We couldn’t sign you in
Select the account you want to use.

指定した条件を満たす範囲内の値を合計するには、SUMIF 関数を使用します。 たとえば、数値を含む列で、5 より大きい値のみを合計するとします。 次の数式を使用できます: =SUMIF(B2:B25,">5")

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

このビデオは、「 Excel で数値を追加する」というトレーニング コースの一部です。

ヒント: 

  • 必要に応じて、任意の範囲に条件を適用し、別の範囲にある対応値を合計することもできます。 たとえば、数式 =SUMIF(B2:B5, "John", C2:C5) は、C2:C5 の範囲で、対応する B2:B5 の範囲のセルが "John" の値のみを合計します。

  • 複数の条件に基づいてセルを合計する場合は、「SUMIFS 関数」を参照してください。

重要: SUMIF 関数は、255 文字を超える文字列または文字列 #VALUE! と一致させるために使用すると、正しくない結果を返します。

構文

SUMIF(範囲, 検索条件, [合計範囲])

SUMIF 関数の書式には、次の引数があります。

  • 範囲   必ず指定します。 条件によって評価するセルの範囲。 各範囲のセルには、数値または名前、配列、または数値を含む参照を指定する必要があります。 空の値とテキスト値は無視されます。 選択した範囲には、標準の Excel 形式の日付が含まれる場合があります (下の例)。

  • 条件   必ず指定します。 数値、式、セル参照、テキスト、または追加するセルを定義する関数の形式の条件。 ワイルドカード文字を含めることができます。疑問符 (?) は任意の 1 文字に一致し、アスタリスク (*) は任意の文字シーケンスに一致します。 ワイルドカード文字ではなく、通常の文字として疑問符やアスタリスクを検索する場合は、その文字の前に、"~*" のように半角のチルダ (~) を付けます。

    たとえば、条件は 32、">32"、B5、"3?"、"apple*"、"*~?"、または TODAY() として表すことができます。

    重要: 文字列条件や、論理記号または数学記号を含む条件は、二重引用符 (") で囲む必要があります。 条件が数値の場合、二重引用符は不要です。

  • sum_range   省略可能です。 range 引数で指定されたセル以外のセルを追加する場合は、追加する実際のセル。 sum_range引数を省略すると、範囲引数で指定されたセル (条件が適用されるセルと同じセル) が追加されます。

    Sum_range は、 範囲と同じサイズと形状にする必要があります。 そうでない場合、パフォーマンスが低下する可能性があり、数式は、 sum_range の最初のセルで始まるが、範囲と同じ次元を持つセル の範囲を合計します。 次に例を示します。

    範囲

    sum_range

    実際の合計セル

    A1:A5

    B1:B5

    B1:B5

    A1:A5

    B1:K5

    B1:B5

使用例

使用例 1

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。 必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

資産価格

手数料

データ

¥10,000,000

¥700,000

¥25,000,000

¥20,000,000

¥1,400,000

¥30,000,000

¥2,100,000

¥40,000,000

¥2,800,000

数式

説明

結果

=SUMIF(A2:A5,">16000000",B2:B5)

価格が ¥ 16,000,000 を超えるエアコンに対しての取り付け手数料の合計を計算します。

¥6,300,000

=SUMIF(A2:A5,">16000000")

¥ 16,000,000 を超えるエアコン価格の合計を計算します。

¥90,000,000

=SUMIF(A2:A5,30000000,B2:B5)

価格が ¥ 30,000,000 であるエアコンに対しての取り付け手数料の合計を計算します。

¥2,100,000

=SUMIF(A2:A5,">" & C2,B2:B5)

価格が C2 の値を超えるエアコンに対しての取り付け手数料の合計を計算します。

¥4,900,000

使用例 2

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。 必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

カテゴリ

食材

売上

野菜

トマト - 箱

¥230,000

野菜

セロリ

¥550,000

くだもの

オレンジ - 箱

¥80,000

バター

¥40,000

野菜

ニンジン

¥420,000

くだもの

リンゴ - 箱

¥120,000

数式

説明

結果

=SUMIF(A2:A7,"くだもの",C2:C7)

"くだもの" カテゴリのすべての食品の売上合計を計算します。

$200,000

=SUMIF(A2:A7,"野菜",C2:C7)

"野菜" カテゴリのすべての食品の売上合計を計算します。

¥1,200,000

=SUMIF(B2:B7,"*箱",C2:C7)

"箱" で終わるすべての食品 (トマト - 箱、オレンジ - 箱、およびリンゴ - 箱) の売上合計を計算します。

¥430,000

=SUMIF(A2:A7,"",C2:C7)

カテゴリが指定されていない食品すべての売上合計を計算します。

¥40,000

ページの先頭へ

補足説明

無料レッスンにサインアップするためのボタンを使用して無料で Excel の達人になる

関連項目

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

複数の条件を満たすすべての引数を加算する SUMIFS 関数

複数の各値に対して 2 乗演算を実行した後、それらを合計する SUMSQ 関数

1 つの条件を満たす値のみをカウントする COUNTIF 関数

複数の条件を満たす値のみをカウントする COUNTIFS 関数

IFS 関数 (Microsoft 365、Excel 2016 以降)

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式のエラーを検出する

数学/三角関数

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

SUMIF、COUNTIF、および関連する関数を使用した迅速なデータ分析 (無料プレビュー)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×