の図形に変換 してから 、アニメーション効果を追加します。

  1. 反転するアニメーションを含む SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで、[アニメーション​​の設定] をクリックします。

    [アニメーション] グループの画像

  3. [カスタム アニメーション] リストでカスタム アニメーション を右クリックし、[ 効果オプション] をクリックします。

  4. [ SmartArt アニメーション ] タブをクリックし、[ 逆注文 ] チェック ボックスをオンにします。

SmartArt グラフィックをアニメーション化するときは、使用するレイアウトに応じて、次のオプションを使用してアニメーションを微調整できます。

アニメーション

説明

1 つのオブジェクトとして

アニメーションは、SmartArt グラフィック全体が 1 つの大きな画像または オブジェクトであるかのように適用されます。

すべて一度に

SmartArt グラフィック内のすべての図形が同時にアニメーション化されます。 このアニメーションと As オブジェクト の違いは、図形が回転または拡大するアニメーションで最も顕著です。 [すべて] を一度に使用すると、各図形が個別に回転または拡大します。 1 つのオブジェクトとして、SmartArt グラフィック全体が回転または拡大します。

1 つずつ

各図形は、1 つずつ個別にアニメーション化されます。

ブランチごとに 1 つずつ

同じブランチ内のすべての図形が同時にアニメーション化されます。 このアニメーションは、組織図または階層レイアウトのブランチで適切に機能し、 1 つずつに似ています。

一度にレベル別

同じレベルのすべての図形が同時にアニメーション化されます。 たとえば、レベル 1 のテキストを含む 3 つの図形と、レベル 2 のテキストを含む 3 つの図形を含むレイアウトがある場合、レベル 1 のテキストを含む 3 つの図形が最初に一緒にアニメーション化され、レベル 2 テキストを含む 3 つの図形がアニメーション化されます。

レベル 1 およびレベル 2 テキストが表示されたテキスト ウィンドウの画像

レベル 1 つずつ

SmartArt グラフィックの図形は、最初にレベルごとにアニメーション化され、そのレベル内で個別にアニメーション化されます。 たとえば、レベル 1 のテキストを含む 4 つの図形とレベル 2 のテキストを含む 3 つの図形を含むレイアウトがある場合、レベル 1 のテキストを含む 4 つの図形はそれぞれ個別にアニメーション化され、レベル 2 テキストを含む 3 つの図形のそれぞれが個別にアニメーション化されます。

注: 

  • 一度にすべてを適用すると、一部のアニメーションは、1 つのオブジェクトとして適用する場合とは異なる動作をします。 たとえば、Fly In アニメーションに [すべて一度にすべて] オプションを適用すると、飛ぶ距離が遠い図形は高速で飛び、すべての図形が同時に目的地に到着します。 1 つのオブジェクトを適用すると、SmartArt グラフィックのすべての部分が同じ方法でアニメーション化されます (Fly In の例では、同じ速度で)。

  • [1 つのオブジェクトとして] 以外の SmartArt グラフィックにアニメーションを適用した場合、同じ SmartArt グラフィックに適用する他のアニメーションを 1 つのオブジェクトとして適用することはできません。 SmartArt グラフィックスに適用される複数のアニメーションは、すべて As 1 オブジェクト であるか、すべて As 1 オブジェクトではなくである必要があります。

  • SmartArt グラフィックにアニメーション ( 1 つのオブジェクトを除く) を適用した場合、SmartArt グラフィックの背景はスライドに常に表示されます。 背景をアニメーション化することはできませんが、塗りつぶしや線が適用されていない場合、背景は見えない場合があります。

  • Fly In などのアニメーションを SmartArt グラフィックに適用し、特定の図形のアニメーションを削除すると、アニメーションを削除した図形がスライドに表示されるようになります。

  • 別のスライドにアニメーションが適用されている SmartArt グラフィックをコピーすると、アニメーションもコピーされます。

  1. 削除するアニメーションを含む SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [アニメーション] タブ [ アニメーション ] グループの [ アニメーション] リストで、[ アニメーションなし] をクリックします。

    [アニメーション] グループの画像

SmartArt グラフィックのレイアウトで最適に動作するアニメーションを決定するには、ほとんどのアニメーションが [テキスト] ウィンドウの上部から開始して下に移動するため、[SmartArt グラフィック テキスト] ウィンドウで情報を表示します。 または、アニメーションを逆の順序で再生することもできます (上記の「アニメーションの順序を反転する」セクションを参照してください)。 [テキスト] ウィンドウが表示されていない場合は、表示できます。

使用可能なアニメーションは SmartArt グラフィックに選択されているレイアウトによって異なりますが、どの場合でも、すべての図形を同時に動かすか、または一度に 1 つの図形を動かすことができます。

SmartArt グラフィックをアニメーション化する最善の方法は、[ アニメーション化 ] リストの選択肢を使用することです。 必要に応じて、 カスタム アニメーション 作業ウィンドウでアニメーションをカスタマイズできます。

アニメーション化された項目は、印刷されていない番号付きタグによってスライドに表示されます。 これらのタグは、[ カスタム アニメーション ] リストのアニメーションに対応し、SmartArt グラフィックの横に表示され、[ カスタム アニメーション ] 作業ウィンドウが表示された [標準] ビューにのみ表示されます。

SmartArt グラフィックに適用するアニメーションは、次の方法で図形、テキスト、ワードアートに適用できるアニメーションとは異なります。

  • 図形間の接続線は、常に 2 番目の図形に関連付けられているので、個別にアニメーション化されません。

  • SmartArt グラフィック内の図形にアニメーションを適用すると、図形が表示される順序でアニメーションが再生されます。 この順序は、全体としてのみ取り消すことができます。 たとえば、図形が 6 つあり、それぞれに 1 文字の A から F が含まれている場合、アニメーションを A から F または F から A に再生できます。A から C、F から D などの順序でアニメーションを再生することはできません。ただし、この順序を模倣する複数のスライドを作成できます。 この例では、図形 A から C をアニメーション化する 1 つのスライドと、図形 F から D をアニメーション化する 2 つ目のスライドを作成できます。

  • 別のレイアウトに切り替えると、追加したすべてのアニメーションが新しいレイアウトに転送されます。

注: メッセージを隠したり、視聴者を圧倒したりしないように、アニメーションを控えめに適用します。

関連項目

SmartArt グラフィックを作成する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×